ヨーガ探求者・瞑想者【道村友哉】

叡智と共に山の奥“美しい谷”で暮らす。 米、麦、大豆、野菜と共生中。 インドにてヨーガ探究12度、チベット文化圏を廻る旅、ネパール・タイ2度・ミャンマー4度の仏教瞑想修行。 http://ieyoga.net

ヨーガ探求者・瞑想者【道村友哉】

叡智と共に山の奥“美しい谷”で暮らす。 米、麦、大豆、野菜と共生中。 インドにてヨーガ探究12度、チベット文化圏を廻る旅、ネパール・タイ2度・ミャンマー4度の仏教瞑想修行。 http://ieyoga.net

    マガジン

    • 〝わたし〟とヨーガの軌跡 《探究道編》

      〝わたし〟は道村友哉。 ヨーガ探求者。瞑想者。百姓。一つの命。 今につながる道のコト。 ただの点が今を創りカタチが見える。 あなたの心を通して見つめて頂けたらと思います。 16年間のわたしとヨーガの旅の記録。の後半。 海の向こうでのコト。

    • 山の奥〝美しい谷〟の米創り

      〝美しい谷〟に移り住んで一年。 20人の村で始まった米創り。 これは記録。 終わりのない命を紡ぐ。そんな記録。

    • 〝わたし〟とヨーガの軌跡 ~I.Eichi_YOGA~

      〝わたし〟は道村友哉。 ヨーガ探求者。瞑想者。百姓。一つの命。 今につながる道のコト。 ただの点が今を創りカタチが見える。 あなたの心を通して見つめて頂けたらと思います。 16年間のわたしとヨーガの旅の記録。

    最近の記事

    【北海道2daysワークショップ】

    2月、北海道にてヨーガをお伝えします。 〝ヨーガという智慧の技法〟と題した2日間の講座です。 今暮らしている山に籠る前はインドやミャンマーに籠り冬を過ごしてきましたが、久しぶりにこの土地を離れお伝えさせてもらいます。 真冬の北海道、どのくらいの寒さなのか想像がつきませんが来てくださるみなさんと一緒にあたたかな空間を創れたらと想っております。 会場は、もう何年も僕のところで本当に誠実にヨーガを学んでくれている生徒(といってもとっても素晴らしい先生です)のスタジオで行わせ

      • 日曜コースを終えて

        今朝も雨が降っています。 この自宅離れのスタジオでは入口の土間部分の天井を光が入ってくるように作ったので、雨の日は雨の中にいるような気持ちになるんです。 昨日もこのスペースからオンラインでの講座を行いました。 【ヨーガスートラ実践講座】日曜コース。 土曜、水曜、そして日曜の3コースがスタートしています。 不思議なもので僕の講座をうけてくれるみんなは本当に背景がバラバラで、今回は〝ヨーガスートラ〟という冠をつけていますがこれまで行ってきた長期講座と変わらず彩り豊かな空間に

        • 〝よく知らない〟というだけ

          沢山の方がそれぞれの捉え方ではじめる。 そして、どこかでやめていく。 もちろん、長く続けている人もいるのだけれどそのキャリアと充足感が上手く折り合っているというわけではないのが現状です。 僕がヨーガと歩んできた長い期間において、ヨガという言葉の認知はずっと増加し続けてきた。 今もまだギリギリ増加の中にいるだろうか? 増えに増えたヨガ人口は、いくつかのメリットをもたらした。 ヨガに触れる機会の増加 コストの低下 華やかなイメージ これらのメリットはサービスという観

          • はじまりはじまり

            明けましておめでとうございます。 ひとっ飛びで年をまたぎ、今日は1月6日。 新たな年も変わらず進んでいっています。 この山奥の村に移り住んで3回目の元旦も我が家はこの山の上にある祠に参るところこから始まりました。 この祠は僕たち僅かな村人で大切に護っている場所で、毎月のお掃除はもちろんしめ縄や神事の全てを自分たちで行っています。 村人の大半が高齢になり行くことができなくなってきた近年、山からおろすことも考えなくてはいけないのでしょうが、ここに行くとそんな考えは消えていきま

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 〝わたし〟とヨーガの軌跡 《探究道編》
            ヨーガ探求者・瞑想者【道村友哉】
          • 山の奥〝美しい谷〟の米創り
            ヨーガ探求者・瞑想者【道村友哉】
          • 〝わたし〟とヨーガの軌跡 ~I.Eichi_YOGA~
            ヨーガ探求者・瞑想者【道村友哉】

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2023年1月15日~ 新しい講座を開講します。

            今、必要なことを必要な形に。 ヨーガを長く探求しながらお伝えしてきました。 20年近く時が流れると、その時々で社会は変化しヨーガの形も社会に合わせて変わり続けました。 そんな中ですが僕のお伝えしてきたことはずっと同じです。 〝ヨーガの本質的な道〟をお伝えすること。 ヨーガは外枠を変え続けてきましたが、どれだけ変わろうと本質は変わらない。 ただ、変わりすぎた外見から中身が見えにくくなりました。 そして本来得られるはずの恩恵も得られなくなりました。 20年前に比べると圧

            還る

            自然と共に育った稲たち。 お米は僕たちの身体に還っていく。 そして残りの藁は田んぼに還っていく。 身体は土台の道具。 田んぼは食の土台。 おろそかにしてはいけない。 まだ何も起きていないようにみえる土台にはすでに結果がつつみこまれている。 僕らのお米が幸運にもうまくいっているのはきっとこの見えない仕事のおかげ。 かなりの時間と労力がかかるのですが、それでも欠かせない大切な作業なんです。 身体はこんな見えない作業が限りなく沢山集まってできているのだと思います。 僕

            ヨーガの実践とは?

            ヨーガとは実践である。 これは間違いなくそうです。 では、実践とは? ただいわゆるヨガっぽい運動をすることでしょうか? そもそも実践とは身体を使ったものなのでしょうか? ヨーガという実践において身体は使われますが、身体は目的のための道具にすぎません。 大切なのは〝目的〟のほうです。 その目的に向かって実践していくことをヨーガといいます。 目的にむかって進むうちに道具は身体から呼吸にかわりますし、いずれさらに形のない“集中”というものにかわります。 こだわるべ

            辺境の神事

            12月13日。 僕らの小さな山奥の村ではまだ真っ暗な早朝に山の中で神事が行われる。 女人禁制の山なので村の男だけで行われるこの行事は、〝山の神さん〟と呼ばれている。 この村に来たときは衝撃を感じたこの行事も今では完全に暮らしの一部と化している。 この神事は準備がとても大切で、前日に村でとれた稲と米を使って捧げものをつくる。 一人一つ。 例年はみんなで集まって杵と臼を使って米をつき、稲藁をなってお飾りをつくるのだけれど今年は人数が少なくなったこともあり、各自準備をする

            2023年【Sutra yoga】励み、伝えていける人を募集します。

            ヨーガにとって最もしっかりとした土台、根本には《ヨーガスートラ》という経典があります。 現代のインドを中心とした捉え方ではヨーガはヴェーダという古代の宗教体系を描いた形につながっているとみなされていることが主流ですが、それは一つの捉え方であって、僕が探求してきた答えはヨーガはヨーガスートラに根っこがあり、それは宗教性や地域性に関係がなく、すべての人々のためにあるものと考えています。 これも一つの捉え方でしかありませんが、僕はこの形をはっきりと示して最後の活動に力を尽くそう

            村とヨーガと

            12月に入ると僕らの暮らす小さな谷の村は忙しくなる。 かなり独特の神事があるし、新しい年を迎えるための準備などもすべて村人の手作業で行われる。 全員の顔が一瞬で浮かぶ村の仲間たち。 人数が少ないこともあるけれどそれ以上に僕らは関わり方が深いから。 山奥にあるがゆえに“村で暮らしている”そんな感覚が強いのかもしれない。 こうして書くとプライバシーを大切にする現代人の僕らは「村文化、おそろしい、、、」と思う人もいると思うけれど、そこは僕らの村はうまくいっているような気がす

            種をまく

            寒い朝が続いています。 そんな寒さの中でもまだ種まきを行っています。 最後の種まきは小麦。 昨年は小麦をお休みして大麦だけの栽培を行っていたので久しぶりになります。 以前は古代小麦であるスペルト小麦に力をいれていたのですが今年は古代小麦はやめて専念して頑張ってみることに。 お米、もち米2種、大豆多種、野菜多品目、栗などの木の実も栽培している我が家。 麦まで作るのは少しためらうのですが、、、、気づけばやる気がみなぎっていました! 慌てて穀物畑を埋め尽くしている大豆

            暮らしとヨーガの形

            長い生徒のみんなを時折我が家に招待するようになりました。 といっても我が家ではただヨーガをするだけでは終われない。笑 こうしてバッチリと暮らしの仕事も学んでもらう◎ その時折の季節に合わせた手仕事。 つい先日は今年の初夏に刈り取って干していた“紫もち麦”を手で種にしていき、その後実際に畑に蒔いていきました。 またこうして命が紡がれていく。 もちろんみんな我が家のお米とこの紫もち麦をブレンドした麦ごはんを食べてもらっているからすべてを“味わって”もらっていることになる

            【ヨーガスートラ実践講座】日曜コース

            【ヨーガスートラ実践講座】、土曜日と水曜日のコースがはじまっています。 そして、新しく2023年の1月から〝日曜コース〟をスタートすることにしました。 この講座は、 ヨーガとは何なのか? という大きなテーマに一つの明確な答えをもって行っています。 僕自身のこれまでのヨーガの実践に加えてインドやチベット文化圏、そしてミャンマーなどに繰り返し渡り行ってきた修練や深い瞑想期間を経ての答えです。 そんなヨーガの本質についての道を“ヨーガスートラ”というヨーガにとってもっとも

            地に足

            11月もあと僅かとなってきました。 朝晩の冷え込みもきつくなってきましたが、黒米と緑米はまだまだ気持ちよさそうに日向ぼっこをしています。 我が家では様々な野菜も栽培をしているのですが、穀物に対する想いが年々大きくなっていっています。 お米やもち米などに加えて、各種大豆や小豆、そして麦があります。 そんな穀物はまさに今が正念場で急激に気温が下がる12月までの残り数日が頑張り時です。 秋に入ってからは新しいヨーガコースやSutra yogaのイベントなどに気持ちが向かい

            【山の朝とヨーガリトリート】を終えて

            第二回目になりました【山の朝とヨーガリトリート】、とっても美しい時間をみなさんと一緒に共有できたように思っております。 ありがとうございました。 みなさんがお帰りになった後の余韻が心地良くて、幼馴染でもある山粋の店主と第一声から「うん、本当に良い時間やった。」と確認し合いました。 そして、また次回のアイデアやトライが浮かんできています。 小さな活動です。 ですが、ゆっくりと美しい活動に変化し続けられるように続けていこうと思っております。 今回も“ヨガ”というみなさん

            合間

            暮らしはいろんな活動に彩られている。 特にこうして街から遠く離れて暮らすと活動の色は多様でオモシロイ。 言い換えると〝大変〟なんだけれど、そう感じる人に山奥暮らしは向いていないのかもしれない。 僕のいわゆる“仕事”はヨーガの先生で、本来なら街でヨーガ教室を開いたりいろんなところでレッスンを繰り返すこと。 実際にそういう仕事のスタイルで活動を行っていた期間が10年くらいはある。 そんな一つの段階を経て今はこうして山奥からヨーガの伝達をさせてもらっています。 ヨーガの伝達