hizensaga_sumiya

肥前佐嘉角屋の「食の記憶」。味噌醤油屋の女将の旦那の思い出日記、父から受け継いだもの、食文化、佐賀のこと、角屋のごはんレシピなどなど 。女将のインスタはこちら → https://www.instagram.com/hizensaga_sumiya/
    • お素麺のこと

      • 10本

      お素麺の思い出は?ってきかれると反射的に「母が”ごま醬油”をつくるために、幼少の頃の僕の役目は、”炒ったごまをすること”だった。」って答えると思います。数年前に”麦縄菓子”が発祥だとおそわってからは、”よりより”、”お盆”、”地域や家族での食べ方”とかを知り、お素麺のことがもっと好きになりました。特に夏はお素麺は欠かせませんよね。つるつる。。。

    • STAY GOLD

      • 12本

      同じ時期に生まれ、同じ地域に育ち、 同じ場所に学び、同じ時代に流され、 同じスピードで年を重ねていく、それが同級生... そんな想いをいつまでも大切にしたいものですよね。

    • 青春の瞬き ~夢破れて 1969-1986

      • 9本

      大人になってから知ることがある いつか描いた夢といつか描くだろう夢。 若くても、歳を重ねていても 夢は同じように生まれるものだと思う。 きっと。

    • 何をみても何かを思い出す

      • 3本

      よく聴いていたアルバムのなかに、口ずさんでいた歌の中に、過ごしていた住まいのなかに、そしていつもの食卓のなかにもいろんな思い出がつまってますよね。

なまこ酢 〜 好物はたくさんいただきたいもの

外で食べたことがないもの。 いろいろあると思うが その中のひとつにお節料理がある。 # お節料理 # 御節料理 数年前に入手するのが困難だったことで ここ最近は年末が近…

2週間前

お雑煮 〜 the utagaki II on 02/01/1994

二人のバースディ... それは二人がいて そして二人に共通の思いがあってはじめて 成立する記念日。 はじめて出会った日 はじめて言葉を交わした日 はじめてお互いのこと…

3週間前

はなびら餅2 〜 あのときに還る

Happy New Year 新年おめでとうございます。 ここ最近、振り返りをするときに 一昨年と昨年のことの区別がつかず とまどうことがあります。 そんな昨年の11月に家族4人で…

3週間前

羊羹とArdbeg 〜あれから6年、を振り返るつもりが...

父が旅立ってからというもの 家でお酒を嗜むことが減った。 6年前の今頃、 年末年始は妻と家に閉じこもっていた。 お役所に提出する手続きが 僕らの前に立ち塞がっていた…

3週間前

角屋のごはんレシピBOOK #18 ~ 牡蠣そば

牡蠣そば 材料 〈2人分) 蕎麦乾麺 2人分 牡蠣 6個〜(片栗粉小さじ1、食塩小さじ1で下処理) 肥前佐嘉角屋【だし醤油】50cc 水 600cc 柚子の皮 少々(皮を薄くむき千…

2か月前

卯の花 〜黄金色の思い出

僕には母が2人いると思って欲しい。 そんなことを伝えてから丸24年が経った。 昨日の食卓に久しぶりに並んでいた 黄金色の卯の花。 伯母との思い出の料理だった。 # 卯…

2か月前