ヨーガ探求者・瞑想者【道村友哉】

叡智と共に山の奥“美しい谷”で暮らす。 米、麦、大豆、野菜と共生中。 インドにてヨーガ探究12度、チベット文化圏を廻る旅、ネパール・タイ2度・ミャンマー4度の仏教瞑想修行。 http://ieyoga.net

ヨーガ探求者・瞑想者【道村友哉】

叡智と共に山の奥“美しい谷”で暮らす。 米、麦、大豆、野菜と共生中。 インドにてヨーガ探究12度、チベット文化圏を廻る旅、ネパール・タイ2度・ミャンマー4度の仏教瞑想修行。 http://ieyoga.net

    マガジン

    • 〝わたし〟とヨーガの軌跡 《探究道編》

      〝わたし〟は道村友哉。 ヨーガ探求者。瞑想者。百姓。一つの命。 今につながる道のコト。 ただの点が今を創りカタチが見える。 あなたの心を通して見つめて頂けたらと思います。 16年間のわたしとヨーガの旅の記録。の後半。 海の向こうでのコト。

    • 山の奥〝美しい谷〟の米創り

      〝美しい谷〟に移り住んで一年。 20人の村で始まった米創り。 これは記録。 終わりのない命を紡ぐ。そんな記録。

    • 〝わたし〟とヨーガの軌跡 ~I.Eichi_YOGA~

      〝わたし〟は道村友哉。 ヨーガ探求者。瞑想者。百姓。一つの命。 今につながる道のコト。 ただの点が今を創りカタチが見える。 あなたの心を通して見つめて頂けたらと思います。 16年間のわたしとヨーガの旅の記録。

    記事一覧

    表現としての言葉

    僕がしていること。 これまで紡いできたこと。 ヨーガは僕にとって息をするように当たり前で。 そんなヨーガのことを言葉にするのも変わらず当たり前のこと。 もう頭を…

    Sutra yoga ❸

    Sutra yoga は、名前からも分かるように〝ヨーガ・スートラ〟というヨーガにとって根本教典とも言われる経典を体系化したヨーガです。 ヨーガ・スートラは世界中で多くの…

    独自の形?

    ついに出た。 今年の穂。 無農薬。 無肥料。 不耕起。 完全手仕事。 そして何より今年のトライで独自の方法での栽培の完成が少しだけ見えてきた。 〝自分だけの方法〟…

    楽しい家

    幼馴染の家族が遊びにやってきた。 彼らも山の中でお店をしながら暮らしているけれど、そこから我が家までは1時間半くらい。山をどんどん越えてやってきてくれた。 子供…

    Sutra yoga ❷

    この9月から静かに伝え始めていくカタチ。 どこまでも繋がるカタチ。 【ヨーガ・スートラ】という古のヨーガ経典を読み起こし、形を明確にし、現代に生きる僕達のための…

    Sutra yoga ❶

    〝新しいヨーガ〟というと僕には違和感がある。 これは、ヨーガ・スートラという古のヨーガ経典を形創ったモノだから。 僕のこれまでのヨーガの道のりはずっとこのヨーガ…

    ちっぽけ

    降らない。 雨。 しれっと梅雨に入ったと聞いたのが6月14日。 もう10日が経った。 雨がほとんど降っていない。 田んぼに野菜畑、穀物畑、栗、果樹と我が家は全てが土と…

    それでも僕は

    信じてる。 どれほど困難だとしても。 人生を通して歩んできたヨーガは、人の我を和らげていくことを。 和らいでいく我が人を優しく変えることを。 他の命が優しいよう…

    VOICE

    猛烈な季節が過ぎていく。 6月。 田んぼと豆まきの季節。 朝から晩まで体を〝道具〟に変えて動き続けている。 白米の田植えが終わり、黒豆と青豆の種まきが終わった…

    夢の話

    今朝、夢を見た。 僕は畑で種を採っていた。 豆の種。 そして、とり残していた稲穂からお米の種。 採りながら僕は泣いていて、「こんな生き方ができて幸せだ」と言って…

    想像の力

    今は想像力が試されてる時。 痛みのない人が痛みを想像できるかどうか。 痛みのないところ、つまりは快楽の様なモノに惹きつけられすぎて痛みをないがしろにしていないか…

    朝の楽しみ

    朝陽が昇る。 僕らの谷は、〝谷〟なので太陽は山の合間から姿を現す。 僕が朝過ごしている自宅のスタジオは離れにあって、朝陽向きではなく後ろの山に向かって建っている…

    環境の子

    あなたが暮らしているところはどんなところ? あなたが暮らしている仲間はどんな人たち? あなたがどれだけ意思が強かったとしても。 あなたを包む環境の引っ張りはさら…

    生きる喜び

    今日もよく生きた。 ただただ。 よく生きた。 生きていれば周りの全てが変化していく。 そして、ただただあなたを喜ばせてくれる。 人間は難しい。 喜ぶことを考えて…

    陸に上がった魚

    ひたすらにヨーガをしてきた10数年を経て、ひたすらに暮らしてきた数年を経た。 魚が陸に上がり、一度泳ぎ方を忘れるくらい大地を這った。 いつしか陸で歩く方法を覚えた…

    お別れ

    突然の。 本当に突然の。 お別れだった。 これから時が経ち、変化が僕らを包んでいくと、きっと少しづつ整理されていく。 今の言葉はただの歪な言葉の乱立。 それでも残…

    表現としての言葉

    僕がしていること。 これまで紡いできたこと。 ヨーガは僕にとって息をするように当たり前で。 そんなヨーガのことを言葉にするのも変わらず当たり前のこと。 もう頭を通して話す言葉は限りなく少なくてこれまでしてきた全てと今在るものでヨーガを紡ぐ。 なんてまたまた難しい文字が踊っているけど、、あなたを支える言葉を僕はヨーガと織っていく。 この6年間はずっと黙ってきたけれど、最後に声を出してみることにした。 ヨーガがなんちゃら、、、なんてありふれたことは一度しまっておいて、

    スキ
    2

    Sutra yoga ❸

    Sutra yoga は、名前からも分かるように〝ヨーガ・スートラ〟というヨーガにとって根本教典とも言われる経典を体系化したヨーガです。 ヨーガ・スートラは世界中で多くのヨーガ練習者が読み学んでいるものではあるのですがただ読んで理解できる人はいません。 それは、スートラは”本“ではなく短い文を195句並べた経典だからです。 少ない言葉から多くの”中身“を取り出し読み繋げていかなければなりません。 では、どうやって中身を取り出すのでしょうか? 中身は自分の経験からしか

    スキ
    2

    独自の形?

    ついに出た。 今年の穂。 無農薬。 無肥料。 不耕起。 完全手仕事。 そして何より今年のトライで独自の方法での栽培の完成が少しだけ見えてきた。 〝自分だけの方法〟っていうとかなり傲慢な雰囲気がする。 でも、この方法は自分だけでやりたいってことじゃ全くなくて。 一つの選択肢としていつかみんなが選ぶことができるように頑張ってる。 現在お米作りをしている人たちのほとんどは“こうじゃなくてはいけない“と思い込んで稲作をしている。 農薬を使って。化学肥料を使って。機械を使

    スキ
    1

    楽しい家

    幼馴染の家族が遊びにやってきた。 彼らも山の中でお店をしながら暮らしているけれど、そこから我が家までは1時間半くらい。山をどんどん越えてやってきてくれた。 子供の頃からずっと一緒に同じ景色を見て育ってきた僕達が今もこうして同じ景色を見て過ごせていることに本当に不思議な繋がりを感じてる。 コロナもあったしお店もあった。うちに来てくれるのはまさかの2年近くぶり。 2年も経つと常に家を改装し続けている我が家はもう別の家になっていて、入口すら別の場所。 そんな新たな“山の玄関

    スキ
    1

    Sutra yoga ❷

    この9月から静かに伝え始めていくカタチ。 どこまでも繋がるカタチ。 【ヨーガ・スートラ】という古のヨーガ経典を読み起こし、形を明確にし、現代に生きる僕達のための練習にしたもの。 恐ろしく専門的なヨーガにみえると思いますが、、、 皆さんの頭の中にヒマラヤに座る仙人のような画が浮かびそうですが、、、 僕に見えているのは、体を使い仲間と助け合う、そんな当たり前の美しい暮らしの光景です。 もちろん、Sutra yogaの練習を続けていけば体を留め、目を閉じ、集中を紡ぐ先へ

    スキ
    2

    Sutra yoga ❶

    〝新しいヨーガ〟というと僕には違和感がある。 これは、ヨーガ・スートラという古のヨーガ経典を形創ったモノだから。 僕のこれまでのヨーガの道のりはずっとこのヨーガ・スートラと一緒にありました。 繰り返し続けたインドでの修練でも、チベットの持つ智慧を探し求め辺境の土地を巡り続けていた時も。 ブッダの示す道に心を寄せてタイやミャンマーで僧たちと共に暮らし励んだ期間も。 身ひとつで続けた長い長い旅の最中もバックパックの中にはヨーガ・スートラが入っていた。 もう何十回読んだかわ

    スキ
    4

    ちっぽけ

    降らない。 雨。 しれっと梅雨に入ったと聞いたのが6月14日。 もう10日が経った。 雨がほとんど降っていない。 田んぼに野菜畑、穀物畑、栗、果樹と我が家は全てが土と水の世界。 当たり前だけれど雨が降らなければどうにもこうにも回らない。 去年も梅雨が2回にわけてくるという謎の気候でオロオロした僕たちは今年はさらにオロオロとしている。 自然という大きな力に今はまだ僕らは守られているけれどこれからどうなるのだろう。 この山を守りたい。 本当はこの山の国を守りたい

    それでも僕は

    信じてる。 どれほど困難だとしても。 人生を通して歩んできたヨーガは、人の我を和らげていくことを。 和らいでいく我が人を優しく変えることを。 他の命が優しいように。 僕らの命も優しく在るよ。 久しぶりに文字にしてみたくなった夜。 誰かに届けなんて思うところはとっくに通り過ぎたはずだけど。 書き残しておきたくなった夜。 美しい世界が変わらず広がっているはずなのに。 美しさが捉えられなくなった僕たちだけど。 まだ大丈夫。 きっと。 きっと。 僕に捉われ

    スキ
    1
    再生

    VOICE

    猛烈な季節が過ぎていく。 6月。 田んぼと豆まきの季節。 朝から晩まで体を〝道具〟に変えて動き続けている。 白米の田植えが終わり、黒豆と青豆の種まきが終わった。 これから餅米の田植えに白・茶・極小黒豆・小豆などまだまだ残りは半分以上。 僕の身体は長いヨーガの修練のおかげでまだまだ余裕は持てているのだけど、やはり田畑以外の時間が一切消えているのがボディーブローのように効いてくる後半戦。 そんな今日は休息の雨。 体を置いて、心も寄り添わせて置いておこうと思う。 先日、田植えの合間に友達と話をしていて思い立ったことがあって、それを豆畑を鍬で整えながらただ頭に置いていた。 なかなか自分の中で収まらなかったこと。 ピタッと収まった。 きっとまた想うことが現れるのは当たり前だから、この雨で進ませてみよう。 もうすぐ梅雨がやってくる。 雨が大地を潤すように僕の何かが誰かをそっと支えられる時を願って。 雨雨降れ降れ。 ゲロゲーロ。

    スキ
    1

    夢の話

    今朝、夢を見た。 僕は畑で種を採っていた。 豆の種。 そして、とり残していた稲穂からお米の種。 採りながら僕は泣いていて、「こんな生き方ができて幸せだ」と言っていた。 そんな自分に驚いて目を覚ました。 僕は今、涙を流して喜ぶほど幸せな暮らしをしている。 とてもとても大変でみんなからしたら自由な時間はどこにあるのかと言われるかもしれない。 でも、僕は夢でまでこうして種を採り、喜びを感じている。 身体は流石に疲労を感じる時がある農繁期。 それでも夜休んで眠ればこう

    スキ
    1

    想像の力

    今は想像力が試されてる時。 痛みのない人が痛みを想像できるかどうか。 痛みのないところ、つまりは快楽の様なモノに惹きつけられすぎて痛みをないがしろにしていないかどうか。 痛みが嫌なのはみんなおんなじ。 実際に今、強い痛みの中にいる人は何もできない。 ただ、痛くて怖くて。 痛みのない人は実際には痛くないのだけれど記憶に縛られて、その痛みを思い出さない様に痛がっている人から目を背ける。 目を背けないで。 心を塞ごうとしないで。 痛みを想像しよう。 そして、痛みで

    スキ
    1

    朝の楽しみ

    朝陽が昇る。 僕らの谷は、〝谷〟なので太陽は山の合間から姿を現す。 僕が朝過ごしている自宅のスタジオは離れにあって、朝陽向きではなく後ろの山に向かって建っている。 だから、裏山にある育苗スペースに陽が射し込むのを正面に見てる。 最近はこの光がお米の赤ちゃんたちに届くと僕は急いでお米たちのところへ向かう。 上手く説明出来ないのだけれど、毎朝「おーーー!今日も世界と向き合うぞ!」なんて大それたことをいつも想う。 あまりにキラキラしているこの凝縮した命の集団に圧倒され、た

    スキ
    2

    環境の子

    あなたが暮らしているところはどんなところ? あなたが暮らしている仲間はどんな人たち? あなたがどれだけ意思が強かったとしても。 あなたを包む環境の引っ張りはさらに強い。 環境に逆らって熱意を燃やしても、燃え切った時にあなたを環境が捕まえてしまう。 それなら。 逆手に取るのはどう? 環境に引っ張ってもらう。 環境って、暮らす場所だけじゃない。 話す人。 食べる物。 それに、実は身体の動きは大きな環境。 身体に引っ張ってもらうことだってできる。 僕は今、《暮

    スキ
    3

    生きる喜び

    今日もよく生きた。 ただただ。 よく生きた。 生きていれば周りの全てが変化していく。 そして、ただただあなたを喜ばせてくれる。 人間は難しい。 喜ぶことを考えて。 悲しむことを考えて。 生きることを考えて。 考えて考えて。 僕はこの山奥でほとんど自分の敷地の中だけで暮らしている。 静かだけれど朝から晩まで身体を使う激しい生活。 田んぼへ、畑へ、山へ。 一日中行ったり来たり。 目にするのは変化ばかりだ。 美しい美しい変化ばかりだ。 でも、そんな美しさ

    スキ
    2

    陸に上がった魚

    ひたすらにヨーガをしてきた10数年を経て、ひたすらに暮らしてきた数年を経た。 魚が陸に上がり、一度泳ぎ方を忘れるくらい大地を這った。 いつしか陸で歩く方法を覚えた頃にまた川に戻ってみると、泳ぎは 以前より自然なものになっていた。 僕が伝えたいのは、泳ぎたい魚じゃなくて、歩きたい僕らじゃない。 お互いをわかり合いたい。そんな人。 平和とは何で。 調和とは何か。 何であれ、あなたと紡ぐことでしかはじまらない。 ムズカシくなってしまいそうですが、カンタンに。 ヨーガ

    スキ
    2

    お別れ

    突然の。 本当に突然の。 お別れだった。 これから時が経ち、変化が僕らを包んでいくと、きっと少しづつ整理されていく。 今の言葉はただの歪な言葉の乱立。 それでも残しておこうかな。 僕のために。 未来の僕らのために。 僕らの谷は特殊な環境で、自ずから特殊な関係で暮らしてる。 1人の色は驚くほど混ざり合ったみんなの色に影響を出す。 大きな色を失った僕らの色はこれから一気に色が変わる。 おんなじ色にはもうならないよ。 それでも僕らは進んでいく。 湧水の流れのよう

    スキ
    1