岸保 宏

1976年広島県庄原市生まれ。(株)マスタード・シード22代表取締役。立命館大学大学院経営管理研究科修了(MBA),東京農業大学にて、博士(農業経済学)を取得。職業会計人・農業会計研究者etc。著書「地域農業のスプラウト」  (ライフデザインブックス)がある。

社会人大学院のお話ーその⑥ー

第2クォーターへ  立命館の大学院はクォーター制で進められていた。4・5月(第1クォーター)、6・7月(第2クォーター)、10・11月(第3クォーター)、12・1月(第4クォー…

社会人大学院のお話ーその⑤ー

入学最初の授業  話をだいぶじらした感があるが、いよいよ授業の話をしたいと思う。最初の講義は忘れもしない「株式投資戦略」。今でも師匠として仰いでいる島義夫先生。…

社会人大学院のお話ーその④ー

いよいよ入学    3月下旬にオリエンテーションがあり、再び琵琶湖へ。懇親で軽く飲んだことしか覚えていないが、多くの方々も歓迎してくれた。広島から関西の大学院に…

廣島農人-Pt.2 (株)ねぎらいファーム

未来の種まき 廣島農人  二回目のゲストは、東広島市志和町でネギを栽培する(株)ねぎらいファーム(https://negirai-farm.co.jp/)の代表取締役の八幡原さんをお迎えし…

廣島農人ーPt.1.ウーベンアグリ

未来の種まき 廣島農人  FM東広島「農業のカルチベート」という番組を始めた。行政書士でシェアハウスを管理されている中嶋 直哉氏、元プロ競輪選手で異業種から農業参…

社会人大学院のお話ーその③-

立命館MBAの概要  当時の研究科は、研究者向けの経営学研究科と実務者向けの経営管理研究科への2分をする移行期間で、経営学研究科も社会人コースもあったが、それを…