深圳を目指したワケ

深圳のキラキラした発展ぶりに触発されて「中国すごい!」「これからは中国の時代!」という風潮が生まれて早数年。空前の、と言っていいほどの深圳ブームもすっかり落ち着いた感があります。しかしながら、エンジニアのトレンドとして依然中国の技術は注視する対象です。

「ギーク中国語講座」はちょうど「深圳すごい」ブームの直前にスタートしているので、「乗るしかない、このビッグウェーブに」という部類と思われている方

もっとみる

中国が持つ3つの特殊な技術を生み出すケイパビリティケイパビリティ

皆さん、こんにちは!「古今中国」のCoconです。

昨年の世界経済を最も騒がせたことの一つは、恐らくアメリカと中国の貿易戦争でしょう。両国がお互いに対して追加関税を実施した結果、両国の輸入、輸出業者はもちろん、他の国の人々も「世界経済はこれから衰退するのではないか」と危惧しました。幸いなことに、今年1月15日に、両国は貿易問題の「第1段階合意」という文書に署名しました。具体的な効果はまだ見えてい

もっとみる

唐突に深圳旅日記-食レポ3:深圳名物ココナツスープはホットケーキの香り

こんにちわ、カレー顔あさこです。

フーマーフレッシュを見に行った後で、近くのショッピングモールのおしゃれ中華ででお昼ご飯を食べました。

このあたりでは、使う食器を最初にお茶で洗う習慣があると先輩に聞いて、初「お茶洗い」をトライ。暑い場所やもんな。自分のこと自分でするの、合理的。

参考:「お茶で食器を洗う 中国」とかで検索するといっぱい出てきます

で、3人でメニューをみていたら ココナッツス

もっとみる
うれしいのでカレーを食べます!
6

唐突に深圳旅日記-マクドで母が気づいたこと。

こんにちわ。カレー顔あさこです。

深圳最終日の朝ごはん、またマクドに行きました。そのときに気づいたことをメモしてた。三ヶ月前のわたし偉い!

最初の訪問(というか朝ごはん)では、デリバリーの人が多い、とか、でっかい注文ディスプレイすごいな、と単純におもっていたようです。

◇気づき1:
最終日は日曜日。休日の朝、日本では、父ちゃんと子ども、母ちゃんと子ども、家族などがそこそこいるイメージ。わたし

もっとみる
うれしくて小躍りしてます!
3

Slush Shenzhen 2019 に参加しました! [Part. 1]

Slush Shenzhen 2019 について

2019年8月8日、中国広東省の深圳(Shenzhen)にて開催されたShush Shenzhen 2019に社員全員で参加してきました。

About
Slushは世界各国からスタートアップ・起業家・投資家が参加する世界最大級のスタートアップとテクノロジーの祭典です。中国国内では過去に上海(Shanghai)などでの開催がありますが、深圳では初

もっとみる

ずっと行きたかった街、深圳に2019年6月とうとういってきた!~いくまで~(一)

こんにちわ。カレー顔あさこです。

もう何年前になるでしょうか。深圳という街の話を聞いたのは。

Facebookのつながりだったか、同僚に教えてもらったかでニコ技深圳コミュニティの高須さんを知り、そこから「深圳観察会:現地集合で集まって深圳のいろいろを見て、その後ブログを書く」があるのを知り・・・ですが、そのころはまだ子どもが小さかったので参加されてるかたのブログを、指をくわえてみていました。

もっとみる
ありがとうございます!うれしい~
7

Shenzhenのマーケット。これは1月。

キミはあの雪の花を知っているかい?

ギーク中国語コミュニティのコアメンバーによる体験談第二弾。メンバーはこれまで中国語でSIMを買ったり銀行口座を開いたりすることにチャレンジしてきましたが、今回はその流れでのお話し。さて、深圳で雪の花とは!?
=================

去年、中国の銀行のキャッシュカードを無くし再発行に行くというミッションの日、采配ミスで営業時間に間に合わなかった。せっかくねこりん老師(注:ギーク中国語コ

もっとみる