間抜け落ち

[読む漫才] シュークリーム[仮]◯◯◯を止めるな!(当て書き:ギャロップ)

#オチの直前まで無料
#オチを予想してお楽しみください(6文字)

しゃべくり漫才のうまさは「相槌」で決まる
●漫才における「相槌」はそのときの雰囲気で自然に入れるものなので通常漫才台本には書きませんが,本格的な掛け合いのしゃべくり漫才をイメージできるようあえて細かい「相槌」を書き込んでいます。それが「読む漫才」です。

毛利:僕今度ね
林:はいはい
毛:シュークリーム毛利を始めようと思ってまし

もっとみる
Bコースの漫才に登場するひねり県の県立高校といえば?
1

[読む漫才] 「浴衣ネタまつり」の本番一時間前に急遽やることになったギャロップの新ネタが,今後このように仕上がっていくであろうという予想漫才台本

#無料公開台本
#オチを予想してお楽しみください(3文字)

しゃべくり漫才のうまさは「相槌」で決まる
●漫才における「相槌」はそのときの雰囲気で自然に入れるものなので通常漫才台本には書きませんが,本格的な掛け合いのしゃべくり漫才をイメージできるようあえて細かい「相槌」を書き込んでいます。それが「読む漫才」です。

毛利:ちょっと思ったんやけどね
林:なんですか?
毛:あなたはカツラをね
林:カ

もっとみる
Bコースの漫才に登場するひねり県の県立高校といえば?

[読む小噺] 地球(当て書き:ギャロップ)

#オチの直前まで無料
#オチを予想してお楽しみください(2文字)

しゃべくり漫才のうまさは「相槌」で決まる
●漫才における「相槌」はそのときの雰囲気で自然に入れるものなので通常漫才台本には書きませんが,本格的な掛け合いのしゃべくり漫才をイメージできるようあえて細かい「相槌」を書き込んでいます。それが「読む小噺」です。

毛利:僕時々ねぇ
林:はいはい
毛:「日本に生まれて良かったなぁ」と思うこ

もっとみる
夢路いとし・喜味こいしが「漫才を頼む」と書いて渡した相手はだれ?

[読む小噺] レコード(当て書き:ギャロップ)

#オチの直前まで無料
#オチを予想してお楽しみください(2文字)

しゃべくり漫才のうまさは「相槌」で決まる
●漫才における「相槌」はそのときの雰囲気で自然に入れるものなので通常漫才台本には書きませんが,本格的な掛け合いのしゃべくり漫才をイメージできるようあえて細かい「相槌」を書き込んでいます。それが「読む小噺」です。

毛利:僕は音楽が好きでね
林:好きですねぇあなた
毛:レコードもぎょうさん

もっとみる
和牛の川西賢志郎がなりたい漫才師とは?

[読むカバー漫才] ミルクボーイが夢路いとし・喜味こいしの名作漫才「ジンギスカン料理」をカバーしたら…

#無料公開台本
#オチを予想してお楽しみください(6文字)

しゃべくり漫才のうまさは「相槌」で決まる
●漫才における「相槌」はそのときの雰囲気で自然に入れるものなので通常漫才台本には書きませんが,本格的な掛け合いのしゃべくり漫才をイメージできるようあえて細かい「相槌」を書き込んでいます。それが「読む漫才」です。

駒場:うちのオカンがね
内海:ほうほうほうほう
駒:大好きな料理の名前を忘れたら

もっとみる
Bコースの漫才に登場するひねり県の県立高校といえば?
2

[読む漫才] カウンターしかない国(当て書き:ギャロップ)

#オチの直前まで無料
#オチを予想してお楽しみください(9文字)

しゃべくり漫才のうまさは「相槌」で決まる
●漫才における「相槌」はそのときの雰囲気で自然に入れるものなので通常漫才台本には書きませんが,本格的な掛け合いのしゃべくり漫才をイメージできるようあえて細かい「相槌」を書き込んでいます。それが「読む漫才」です。

林:この間ね
毛利:はいはい
林:ファミレスに行ったんですけれども
毛:フ

もっとみる
和牛の川西賢志郎がなりたい漫才師とは?
1

[読む漫才] M-1グランプリ2019 ミルクボーイの漫才「もなか」にもっと掛け合い漫才感があれば誰もが納得の優勝になった説

#無料公開台本

今年のM-1グランプリは,ファーストラウンドで歴代最高得点を更新し,最終決戦では6票も獲得したミルクボーイが圧倒的な優勝を飾ったようにも見えますが,最終決戦はかなりギリギリだったと思います。最終決戦も点数制だったら,3組とも点数の差はほとんどなかったのではないでしょうか。

ミルクボーイは,ファーストラウンドも最終決戦も同じフォーマットの漫才で,しかも,ファーストラウンドの「コー

もっとみる
漫才をすることによって気分が高揚する現象をなんという?
7

[読む漫才] M-1グランプリ2019 ミルクボーイの漫才「コーンフレーク」の掛け合い漫才感がアップすれば優勝できる説

#無料公開台本

ミルクボーイの漫才は,ツッコミ(のような役割)の内海さんのしゃべりで主に笑いを取るスタイルで,内海さんがメインでしゃべっているときは,ボケ(のような役割)の駒場さんはあまりしゃべりません。

今のままでも十分おもしろいネタなのですが,正統派漫才好きの人からすると,「駒場さんのしゃべる量が少ないのが残念」という印象を受けるのではないかと思います。

「内海さんがしゃべっているときに

もっとみる
チュートリアルの漫才に登場する「近代バーベキューの父」といえば?
16