百物語29話目「オレンジのUFO」(実話怪談)

これは「あの橋でのこと」を話してくれた保育園のママ友の体験。

上の話を聞いた同じ日、子どもの頃にUFOを見た話を彼女はしてくれた。

眠っていたとき、ひどく眩しくて彼女は目を覚ます。

すると、窓全体からオレンジ色の光が差し込んできていた。

びっくりしていると、弟も親も起きてくる。

そして父親がカーテンを開けた、そこにはUFOが庭におりてきていたそうだ。

「そんな庭先に?」

「そう。庭に。冗談みたいだけど、本当。だからUFOはいる。家族全員が見たから」

この保育園のママ友の話、実はメインは団地で起こった心霊ネタなんだけど、それはマジで怖いのでどこにも書けないでいる。

だってまだ成仏してない気がする。

そのせいで、ママ友は死にかけてた。

そして、私が団地の怖い話を書く時に、このとき聞いた団地をイメージしていた。意外と大島てるには乗らない死亡案件はあるよ。

そのイメージしながら書いた話が「帰りゃんせ」ね。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!3話まで公開中!PCでも読めるように戻ってました。

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。こちらもよろしく!(全話公開されています)

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしー!
4
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!youtube動画シナリオも書いてるよ!90万再生超えてるのが2作あるよ!

こちらでもピックアップされています

NovelJam「帰りゃんせ」販促チャレンジ企画「百物語」
NovelJam「帰りゃんせ」販促チャレンジ企画「百物語」
  • 101本

NovelJamによって生み出された私の怪談小説「帰りゃんせ」を販促するために、グランプリまでに百物語を完成させるマガジンです。なんとか完成させてグランプリで怪異を起こすぞー!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。