IMART2019

2020年 年賀状代わり

寒中お見舞い申し上げます。(11月に祖母が大往生しまして、緩く喪中です)

のんびり過ごしてたらご挨拶遅れちゃいました。紙の年賀状辞めます宣言して2年経つのに、賀状いただいた方々申し訳ありません。

2019年は1月に個人会社を作り、夏くらいからフルタイムだったマンガ新聞以外のお仕事をお手伝いするようになりました。

11月には、念願だったマンガアニメのビジネスカンファレンスIMARTを開催するこ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
4

#IMART2019 :(7)漫画家支援が仕事に変わったこの10年~現在のキープレーヤー達

(6)のマンガ教育セッションに続き、IMART2019のマンガ分野で自分が司会する最後のセッションのご紹介です。

筆者は2010年~2017年の間、漫画家支援のトキワ荘プロジェクトという事業を運営していました。この「漫画家支援」という言葉は、10年前にはあまり良い言葉として受け入れられていませんでした。

「何だか知らないが、あんたらに支援される覚えはない」実際にベテラン漫画家さんに言われた言葉

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
8

#IMART2019 :(6) マンガを大学で習う?との批判から早20年、実はもう数えきれないプロが生まれた現実

(5)のイノベーターなマーケターのセッションとはまた違う切り口で、今度は、マンガの教育。別けても大学教育について、日本のマンガ教育を子なう代表的な美術大学3校から、それでもユニークな方々に来ていただきました。

最近は、大学でマンガを学んでデビューすることそのものがあまり珍しいことではなくなってしまったため、○○大学出身という呼び声でデビューすることもなくなってしまいました。実は、学校は続々とプロ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
3

#IMART2019 :(5)マンガ業界にすごいマーケター達が力を貸してくれていることを、ご存じだろうか?

(4)の新旧漫画家セッションまでで、出版社、マンガアプリ、漫画家と言った、スタンダードな登壇者のご紹介が終わりました。ここからは、私こだわりの、マンガ周りのホットトピックなセッションのご紹介です。

ある意味今回、最も新しくて、危険にピーキーな、ちょっと今までのマンガ業界に無かった魅力を持っているのが、このセッションの面子です。

IMARTsession: マンガのマーケティングが行く先

株式

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
16

#IMART2019 :(4) 情報爆発後の漫画家たち~新世代のネット巧者とベテランの新境地

(3)のマンガアプリ大座談会×3に続き、今度はネットが当たり前になった現代の、若手~ベテラン漫画家の最前線を語るセッションを2つご紹介します。

IMARTには、多くのマンガ関連企業関係者が登壇していますが、マンガの話を語るなら漫画家の話を聞かないわけにはいきません。

今回は、ネットやデジタル技術を上手く活用し、この広く、ノイジーで、埋もれがちな広大なるネットの海の中で活躍する漫画家たちにフォー

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
4

#IMART2019 :(3) マンガアプリが凄い!って、どう凄いの?最前線揃い踏みセッション×3回

(2)のジャンプの世界戦略~ につづき、IMARTマンガアプリのセッションを3つご紹介いたします。

IMARTのコンセプトは「現場の最前線から、未来を描く」です。

そのため、企画や登壇者人選の際は
・伝統よりも革新
・企業の幹部というより、現場に近い人
・近年新しい取組をした
・これから新しいことをやらかしそう
という観点で、検討をしました。それはもう、悩みました。(本当は、紙関連や同人など呼

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
11

#IMART2019 :(2) 海外でマンガと言えば知名度も海賊版被害も最大級の作品群-ジャンプの海外戦略が語られる凄さ

(1)では、国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima (IMART)全体のお話を説明しましたが、ここからは各セッションのご紹介を続けます。

仕事の関係で「NARUTO」というワードをTwitterツールでエゴサーチしています。それを見ると、Twitterだけでも地球上で24時間ずっと世界中の人が『NARUTO』の話をしているのがわかります。

IMART関係の以下インタビューでも話しまし

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
13

『国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima』の魅力と描く未来とは?:マンガ・アニメ部門 事業ディレクター山内 康裕氏インタビュー!

日経アニメビジネス by COMEMOのインタビューシリーズです。
今回は、『国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima』の事業ディレクターを務める山内 康裕さんに、本イベントを実施した背景や狙いについてインタビューをさせて頂きました!

IMARTとは?
豊島区は2019年、東アジア文化都市開催都市として区内各地で様々な文化事業を行っている。その中のマンガ・アニメ部門におけるスペシャル事業

もっとみる
ありがとーー(アントニオ猪木風
18

#IMART2019 :(1) マンガ・アニメのビジネスカンファレンスを最高出力で開催する

マンガ・アニメの現場で、今までになかった大きな動きが起きようとしています。それをお伝えするため、ここから #IMART2019 のタグで数本記事を投じます。

IMARTとは?

2019年の11/15~17の3日間、国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima (IMART)というイベントが池袋にて開催されます。

これは、元々トキワ荘のあったマンガの聖地豊島区にて、東アジア文化都市2019

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
19