見出し画像

第2種知的障がいの彼とも働きたい

 先週パート従業員に応募してくれた男性は、第2種知的障がいをもつ方でした。

 民間企業で従業員45人以上雇用している事業主は、障害者を1人以上雇用しなければなりません。うちは20人ほどの小さな会社なので、そういう意味では関係のない話です。

 ですが採用しました。性格のいい人だったからです。

 私が言いたいのは、『国の定めた障害者雇用のルールがあるので彼を雇用した』のではなく、『一緒に働きたいと思った彼がたまたま第2種知的障がいだった』ということです。

 これまでどんなことに困ったかを聞くなかで、「あれは難しいかな」と思う作業はありましたが、パプアニューギニア海産では「嫌いなことはやってはいけない」というルールがありますので、もし嫌ならアンケートで「嫌いな作業」にチェックし、やらなければいいだけです。

 国のルールだからと嫌々一緒に働くのではなく、片隅で何かやっててではなく、ましてや働かせてやってるなんて気持ちではなく、うちで働いてほしいという気持ちでの採用です。当然同じ時給だし、有給もあります。


 知的障がいをもつ方を採用するのは初めてです。

 ですが、対話しながらその人にあった進め方・教え方をするだけですから、特に他の人と変わりはありません(実際に今日一緒に働きましたが、その気持ちに変わりはありません)。

 いろんな個性をもった人が、障がいを持った人が、生活環境の違う人が一緒に働く職場になってきました。私自身としてはとても居心地がよい工場に思えます。

 従業員みんながそう感じられるよう、感じ続けられるよう、チームのリーダーとして気を引き締め直します。

 多様なチームや組織は素晴らしいし、心地よい。

 でも人間はすぐに争いを始める生き物です。ですからリーダーという役目の人たちは、多様性をいかせるよう最大限の知恵を絞る必要があります。工場長の私にとってとても大切に考えていることです。

 そのためにも、とにかく対話が大切。何か意見や不満があるのは人として当然のことで、リーダーがそれをどう捉え対応していくか、その過程を大事にしていきたいと思います。


 国が決めたルールとは関係なく、わたしたちは障がいをもった人、今の社会に働きずらさを感じている人とチームとして働いていきます

 だれもが居場所のある、排除されない社会を目指します。

パプアニューギニア海産・工場長/武藤北斗


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
武藤北斗・パプアニューギニア海産

体調が悪くなると人の気持ちを軽視する気がします。なので、サポートは私の体調管理に使わせて頂きます。刺絡、整体、水泳などです。私を優しい人間に近づけて頂きありがとうございます。

ありがとうございます!SNSでのシェアもぜひお願いします!
105
好きな日に働くエビ工場・パプアニューギニア海産 工場長。働き方や考え方に共感の際は、ぜひ「パプアえび」 食べてみてください! 食べものに人の心はやどると実感してもらえるはず。オンラインショップ ⇒ http://pngebi.shop/