百物語23話目「開発された古墳」(実話怪談)

百物語23話目「開発された古墳」(実話怪談)

日野光里

強い霊が住む古墳が開発のために森を丸刈りにされていた。

その光景に驚愕した翌日、サイレンが鳴り響き、私は「火事どこ」で場所を探したんだけど……

「あの古墳のとこやん……」

その日のニュース映像では燃えたアパートの映像と、その向こうに丸裸にされた古墳の山が見えた。

以前も火事を起こしたと言ってた古墳……。

たまたま今通ってるジムに、そのことを教えてくれた元勤め先の先輩がいる。

「先輩、あの古墳、開発されてますよ!」

「そうなんよ。家が20軒くらい建つみたい」

それから一週間もしないうちに、犬が人を何人か噛んで逃走中とニュースで言われる。

その犬が人を噛んだ場所も、また古墳の近くだった。

そんな事件を起こしながら、ただいま、着々と新築建築中!!

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!3話まで公開中!PCでも読めるように戻ってました。

2話も更新!

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。
こちらもよろしく!(全話公開されています)

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
またきてねー!
日野光里
ゲームのシナリオライター。ディアラバ、ダンデビ、イケメン戦国等乙女ゲーム多め。youtube動画シナリオも書いてるよ!170万再生超もあるよ!怖い話も書籍に載ってるよ!5月末から発売のシチュCD「SweetSlowlyLife」駐在編住職編脚本担当!