見出し画像

今週毎日出勤!そしてその先は

 7年前にフリースケジュールをはじめ、その数年後には自然と『働きずらさを抱える人や、障害を持っている人が安心して働ける職場にしたい』と考えるようになりました。

 そして昨年、社会不安障害を抱えるT君が入社。しかし私は繁忙期の忙しさを言い訳に、なんとも不甲斐ない対応で一時T君は出社できなくなりました。

 しかしT君がなんとか踏ん張って相談してくれたため、先週からやっと会社の体制を整えることができました。T君の踏ん張りに本当に感謝しているところです。

 

 いろんなことに気づきながらこの2週間を過ごしたわけですが、今週の水曜あたりから意識し始めたことがあります。

 それは、このままいくと今週T君は月曜から金曜まで1週間通して勤務したことになる。これまでの職歴を含めて、1週間毎日出勤することが未体験だったこともあり、これが変な重圧にならなければと思いながらも、やはり意識していました。


 不安をよそに、なんと毎日出勤達成!しかも時間もほぼフル出勤。


 ということは、今週、パプアニューギニア海産のパートさんで一番働いたのがT君ということです。1か月前は1日出勤するのも大変だったことを考えると、なんだか感慨深いです。

 しかも苦痛を抱えながら来たわけでもなかったそうで、そんな気持ちで働いてくれたことが嬉しいです。(とは言ってもいろんな大変さはもちろんあると思いますが)


 私たちがどう考え行動したかは2つ投稿しましたので、読んでない方はぜひ。

 その後のことをちょっと話しますと、1日の最初が緊張感が強い気がするので、まずは落ち着いて仕事が始められるように『一人でやる仕事(賞味期限印字など)』からスタートしたり、工場に入った最初の1時間位はあえて毎日同じ作業工程にするなど細かに対応を考えています。

 自分が『これから何をするか』『どんな流れで1日が過ぎるか』が分かっている事がとても重要な気がしており、不安感が少しでも薄れることで前日の夜にリラックスできるような、そんな大きな流れをイメージしています。

 

 そしてもう一つ大切だったのが、一緒に働くみんなが彼のことを心から暖かく見守っていたという気持ちの部分です。

 具体的な対応と、チームとしての気持ち。どちらか一つではダメだと思います。

 彼のことを思っている人が数人いたとしても、それがどんなに大きな気持ちだったとしても、他の多数の人達次第で状況は大きく変わります。

 相手のことを思いやっている優しい気持ちや雰囲気というのは、不安感を持っている人にはなによりも落ち着くものだと思います。


 さて、今週毎日出勤した彼ですが、次に目指すものは何でしょうか。

 

 私が考えているのは、つらいと思った時は『罪悪感をもたず、自分を責めることなく』会社を休むということ。きっちり体や心を休めることで次へと切り替えていく習慣。連絡なしに休めるフリースケジュールを大いに活用して欲しいところです。

 毎日がむしゃらに働くことを目指す必要はありません(それが苦しみではないなら、その人の選択として素晴らしいですが)。いかに苦しまずに働き、休み、人生を楽しんでいけるか。そこがスタートのようでゴールのような気がしています。

パプアニューギニア海産・工場長/武藤北斗

*エビはこちらで買えます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
武藤北斗・パプアニューギニア海産

体調が悪くなると人の気持ちを軽視する気がします。なので、サポートは私の体調管理に使わせて頂きます。刺絡、整体、水泳などです。私を優しい人間に近づけて頂きありがとうございます。

ありがとうございます!SNSでのシェアもぜひお願いします!
65
好きな日に働くエビ工場・パプアニューギニア海産 工場長。働き方や考え方に共感の際は、ぜひ「パプアえび」 食べてみてください! 食べものに人の心はやどると実感してもらえるはず。オンラインショップ ⇒ http://pngebi.shop/