TAKASU Masakazu

著書「プロトタイプシティ」「メイカーズのエコシステム」等。ニコ技深圳コミュニティCo-Founder 早稲田ビジネススクール招聘研究員 Noteで深圳のマガジンを書いています https://medium.com/@tks/takasu-profile-c50feee078ac

TAKASU Masakazu

著書「プロトタイプシティ」「メイカーズのエコシステム」等。ニコ技深圳コミュニティCo-Founder 早稲田ビジネススクール招聘研究員 Noteで深圳のマガジンを書いています https://medium.com/@tks/takasu-profile-c50feee078ac

    マガジン

    • 深圳で見たり考えた、ふわっとしたこと

      深センほかアジアの生情報をレポート、解説しています。月5-8回以上更新しています。 イベント参加、アプリやサービス等を、体験したらすぐにスマホで出していくレポートです。 自分の中で整理がついてまとめたものは「知られざる深セン」http://diamond.jp/category/s-shinsen などの連載記事になるけど、「まとまるまえのものや小ネタをすぐ見たい」という要望を聞いて、フォトレポートを始めることにしました。 例: 中国の出前アプリ餓了麼 https://note.mu/takasu/n/n877ca4863189 など

    • ニコ技深圳コミュニティイベント

      ニコ技深圳コミュニティで開催したイベントをまとめます mediumとどっちでやるかはまだ迷ってますが、一旦集積しましょう

    • 高須正和のオープンオフィス:一覧

      毎週火曜日の17時〜18時に、誰でも僕とZoomでミーティングができるオープンオフィスの時間をつくっています。詳しくはこちら。 https://note.com/takasu/n/n00cc1ee9a9eb

    • 高須の読書録やレビュー

      読書録やガジェットレビューなどで、長くなってブログにしたものをここに。読んだ本すべてはブクログ https://booklog.jp/users/takasubooklog にあります。

    • #遠くへ行きたければ みんなで行け 書籍イベントまとめ

      書籍:遠くへ行きたければ、みんなで行け ~「ビジネス」「ブランド」「チーム」を変革するコミュニティの原則(ジョノ・ベーコン 著,高須正和 訳,山形浩生 監訳,関治之 解説)のサポート情報、関連イベントなどまとめ

    ウィジェット

    • 商品画像

      ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険

      アンドリュー“バニー”ファン
    • 商品画像

      世界ハッカースペースガイド

      高須 正和
    • 商品画像

      メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))

      高須 正和
    • 商品画像

      プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション (角川書店単行本)

      高須 正和
    • 商品画像

      ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険

      アンドリュー“バニー”ファン
    • 商品画像

      世界ハッカースペースガイド

      高須 正和
    • 商品画像

      メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))

      高須 正和
    • 商品画像

      プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション (角川書店単行本)

      高須 正和
    • 早稲田大学講演 コピーする深センからコピーされる…

    最近の記事

    固定された記事

    #MicroMBA 第4回 Design UXという概念の総本山、カリフォルニア大DesignLabのマイケル・メイヤー講義。 誤解のほうが本質より広まってて残念な「デザイン思考」とは何で、どう実現するか

    過去6回の講義はマガジンにまとめた。 超豪華、DesignLabのマイケル・メイヤー本人が先生カリフォルニア大Design Labの教授で「誰のためのデザイン」のドン・ノーマンとも論文を共著しているマイケル・メイヤーはこのMicroMBAコースを早稲田大学と共催しているUC San Diego Rudy schoolの先生でもある。 なので、今日の広義はマイケル・メイヤー本人から講義をしてもらう。彼が経営であるRudy Schoolで先生をしている意味と同じで、経営やりたい

    スキ
    83
      • #makepcba #スタックチャン 会動画まとめ #M5Stack を使ったカワイイロボット 金属3Dプリンティングの実例も

        鈴木涼太 @JA1TYE と 高須正和 @tks はJLCPCBのマーケティングに協力しています。PCBAや3Dプリンティングのオンライン発注についての情報共有をするつもりで、1-2ヶ月に1回、 #makepcba というイベントを行っています。 オープンソースのロボット #スタックチャン 今回はししかわさん(@meganetaaan)が考案したロボット「スタックチャン」。もともと、名前の通り #M5Stack シリーズを使って開発したロボットですが、今は他のマイコンボー

        スキ
        4
        • +3

          エラーを吐き続けるTEAMOSAを修理 浙江省まで顺丰で送る(梱包費込み)で48元

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

          • 30万円/納期1ヶ月ぐらいからプラスティック射出成形ができる 深圳のメイカースペース/インキュベータ大公坊iMakerbase

            自前で射出成形ができるメイカースペース 僕が所属していて、秋田先生 @akita11と共同で管理しているメイカースペースiMakerbaseには、射出成形の工場があり、CADエンジニアや金型のエンジニアを抱えている。 入力は.stepファイル、複雑な金型だと4万元、簡単なやつは1.5万元ぐらいから(30万~80万円) iMakerbaseは郊外に巨大な射出成形の工場があるが、深圳市内のメイカースペースでも小規模な金型製作と射出成形は行っている。 あくまで僕や秋田先生がお

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 深圳で見たり考えた、ふわっとしたこと
            TAKASU Masakazu
            ¥400 / 月
          • ニコ技深圳コミュニティイベント
            TAKASU Masakazu
          • 高須正和のオープンオフィス:一覧
            TAKASU Masakazu
          • 高須の読書録やレビュー
            TAKASU Masakazu
          • #遠くへ行きたければ みんなで行け 書籍イベントまとめ
            TAKASU Masakazu
          • インターネットプラス研究所
            インターネットプラス研究所 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2022年8月末 深圳福田隔離10-11日目 8/28からの隔離、9/8一杯で一旦終了の連絡 その中でまた大量の物資が届く

            8/28に、「お前ん所の社区で一人陽性者がでた」で始まった隔離(最初は9/4までのはずだった)は、以後うちの社区では陽性者が出てないものの、「社区の上の単位の"街道"ではたくさん陽性者が出たので、9/4-9/8も隔離」となって、8/28-9/8の12日間に連続して隔離となった。 その間の深圳の陽性者も、10人程度→ピーク60人程度→20人程度とピークアウトはしたようだ。 9/6に1回、9/8になってまた、やたらと物資が追加で届いた。なので、「これはまた隔離延長なんじゃないか

            2022年8月末 深圳福田隔離9日目 9/8までとアナウンスがあったわりに野菜含めて大量の食料が届く

            昨日は「広場で時間通り来て受けろ」となっていたPCR検査が再び各部屋訪問に変わっていた。たぶん受けない人が大量に出たのだろう。 そして、昨日カップラーメンなどの物資が4日分届いたのに続き、今日になってダンボールいっぱい分の大量の食料が届いた。この社区はキッチンない部屋も多いのに、野菜なども含めてだ。 深圳全体のコロナは、ピーク時60人ほど出ていた陽性者が27人と半減。 ただし僕の街道では高リスク地域が多発している。自分の社区は8/28に中リスクになってからさらに9/3で1

            スキ
            2

            2022年8月末 隔離8日目 9/4で終わりのはずの隔離が9/8(またはそれ以降)まで続くことになり、宥めるための物資が配られる

            8/28に始まった隔離は9/4昼で終わりのはずで、自分のビルはこの7日間、新しい陽性者は出なかった。とはいえ、周りの社区や、同敷地内の別行政単位のビルでは何人か出て、高リスク地域に変わったところもある。 結局、社区単位ではリスク判断が下がり、ビルとビルの間は出歩けるようになったけど、社区からは外に出れないままになった。実質ロックダウン中だ。 社区の上の行政単位である「街道」で、外出禁止を決めたらしい。 中国の行政単位は基本的にデカいところの声が通るようになっているので、社区

            2022年8月末 深圳福田区隔離9/4昼で7日目経過し、新感染者が出なかったため管理等級は変わったのだが相変わらず(今夜までは確実に)外に出れない。明日以降状況は変わるのかな?

            僕の住んでいるエリアは陽性者が出たことで社区全体が中リスク地域とされ、8/28 12時(昼)に隔離(社区の外に出れない、基本部屋から出れなかったりビルから出れなかったり)が始まった。 その後実際に出た建物が高リスク、残りが中リスクとして運用がある程度整理されていき、追加の感染者が出なかったことで、9/4 12時(昼)にリスク管理の方法が変わったらしい が、特に根拠なく「社区の外に出れない」という連絡が来て、あんまり状況は変わってない。 少なくとも9/4夜中までは福田区全体

            スキ
            1

            2022年8月末 深圳福田区隔離6日目 8/28の12時開始だと9/3土曜で7日突入、9/4昼で7日目経過だが、9/4いっぱいまで深圳のほぼ全域がロックダウンされているためどうなるかわからない

            今のところ自分の社区で新増は出てなさそうで、そうすると9/4の正午(8/28の正午に開始して7日後)に中危険→低危険にエリアが変わって管理がゆるくなり、外に出れるようになるはず。 一方で、深圳全体ではかなり多くの陽性者が発生して、ほとんどの区で週末までの2-3日間をロックダウンするお触れが出た。自分のいる福田は8/29-9/2で出ていたので、足すとほぼ1週間だ。 福田や南山区は工場がないが、多くの工場がある宝安や龍岡が、週末以降も停止すると生産に影響がある。 3日前から、

            スキ
            1

            #makepcba 自作キーボード回 マクロパッド @JA1TYE 左手用キーボード @akita11 ほぼ週間 #キーボードニュース @pekaso イベント録画/資料ダウンロード

            第2回の今回は自作キーボード回 第1回のイベントが大人気だった #makepcba 、「自作キーボードの話が聞きたい」というリクエストが多く、自作キーボード回をやりました! 2020年からほぼ毎週自作キーボードの情報を発信している ほぼ週間 #キーボードニュース の @pekaso さんにゲスト参加してもらいました。 前説:幅広い自作キーボード回 PCBAはケースの一部にもなる 僕の前説は、秋葉原の自作キーボードショップ #遊舎工房 の資料やカテゴリ分けをもとに、自作キ

            スキ
            1

            2022年8月末 深圳福田区隔離5日目 新増が出ないので、7日で終わるかも?という声も出始めるが、「憶測言うな 公式リリース待て」と管理人が注意

            自分の社区は8/28日曜から封鎖が始まっているので外部の状況は体感できないのだが、深圳全体ではもともとほぼゼロだった陽性者が10人単位→20人以上と日々拡大していて、8/31には63人の陽性者が出たことで、行動制限(ロックダウン)の範囲が広がった。 一方、こちらの社区では今のところ、初日に発見されて封じ込められた高リスク地域の外側(自分のいる中リスク地域)では見つかっていないようで、そうすると7日間で終わるかもしれない。 一方で、9/1までだったはずの華強北のロックダウン

            2022年8月末 深圳福田区隔離4日目 管理体制は安定したが、ストレスはかわらない

            対応が安定してきた(マンネリしてきた)ので昨日は更新を忘れてしまった。 だいたい安定した運用 自分の社区は、陽性者が発覚した隔離初日(か2日目)に以下のように決まった。 -陽性者がでた建物(3つつながっている)が高リスク地域 -自分の建物含めて、社区内のそれ以外の建物が中リスク地域 これはルール通りに決まるのだけど、高リスク地域と中リスク地域の住民をどう扱うかは、行政側のリソースの問題もあって、これまで毎日書いてきたように、対応がブレる。 結局は、中リスク地域は -多少

            スキ
            2

            2022年8月末 深圳福田区隔離3日目 管理が本格化して不自由さが増す

            この日から、各ビルごとにボランティアが2人ずつぐらい配置されて、宅配や出前をビル下に持ってくるようになった。(これまでは社区入り口) これで接触は減った(他のビルの人と混ざらなくなる)けど、これ単に面倒なだけじゃないかなあ エアコンも効かない外で待ってるスタッフはたいへんだし、出前とかのたびにスタッフが走り回る。 いちおう、今のところいつ頼んでも出前は来るけど、通達では極めて限られた時間(午前午後30分ずつ、とか)になっていて、いつそこまで悪化するかわからない。 こうな

            2022年8月末 深圳福田区隔離2日目 早くもどんよりとしたムード

            昨日の全戸一斉PCRで、どうも1人以上は陽性者が出たようで、いくつかのビルが高リスク地域、他のビルが中リスクとして定義されてしまった。公式発表は昨日のままで情報の更新はないが、おそらく1週間連続で全員陰性、とかでないと開放されないはずだ。 改善されつつある隔離インフラ 人員が追加されたのか、命令ラインが整理されたのか、食事の配給などがだいぶ効率化されて、社区に届いてから1時間以内ぐらいにはビル下まで送られるようになった。 昨日は午後4時の配食だった昼食も1時前になった

            スキ
            1

            深圳福田区のアパート(住民3000人ぐらい)でいきなり隔離(封鎖管理/ロックダウン)始まった

            週末だし、朝の涼しいうちにちょっと運動するか、と思って外に出ようとしたらいきなり社区(団地が集まったエリア。中国の行政単位の一つ。僕の社区は3000人ぐらいの住民が50棟ぐらいの小さい団地にそれぞれ分かれて住んでる)の入り口が閉鎖されていた。 どうやら陽性者が出て隔離(封鎖管理/ロックダウン)が始まるようだ。 中国のロックダウンについてはいろいろな話が出ていて、伝聞が独り歩きして大きくなったものも多い。行政区ごとの統治リソース余裕と、感染拡大のテンパり方によって実際に様々だ。

            スキ
            12

            ものづくりっておもしろい!(小林竜太)/ だれよりも速く走る義足の研究(遠藤謙)出版記念イベント #みんなの研究

            メイカー書籍のイベント 偕成社「みんなの研究」シリーズで、相次いでメイカー関係の書籍が出版されます。 著者の小林さん・遠藤さんに書籍の内容や自らの活動を紹介してもらうオンラインイベントを行いました。 ものづくりっておもしろい! おもちゃから乗り物まで(小林竜太) 自分で手をうごかしてものをつくることで、世の中の困りごとを解決したり、自分だけのテーマパークをつくったりできるかも? 自動車メーカーで働くかたわら、ロボットやモビリティを作っている著者が、今まで作ってきたものを

            スキ
            5