HLA0048

スポーツジャンキーです。 川崎フロンターレ中心の観戦記とスポーツ写真を上げていきます。ラグビーマッドでもあります。 https://www.instagram.com/westfirst/ 記事中の写真は全て自分で撮影したものです。無断転載を禁じます。

HLA0048

スポーツジャンキーです。 川崎フロンターレ中心の観戦記とスポーツ写真を上げていきます。ラグビーマッドでもあります。 https://www.instagram.com/westfirst/ 記事中の写真は全て自分で撮影したものです。無断転載を禁じます。

    マガジン

    • ジャパンラグビーリーグワン2022 マッチレビュー

      トップリーグに代わって発足したラグビーリーグワン、2022シーズンで観戦した試合のマッチレビューなどを書いていきます。

    • ラグビー戦術入門

      ラグビーのプレー経験がない人向けの、戦術についての入門的な知識の解説です。自分もプレー経験ないので、どのように戦術を理解していったのか、自分の経験をたどりながら説明していきます。

    • 川崎フロンターレ、連覇を目指して

      Jリーグの2021年シーズン。連覇を目指す川崎フロンターレを追っていきます。

    • 東京五輪日記

      東京五輪についての日記です。その日に思ったことを書き連ねていきます。サッカーのレビューも。

    • ラグビートップリーグ2021 マッチレビュー

      トップリーグとして最後の年となった2021年シーズン、観戦した試合のマッチレビューや写真を上げます。

    最近の記事

    • 固定された記事

    子連れスポーツ観戦のススメ:子連れ観戦を楽しむ3つの方法

    男性スポーツファンが結婚し、子供ができると、スポーツ観戦が極端に難しくなったことに気づきます。今日は、そんなパパにあえて、奥さん同伴でなく、自分だけで子供連れてスポーツ観戦に行くことのおすすめです。(もちろんダンナさん同伴じゃなくて奥さんだけで行くのもありだと思います!) まあ、基本的には小学生になってからになっちゃうと思いますが、小学生になれば充分行けます!(年長くらいから行けると思います) まずは1人で面倒みられるようになることパパの場合、お子さんの面倒をママの助けな

    スキ
    40
      • 最後の瞬間まで全力で:川崎フロンターレ 2対1 横浜Fマリノスフォトレビュー(2022.8.7)

         相変わらずレビューを書く時間を取れないし、写真の整理も遅れがちですが、先週はフロンターレが優勝戦線に踏みとどまるために勝つことが不可欠なホームのマリノス戦に。春先のアウェイでは2 ー4の大敗を喫したが。  この日もやはりJリーグ最高峰の極上のフットボール。前半フロンターレが先制。しかし前半ATにFマリノスが追いつく。後半はお互い攻めつつATへ。どうしても勝ちたいフロンターレがパワープレイに。土壇場でジェジエウが勝ち越しゴールを叩き込んだ。 この日、守備でスライディングタ

        スキ
        3
        • 2022.8.3 セレッソ大阪対川崎フロンターレ(ルヴァンカップ準々決勝ファーストレグ)フォトレビュー

          今年は仕事がめちゃくちゃ忙しく、観戦には行けているものの全くnoteを書く余裕がなくなってしまいました。写真だけは撮っているのですが。 忙しいといいつつ8/3はルヴァンカップ準々決勝の対セレッソ戦のために大阪遠征。ファーストレグだし、もともとは行くつもりはなかったのですが、コロナ陽性続出による今のピンチ。いてもたってもいられなくなって行ってしまいました。 結果は1-1の引き分け。ファーストレグでアウェイゴールを取っての引き分けは上出来ですが、後半40分になって追いつかれた

          スキ
          5
          • +30

            ラグビーリーグワン スピアーズ対シャイニングアークス 40-13(2022. 5. 1)

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ジャパンラグビーリーグワン2022 マッチレビュー
            HLA0048
          • ラグビー戦術入門
            HLA0048
          • 川崎フロンターレ、連覇を目指して
            HLA0048
          • 東京五輪日記
            HLA0048
          • ラグビートップリーグ2021 マッチレビュー
            HLA0048
          • スポーツ写真を撮ろう!
            HLA0048

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            +17

            ブラックラムズ東京対トヨタヴェルブリッツ 64-17(2022.4.30)

            スキ
            3

            危なげのない一点差:川崎フロンターレ対名古屋グランパス(2022年3月12日)

            最近は仕事が大炎上していてレビューを書く時間がない。観戦に行く時間を確保するので精一杯。それでも先週の等々力でのレッズ戦は泣く泣くチケットを無駄にした。週末の午前も、観戦後もすぐに仕事が入るので、レビューどころか写真をハードディスクに移す時間すら取れない。 そんな中、今日は等々力でグランパス戦を観戦。ふと思い立って南側G列を撮ってみた。撮影とフォーメーションの観察が両立するのはこれくらいの列かもしれない。 フロンターレはいつもの4-1-2-3、グランパスは保持時4-2-3

            スキ
            4

            note始めて以来ずっと見た試合はその日の内に速報レビュー書いてきたけど、最近仕事が炎上していて今日遠征観戦したガンバ戦書くのは無理。次に書く時間取れるのもいつになることか😭 せめて宮城天の同点ゴールを。

            スキ
            4

            自信をつけて進化が進むチームとやや停滞感のあるチームの戦い:ラグビーリーグワン スピアーズ対ヴェルブリッツ(2022年2月26日)

             今日は江戸川陸上競技場でラグビーリーグワン スピアーズ対ヴェルブリッツ戦を観戦。どちらも観戦するのは3試合目になる。  実は今日は熊谷でワイルドナイツ対サンゴリアス、鹿島でアントラーズ対フロンターレという2つのビッグマッチが行われる日。  最初はどちらかに行こうと思っていたのだが娘の小学校の授業参観・保護者会の日と重なっていたので諦め、チケットを取っていなかった。  しかし授業参観・保護者会が中止に。「行けるじゃん」と思ったがもうチケットがほとんどない状況。  そこでツイ

            スキ
            15

            フォトレビュー:横浜Fマリノス対川崎フロンターレ(2022年2月23日)

            後半、3-2と1点差に迫る知念のヘディングシュートその後もゴールに迫る知念裏に抜けたダミアン。高丘との1対1 ラストプレーのフリーキック。 新戦力のチャナティップカウンターを食い止めようとする遠野 ここからはFマリノス。前半、裏に抜けたレオ・セアラ脇坂のチェックをかいくぐってクロスを上げる小池龍太橘田と脇坂の間に割って入ってクロスを上げる渡辺皓太

            スキ
            3

            勝負におけるエアポケット:速報レビュー 横浜Fマリノス対川崎フロンターレ(2022年2月23日)

             今日は横浜の日産スタジアムで横浜Fマリノス対川崎フロンターレ戦を観戦。普段マリノス戦は俯瞰で見るのだが、今回はあまり深く考えずにミックス席の1階を取ってしまった。4列目だったが、最も前の3列は柵で見切れるため空席なので、実質最前列。  去年の開幕カードで、お互い質の高いサッカーで優勝を争った両チームが今年は開幕2節目の対戦。開幕戦はフロンターレはFC東京相手に1-0の辛勝。Fマリノスはセレッソ大阪相手に2-2の引き分けでのスタートだった。 膠着状態の前半 最終スコアは4

            スキ
            8

            「修正力」という強み:ラグビーリーグワン ワイルドナイツ対ブレイブルーパス戦(2022年1月19日)

             今日は熊谷でラグビオーリーグワン ワイルドナイツ対ブレイブルーパス戦を観戦。今年はどちらも3試合目の観戦。ワイルドナイツはCOVIDの感染者が出た影響で2試合不戦敗と出遅れたがその後全勝して4勝2敗。ブレイブルーパスは去年の不振が嘘のような仕上がりながら、勝ち星には必ずしも恵まれず3勝3敗。  最終スコアは30-18でワイルドナイツの勝利。最後は12点差がついたが、前半は11-13でブレイブルーパスがリード。後半も29分までは18対18の同点と、非常に拮抗したゲームだった

            スキ
            9

            フロンターレの前半、FC東京の後半:速報レビュー 川崎フロンターレ対FC東京(2022年1月18日)

             今日はJリーグ開幕の日。開幕カードは多摩川クラシコ。2月のナイターという観戦には厳しい設定だが、去年に続いて見に行くことに。  席はここから。114ブロックの最前列。写真を撮るのにはいいがフォーメーションの観察は難しかった。  最終スコアは1-0でフロンターレの勝利。前半は優位2試合を進めたが、キーパーのスウォルビクの好守に阻まれ得点なく0-0で折り返し。後半はFC東京が押し気味に試合を進める中、チョン・ソンリョンの好守で凌ぎきり、セットプレーからのレアンドロ・ダミアン

            スキ
            7

            坂本花織が見せてくれた光:北京五輪女子フィギュアスケート

             現代スポーツは、ドーピングとの戦いでもある。ソウル五輪のベン・ジョンソン、1990年代後半の陸上競技の「馬軍団」、ツール・ド・フランスのランス・アームストロング。他にも、禁止されていなかったとは言え五輪レベルでは違反と見なされるステロイドを使っていた、ロジャー・クレメンスやバリー・ボンズをはじめとするメジャーリーグの選手たちもいる。  その中でも最大級のものがソチ五輪におけるロシアのドーピングの組織的隠蔽だ。  その結果、平昌、東京、北京のこれまでの3つの五輪について、

            スキ
            8

            あれから一ヶ月。そしてこれから。

             トンガの火山噴火から一ヶ月が経ちました。  そのニュースが飛び込んできた1月15日の夜の段階では、本当に何もわからない状況でした。死者が出ているかどうかさえわからない。なので黙祷なんか縁起でもない。そんな状況でのラグビーリーグワン、第2節が行われている週末の出来事でした。  そのとき感じたのは、「何が起こっているかわからない」ことそれ自体の怖さでした。  前も書きましたが、私は東日本大震災の時ヨーロッパにいました。海外にいると、自分が欲しい解像度での情報が入ってこないん

            スキ
            9

            ハンドボール初観戦:ジークスター東京対豊田合成ブルーファルコン(2022年2月13日)

             今日はラグビーでもサッカーでもなく、墨田総合体育館でハンドボール日本リーグのジークスター東京対豊田合成ブルーファルコン戦を観戦。  ハンドボールは、東京五輪でテレビ観戦した後、いつか現地観戦したいと思っていたのだけれど、なかなか日程が合わず。ようやく今日になって見に行くことができた。 チケット取るまで・・・・ 冬の週末は、ラグビー行ったり、スキー行ったり、Jリーグが開幕すればフロンターレの試合に行ったりと忙しいのだが(笑)、この週末は3連休の上にラグビーリーグワンのDi

            スキ
            25

            世界基準のハーフバックス:ラグビーリーグワン 日野レッドドルフィンズ対花園近鉄ライナーズ

             今日は秩父宮でラグビーリーグワンディビジョン2、日野レッドドルフィンズ対花園近鉄ライナーズを観戦。  今週末は家事を全部やらなければならないので、朝は上の子を起こしてご飯を食べさせ、洗濯やら掃除やら一通り終わらせてなんとかキックオフ前に秩父宮へ。  今日はここから。伊藤忠側スタンドの5列目。  ゴール裏に座ったのには理由がある。早明戦の時、ダメ押しのトライが目の前だったのだけれど、最後のグラウンディングの瞬間にピントを外してしまった。Z9で同じことが起こるか起こらない

            スキ
            5