キャプチャ

2020年 年賀状代わり

寒中お見舞い申し上げます。(11月に祖母が大往生しまして、緩く喪中です)

のんびり過ごしてたらご挨拶遅れちゃいました。紙の年賀状辞めます宣言して2年経つのに、賀状いただいた方々申し訳ありません。

2019年は1月に個人会社を作り、夏くらいからフルタイムだったマンガ新聞以外のお仕事をお手伝いするようになりました。

11月には、念願だったマンガアニメのビジネスカンファレンスIMARTを開催することが出来ました。


多くのマンガ・アニメに関する個人法人に参加いただき、各所の課題や展望が話され、共有され、取り組む人々の明るさのようなものが広まった形になったと思っています。

12月より、フルタイムだったマンガ新聞の関与を半分以下にしてもらい、色々始めました。そのうちのひとつが「とらのあな」さんのお手伝いを始めたことです。役割は「デジタル化、海外展開、クリエイター支援」の戦略構築のお手伝いです。

商業マンガのみならず、同人の世界も大きく変わっているタイミングです。特にデジタル化に伴うオリジナル作品重視の傾向や、海外への動きがまだまだこれからであることなど、アーリーと言える分野もまだまだあります。老舗の同人書店とらのあなならではの、出来ることが多くありそうですし、Fantiaというサービスは成長著しく、クリエイターサブスクの橋頭保となりえるような期待が持てます。

そして何より「クリエイターファースト」な考え方を持つ企業文化が非常に私個人にはしっくり来ていて、今後を楽しみにしています。

マンガ新聞は週1くらいで関与が続く予定で、とらのあなも当面は週2日くらいの予定です。今年は他にも色々取組んでみようと、年末年始は色々と考え事してました。

当面は、マンガにおける「デジタルの未成熟分野」「海外」「VR」あたりを中心トピックとしながら、より新しいクリエイター支援やマンガ関連のビジネス周りに関わったり、作っていきたいと考えています。

また、IMARTについては、今年はまだ何も決まってないのですが、同じく取り組みつつ育てていきたいなと考えています。

そんなことで、仕事量も内容も自由度がかなり上がりました。何かありましたら、呼んでください。お茶でも飲みでもサウナでもなんでもござれです。

皆様、今年もよろしくお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

Twitterもやってます!フォロー、よろしくお願いします! https://twitter.com/t_kikuchi いただいたお気持ちは、マンガ関連のシステム開発に使わせていただきます!

ありがとうございます!励みになります!
4
とらのあな新規事業開発担当 マンガの助っ人「マスケット合同会社」の代表(企画・イベンター等請負) 元:トキワ荘pj、京まふ、マンガ新聞など運営。 現:トキワ荘pj/HON.jp/IMART 各アドバイザー  実績詳細:https://mapdate.net/post-0038/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。