ABC 227の振り返り
+1

ABC 227の振り返り

始めに 今回は「キーエンスプログラミングコンテスト2021-Nov.」ということで、キーエンス社にちなんだ問題も出題されました。 AB問題しか解いていない僕が判断できるものではありませんが、難易度はやさしめだったかなと思います。 今回僕はA問題とB問題を解けたので、その2問について考察をしていきます。もちろん、最適解ではありません。 A-0 A問題「Last Card」の概要 1,2,…,N の番号のついた N 人の人に合計K 枚のカードを配ります。 人A から始めて 人

Note、始めました

Note、始めました

始めに どうもこんにちは、kokastarです。今回noteを始めてみることにしました。具体的には、AtCoderに関することを書き連ねていこうかなという風に考えています。誰かの役に立つ記事というよりかは、自分のために書いている感じです。僕の成長記と思って読んでくれれば幸いです。 僕自身の記事を始めた時点での成績は、4回のコンテストを終えてレート38の白と、バリバリの初心者です。Scratchを小学4年生の時からやっているので、アルゴリズムだったりプログラミングの考え方に関

AtCoder Card game for Two by Python sorted関数
+1

AtCoder Card game for Two by Python sorted関数

今日は前回に引き続きCard game for Twoの sorted関数から進めて行きたいと思います!!まだ前回のNoteを読んでいない方は下のURLから是非読んでみて下さい https://note.com/masa_engneering/n/n82b25c3205c3 その前にこの問題の考え方から説明をして行きたいと思います!! n = int(input())ls = list(map(int,input().split()))alice = 0bob = 0b

スキ
3
AtCoder Card game for Two by Python map関数

AtCoder Card game for Two by Python map関数

n = int(input())ls = list(map(int,input().split()))alice = 0bob = 0b = sorted(ls, reverse=True)for i in range(n): if (i%2 ==0): alice+=b[i] else: bob+=b[i]ans = alice - bob print (ans) こんにちは!お久しぶりです。今回は今までに引き続きAtCoder

Atcoderのためにアルゴリズムを学ぶぞ!
python使ってる人は応援よろしく!
C++の人は一緒にpythonでAtcoderやろう!

Atcoderのためにアルゴリズムを学ぶぞ! python使ってる人は応援よろしく! C++の人は一緒にpythonでAtcoderやろう!

スキ
1
python dict()について

python dict()について

X = input() D = dict()for i in range(len(X)): nxt = chr(i + ord('a')) # 英小文字の前から数えてi番目(aを0番目とする)は、これで生成できます D[X[i]] = nxtprint(D) ↑のコードで例えば sfthyej と入力すると {'s': 'a', 'f': 'b', 't': 'c', 'h': 'd', 'y': 'e', 'e': 'f', 'j': 'g'} と出力してく

快進撃Atcoder#4

快進撃Atcoder#4

ARC127に参加した! 結果は0完 終わってからも粘ってA問題 leading 1s を解いたらACできた! N = int(input())strN = str(N)count = 0for _ in range(len(strN)): if strN[0] !="1" and len(strN) != 1: for i in range(1,len(str(N))+1): count += (10**(len(str(N))-i

Atcoder標準入力まとめ #Python
+1

Atcoder標準入力まとめ #Python

Atcoderの問題を解いていく中で今までやった標準入力のコードをまとめていく 1.整数を入力するとき N = int(input()) 2.二つの整数を空白区切りで入力するとき (AtCoder Beginners Selection Otoshidamaより) n,y = map(int,input().split())#n:お札の枚数 y:合計金額 3.N行の空白区切りの整数を二次元リストとして入力するとき (AtCoder Beginners Selecti

快進撃Atcoder#3

快進撃Atcoder#3

今回は AtCoder Beginner Contest 216 A Signed Difficulty を解いた 使用したツール ・自らの脳みそ ・ネット記事↓ X,Y = map(int,input().split("."))if Y <= 2: print("%d-" %X)elif Y >= 3 and Y <= 6: print("%d" %X)else: print("%d+" %X) かかった時間は15分くらい 何も調べず自分の脳みそだけでとき

スキ
3
快進撃Atcoder#2

快進撃Atcoder#2

今回は、atcoder ABC086C - Traveling を解いた 使用したツール ・自らの脳みそ ・ネット記事↓ 今回は、atcoder travelingの解答例を調べちゃった TLE(処理時間オーバー)になった時に解答例を調べた x,y座標の和と到達時間の偶奇が一致したら配列に0を入力するコードを書いたけど、それだと計算量が多くなると解答例を見て気づいた だから、偶奇が一致しない時に結果にFalseを入力してもうそのあとは繰り返し処理を行わないようにした 全