SPT

コズミック・ビーイングとしての私たち〜丁寧に生きる

コズミック・ビーイングとしての私たち〜丁寧に生きる

小宇宙=大宇宙 非局所的存在 ダイナミックに創発 古来より、私という 小宇宙 と 世界という 大宇宙 が 対応・呼応していることは伝えられてきた。 これってすごいことで、ミンデル言うには、 アントロポス(宇宙身体)/シヴァとして感じ、シヴァが私として感じている。 量子論的非局所性、つまりいろんなところに同時に重なり合いながら存在してるってことでもある。各自はホログラムでその重なり合いが全体みたいな。だからダイナミックに生きてるんだ。 であれば戦争や環境も私(ボディ含む)と関

5
【ベスト・パフォーマンスを導くシリーズ】競技者必携2020年版②GPSの有効活用

【ベスト・パフォーマンスを導くシリーズ】競技者必携2020年版②GPSの有効活用

いつもご覧いただき有難うございます。 僕の能書きもボチボチである一方、まずは実際にGPSを導入してから選手パフォーマンスが劇的に向上した指導者のインタビュー映像を載せます。 高校サッカー界の名指導者として名高い、本田裕一郎先生がGPS活用の有効性について、わかりやすくかつ的確なご提言をされております。指導者の感覚・感情だけでなく、プレイを数値化する─客観的な事象をあらわすことで、選手のモチベーションが高まる話をされております。 活用されているGPSは、もちろんSPT製で

9
【ベスト・パフォーマンスを導くシリーズ】競技者必携2020年版①

【ベスト・パフォーマンスを導くシリーズ】競技者必携2020年版①

残暑お見舞い申し上げます。厳しい暑さの毎日です。 そして新型コロナ・ウイルスが、まだ鎮静化には程遠いですね…… 創意工夫した活動に敬意 競技者の皆さまは、猛暑とウイルスの厳しさに立ち向かいながら、各人パフォーマンスなど次なる本番に備えた、トレーニングに集中されていることと存じます。国内プロスポーツはじめ、プロアマとも公式戦や地域大会など、各カテゴリーにおいて、試合が開催されております。また今後の公式戦など本番への準備のために、できる限りの範囲で実践形式でのトレーニングが

8
【作戦・パフォーマンス分析屋として】わが社がやる仕事とは?

【作戦・パフォーマンス分析屋として】わが社がやる仕事とは?

”教える”ということはやりません 久々のテキストで登場します。 事業仲間より教示いただいた内容を記していきます。 結論から言うと見出し通り、当方は”教える”ことはやりません。 理由は仕事内容として、 「競技についての戦略・戦術・戦法および作戦についての客観的分析と解析の実施。その上での、現状より高めるための計画と実施をお客様と一緒に取り組む」と明示しております。そうです!お客様と一緒に取り組む─共に創造していくことがベストであるからです。 仲間達の御縁でラグビー界

10
「組織の課題」を”特定”だけでなく、関係者と合意し、解決糸口まで見つけるスピーディな方法論(身体・ダンスを使うユニークな手法)

「組織の課題」を”特定”だけでなく、関係者と合意し、解決糸口まで見つけるスピーディな方法論(身体・ダンスを使うユニークな手法)

「現場の要望に応えてあげたいけど、上から言われる事との間で板挟みや…」 「組織の何が課題なのか、よく分からない…見えてこない…」 「経営陣と部長陣の目線が合ってないせいで、なぜか人事が損を見る…やで…」 このようなお困り事は人事・HR担当の方でお持ちの方もいるかと思います。(筆者のワタシも自社のライン人事を経験したり、多くの会社の経営陣や人事の方とお仕事させていただいた経験があるため、少なからず理解させていただいてきました) 「組織の課題は、よく見えんのじゃあ~」

6