厳しさと優しさ、真に親身に関わりを持つと言うこと
見出し画像

厳しさと優しさ、真に親身に関わりを持つと言うこと

こんにちは。
スクラムヒューマンパワー代表 日原 達仁です。

私の記事を読んでいただいて、ありがとうございます。

10歳、ラグビーを始めました。
ルールもわからず、ボールを持てば無我夢中で走りました。
タックルされて地面に倒れても、ボールを離しません。
ラグビーでは、タックルされ倒れた場合にボール保持者は
ボールを離さなければなりません。
ラグビースクールのコーチに反則だと怒られ、
初めてこのプレーが反則だと理解します。

画像1

高校に入学し、ラグビー部に入部します。
初めての試合でも、
ボールを持ってインラインゴールめがけてまっしぐらに突進し、
タックルを受けてボールを前に落としました。
反則でプレーが中断した瞬間、レフリーをしていた監督に、
「お前は次からボールに触るな!」と、間髪入れず殴られました。

振返って考えてみると、自分勝手なプレーはチームプレーに反しています。
ラグビーは、ひとりの力ではたかが知れています。

いろんな苦い経験や体験が、
その後の人生にとても大切なものであると感じています。
強烈な先生や先輩が存在し、それが正しいとされていた時代でした。
今では、当時みたいな教育をしたら、
何人もの先生が職を失ってしまいますけれど(笑)。

書店では「上手な叱り方」のハウトゥー本、
研修事業でもアンガーマネジメントの手法などが、
人材育成のトレンドの様です。
本来は、家庭で行う「躾」に相当するような部分です。
私は厳しい父親に叱られ、優しい母親に窘められ育ちました。
兄弟同士で遊んでも、兄貴が一番偉いという上下関係がありました。
昭和の時代の特徴でしょうか。
地域においても親身に、真剣に、
本気で厳しく関わってくれた大人たちが多かったように思います。

私の尊敬する大恩師、山梨県ラグビー協会名誉会長、上野敦夫先生。

御年90歳です。スクラムヒューマンパワーで、
上野先生のぶどう農園のお仕事を請け負うことになり
5年ぶりにご自宅へご挨拶伺いました。

私の顔をしばらく見つめ、「随分表情が変わった」と穏やかに仰いました。
1時間ほどお庭のテーブルでお話をしたでしょうか。
上野先生は、日川高校ラグビー部を強豪チームへと導き、
山梨県のスポーツの普及・強化に務めていらっしゃいました。
教師からも、教え子からも慕われ、
沢山の方々を社会に貢献できる人材へと育て上げました。
教え子には林真理子さんジャンボ鶴田さんなど、
ラグビー以外の著名な方もいます。

その上野先生も、少年時代は喧嘩に明け暮れ、
高校の卒業すら危ぶまれていたそうです。
上野先生の恩師、村田一郎先生から、
「日体大でラグビーをやるなら卒業させてやる」と告げられ、
「先生!ラグビーでもなんでもやります!」と留年を免れたそうです。

今でもラグビーへの情熱は残っているのか伺ってみたところ、
「日原、もうラグビーにはあまり関心がなくなってしまったよ。
   人間、欲がなくなると気持ちがいいもんだよ」と笑われました。
90歳。幾分お耳は遠くなられていましたが、
本質を見抜く眼力と包み込むような包容力は変わりません。
40歳も歳の離れた私の話を、優しいまなざしで聞いてくださいました。

「日原、ラグビーだけが人生ではない、その後の生き方、
   その後の人生の方が大切なんだよ」と、
上野先生の言葉ひとつひとつが深く染み、
その言葉の奥にはどんな思いがあるのかと感慨深く思いました

また、上野先生は、私の息子がラグビーをやっていることを
本当に喜んでくださいました。

画像2

私の恩師である有賀健先生も、
上野先生に声をかけられてラグビーを始めたひとりです。
有賀先生は高校2年生からラグビーを始め、
日本代表にまで上り詰めました。

上野先生をはじめ、村田一郎先生、日川高校の名物先生たち。
人との出会いと、真剣な本気の指導。
時には今でいう理不尽な指導もあったかもしれません。
しかし、皆とても親身に関わってくださいました。

今の時代だからこそ、若者を厳しく育成し、
希望の架け橋になって欲しいと切に思います。
スクラムヒューマンパワーの人材育成は、厳しく、優しく、楽しくです。
父性も母性も、子供の気持ちも持って、精一杯取り組んでいきます!


この記事が参加している募集

忘れられない先生

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!フォローもよろしくお願いします!
人に関するお困り事は、スクラムヒューマンパワーにお任せください!「人」「地域」「企業」をつなぐ夢の架け橋となります!求人企業と求職者の橋渡しを行います!人材育成や 農業を通して社会問題の解決に貢献します。 https://lit.link/scrumhumanpower