AmazonTranscribe

Amazon ConnectとAmazon Transcribeの組み合わせ

こんにちは。

今回は、前回までに作ったAmazon Connectのフローと、Amazon Transcribeを組み合わせて、Amazon Connectでの通話内容をテキスト化してみようと思います。

Amazon Transcribeとは

Amazon Transcribeは、AWSが提供する音声文字起こしサービスです。ユーザが用意した音声ファイルを、自動でテキスト化してくれます。

もっとみる

超高速文字起こし、Amazon Transcribe 60分の音声が、20分で完了

サイトマップ >時短便利ツール

調べ物をしていたら、凄いのを発見 教えて頂いてありがとうございます!

Amazon Web Service(AWS)と AWS の S3を
既に利用されている方が対象

使いやすいだけでなく精度も抜群です。
料金も2時間の会議やインタービューでも300円で済む

関連書籍

サイトマップ >時短便利ツール

もっとみる
スキありがとうございます!是非フォローもしていってね(^^)/
1

面白かった「Webサービス・ツール系」記事まとめ(2020年2月4週目)

2020年2月4週目の、個人的に面白かった「Webサービス・ツール系」の外部記事をまとめました。

動画アスペクト比変更・音声文字起こし・Google Earth・オンラインツール43個・NEUTRINOについてです。

1.動画のアスペクト比を瞬時に変更するGoogleの神ツール「AutoFlip」

まだ試していないんですが、多分これは相当すごいツールです。

わたしも映像編集を手掛けていて、

もっとみる
スキありがとうございます!🙇‍♂️
53

AWSを使って音声データの文字起こし

今回はAWSのサービスのAmazon Transcribeを使って、音声データの文字起こしをしてみました。

これを使えば、会議の議事録なんかもサクッと文字データに起こして笹っと修正するくらいでよくなります。

便利な世の中になったもんですね。。

まずはAmazon Transcribeとはなんぞやってところですが、

まずは公式のページ

音声ファイル(mp3,mp4など)をテキストにすること

もっとみる
ありがとうございますえ!
4

文字起こしという永遠の戦い[Amazon Transcribe編]

文字起こしの自動化について、「コレいけそう」「今度こそ決定版では!?」という期待と落胆を多くのライターや編集者は20年近く繰り返してたことでしょう。

1時間の音声を文字起こしするのに、数時間はかかるし、外注すれば数万円は覚悟しなければならない。
自分が文字起こししやすいような発話をしながら話すというのであれば、Googleドキュメントがそこそこ使えそうな感じになってきたのだけれど(これはこれでも

もっとみる
読んでくれてありがとう、嬉しいです。
7

Amazon TranscribeとSpeech to Text Demo 使い比べ

つい先日のことですが、Amazon Wave Service(AWS)の「Amazon Transcribe」なるものが日本語対応したと聞き。

いよいよ文字起こしの仕事が人からAIに取って代わるか?!と半ば期待・半ば不安混じりな気持ちになっていました。

ていうか、今まで黙々と手入力していたことを機械が代わってくれるなら大歓迎ですよ。

これまで似たようなサービスとして、無料で使えるSpeech

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです!
2

Amazon Transcribe:破壊的な文字起こしのスピードと価格。 60分の音声だと150円で、20分もあれば完了。日本語にも対応。

【主要なアップデート】
(2020.02.04)「7  関連ノート」のセクションを追加
(2020. 01.30)図にImageの番号を追加

こんにちは、Choimirai School のサンミンです。

0  はじめに

機械学習を使って文字起こしを行なっているサービスはいくつかありますが、Amazon Transcribe もその一つです。11月21日から日本語も対象となりましたので、使い

もっとみる
スキありがとうございます!
1,275