勇気、覚悟、魂を磨く
見出し画像

勇気、覚悟、魂を磨く

株式会社スクラムヒューマンパワー

こんにちは。
スクラムヒューマンパワー代表 日原 達仁です。

私の記事を読んでいただいて、ありがとうございます。

岸田内閣がスタートしますね。初入閣する方も大勢いらっしゃいます。
論戦を繰り広げ、批判も糧に、
強いリーダー、政治家に成長してほしいと思います。

孫氏の兵法に「戦わずして勝つ」とあります。
これは戦争による損益を考えた思想で、勝った時に
最上の利益が得られるのは、自分も相手も無傷の状態であるからです。
「厳しい戦いを制し、強い組織に成長する」には
少し矛盾するかもしれませんが、
この考え方は、ビジネスでも基本戦略であると言ってもよいでしょう。

高校のOB試合に参加したときのことです。
日川高校OBチームに人数が足りないので、
急遽別の高校卒の方にも出場を依頼しました。
伝統のユニフォーム「赤・黒」のジャージを渡すと、
「このユニフォームにしみ込んだ伝統が重々しくて、
とても着ることができないですよ」としばらく遠慮していました。
それでもゲーム開始直前にはユニフォームを着て、
いつもより良い動きで活躍してくれました。

ゲームが終わる直前に、やはり日川高校ユニフォームを着た他校のOBが、
「赤・黒ジャージを着た選手を見ると勝てる気がしないし、
赤・黒ジャージを着た瞬間、いつもより強くなった気分になった!」
と興奮気味に話してくれました。

画像1

「長年にわたり伝統ある強豪チームであった」
という情報が、相手に脅威を与えます。

勝ち続けていると戦いにおける「勢い」が生まれ、
そこから更なる勢いを引き寄せます。
もちろん根底には普段からの準備が必要で、
準備を怠ればいくら目標を立てても机上の空論です。

日本のラグビーが強化された要因に、国際試合を増やし、
ゲームの経験値を高めたことが上げられます。
エディー・ジョーンズさんのマッチングするテストマッチは、
どれも強豪チームばかりでした。


エディーさんは、オーストラリアや南アフリカを世界一、
二を争うチームへと強化したことで、
世界的にも屈指のコーチとして名を轟かせました。
そのため、強豪チームとの試合交渉が優位になり、
日本はレギュラークラスと試合をすることができるようになったんです。
国際試合のゲームが増え、
厳しいゲームを経験することが成長につながります。
次第に接戦を繰り広げられるようにチームは強化されていきます。

私の高校時代・大学時代は、所属するチームが強豪でしたので、
練習試合も同じ目標を持ったチームばかりでした。
試合に負ければ、そのあとの反省練習が厳しいトレーニングに変わります。

組織・チームの強化には、最強のチームビルディングが不可欠なんです。
ビジネスでは如何に交渉を進めて、手ごわい相手に理解してもらえるか。
選挙でも地方の楽な戦いばかりを繰り返していると、
いざその階層から上がる選挙で簡単に敗北してしまったりします。

時には、ギリギリの戦い、ビジネスに自分から飛び込むことも必要です。
これを人は、勇気、覚悟、魂を磨くといいます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社スクラムヒューマンパワー

サポートいただけたら幸いです。 よりよい学びや情報をお届けするために使わせていただきます。

ありがとうございます!フォローもよろしくお願いします!
株式会社スクラムヒューマンパワー
人に関するお困り事は、スクラムヒューマンパワーにお任せください!「人」「地域」「企業」をつなぐ夢の架け橋となります!求人企業と求職者の橋渡しを行います!人材育成や 農業を通して社会問題の解決に貢献します。 https://lit.link/scrumhumanpower