陳情アクション

【文例あり】11月中に選択的夫婦別姓について自民党国会議員に声を伝えよう

選択的夫婦別姓に賛成している皆さん、ひと仕事やるときがきたようです。11月中にあなたの選挙区の自民党の国会議員さんに「選択的夫婦別姓に賛成している」と直接or メールでお伝えしませんか?

なぜ「自民党」の「国会議員」に伝えなければいけないの?

選択的夫婦別姓制度には、実は多くの政党が賛成しています。2019年参院選の公約では自民党と維新以外は選択的夫婦別姓の実現を公約にしていました。

自民党

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
135

【意見書/請願・陳情】この国で一番偉いのは国民!困ったことがあったら、市議会に意見書(請願・陳情)を出してみよう!

★今回の動画について★
この国で一番偉いのは国民!困ったことがあったら、市議会に意見書(請願・陳情)を出してみよう!
国民が意見を物申す場は選挙だけじゃありません。
各地にある市町村の議会では必ず請願・陳情を受付けています。
こちらの制度、私は選択的夫婦別姓の要望がある時に、ツイッターの相互フォローをしている方( @fumofumo2shippo )に教えてもらいました!!
本当に感謝、そして自
もっとみる

ご縁!YouTubeにも遊びに来てね★
2

長野県初!上田市から国会へ選択的夫婦別姓について議論を求める意見書が送られます!

本日9月30日、上田市議会の本会議で「選択的夫婦別姓について議論を求める意見書」が可決されました!

異議なしの全会一致。長野県の自治体として初めて、選択的夫婦別姓の法制化に向けた議論を求める意見書を国会へ送っていただけることとなります。

大変ありがたいことにメディアのみなさんにもたくさん取材いただきました…!関係者の方いわく、こんなに多くの方がいらっしゃるのはなかなかないとのことでした。(囲み

もっとみる

パリテ・カフェ@信州と合同勉強会をしました!

9月23日、パリテ・カフェ@信州のみなさんと合同で、選択的夫婦別姓について議員さん向け勉強会を行いました。

パリテ・カフェ@信州:「パリテ」とはフランス語で、男女同数や男女均等という意味です。長野県内で、女性や若者、子育て世代など、多様な意見が反映される議会を目指し、その課題を解決するためのアクションを考えるおしゃべりの場です。

遅い時間にもかかわらず、11名もの議員さんに参加いただきました。

もっとみる

上田市議会 委員会で請願書が採決されました

本日、上田市議会の環境建設委員会で、先日提出した請願書が審査されました。

結果、無事、採択されました!
しかも、委員のみなさん、全員賛成。(ありがたい…)

残すは9月30日の本会議。こちらで可決されれば、「選択的夫婦別姓について議論を求める意見書」が上田市から国会に送られます。長野県の自治体としては初となる見込みです!

「人事を尽くして天命を待つ」状態ではありますが、引き続き応援よろしくお願

もっとみる

上田市議会に請願書を提出しました!

2020年8月28日、上田市議会に請願書を提出しました!請願書のタイトルは「選択的夫婦別姓制度について議論を求める意見書の提出を要望する請願」。上田市議会から国会への意見書提出を要望しています。市議会の9月定例会で議論されることになりました。

当日はお忙しい中、土屋勝浩議長が請願書を直接受け取ってくださり、温かいお声がけをいただきました。

皆さんの熱意に感服している。
勉強会で特に女性の困りご

もっとみる

【随時更新】これまでの活動・メディアでのご紹介状況

選択的夫婦別姓・陳情アクション信州のこれまでの活動とメディアでのご紹介状況についてまとめました。「選択的夫婦別姓・陳情アクション信州ってなに?」という方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

これまでの活動

これまで、各自治体の議員さんへの個別説明を13回行っています。国会、長野県議会、上田市議会、箕輪町議会など、48名の議員さんとお話しさせていただきました。ありがとうございます!(2020年

もっとみる

請願、陳情、意見書ってなに? ご説明します。

私たちは選択的夫婦別姓の実現に向けて、長野県と県内各自治体へ請願・陳情を行い、国会へ意見書を提出していただくことをめざしています。

請願(せいがん)、陳情(ちんじょう)、意見書……聞きなれない言葉だと思います(私たちもそうでした!)。今日はこちらの言葉についてご説明します。

請願、陳情とは

市民が各議会へ意見を伝える方法です。今回、私たちは長野県議会やその他県内の議会に対し、「〇〇議会から、

もっとみる

選択的夫婦別姓・陳情アクション信州のご紹介

はじめまして! 選択的夫婦別姓・陳情アクション信州です。

選択的夫婦別姓の実現に向けて、2020年3月に発足した市民グループです。noteでの発信をするにあたり、簡単に私たちの紹介をさせていただきます。

めざしていること

選択的夫婦別姓とは、希望すれば結婚前の姓を夫婦それぞれが名乗れることです。私たちはこの選択的夫婦別姓の実現に向けて、大きく分けてふたつの活動をしています。

1. 長野県と

もっとみる

目標額達成!ご支援ありがとうございました!と、陳情アクションのこれから

ご支援くださった皆様、心より感謝申し上げます

選択的夫婦別姓・全国陳情アクション事務局長の井田奈穂です。

私たちが2月14日から開始したクラウドファンディングプロジェクト #自分の名前で生きる自由 が昨夜、4月17日(金)23:59に幕を閉じました。

支援総額 7,316,500円

支援者数 のべ1,124人

いやすごくないですか!?? 目標額700万円、本当に実現するとは…と感激してい

もっとみる
嬉しいです!選択的別姓も選択的同姓も皆がHappyになれますように~
46