見出し画像

水たまりに映る木

水たまりに映る木は、どこか幻想的で、実物の木とは別のものに見えます。

水たまりに映っている木も、間違いなく目の前に存在する木なのに、何かを通してみると、がらりと雰囲気が変わるのです。

水たまりに映る木の存在に気づく人は、地面を見ながら歩いている人。

目の前の木の存在に気づく人は、空を見ながら歩いている人。

という印象があります。

そして、どちらの木の存在にも気づく人は、視野の広い人なのではないでしょうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日も読んでくださり、どうもありがとうございます。
16
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」最新刊「世界は思考で変えられる自閉症の僕が見つけた「いつもの景色」が輝く43の視点」が発売中です。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/