長期厳選投資

投資家と経営者が「同じ船」に乗る大切さ、受益者と投信会社、ファンドマネジャーが「同じ船」に乗る大切さ

竹川美奈子さんのツイートです。

インベスコ・アセット・マネジメント グローバル資産形成研究所さんの作成された動画です。

「同じ船」と「応援とモニタリング」の仕組みが
自社をより成長させ、社会全体を豊かにする強力な力となる本質を
よく理解している

市民と経営者が公平に「同じ船」に乗れる、乗っていることが大切だ、と説明されています。

船に乗り続ける限り、投資家と経営者は運命共同体、「同じ船」。

もっとみる
最高っす!
3

長期投資で、社会を良くする 【イベントレポート】

こんにちは。NVIC note編集チームです。

今回は、前回に引き続き、6月にSBI証券で開催された個人投資家向けセミナーの模様【後編】をお届けします。

弊社CIOの奥野と、2009年から個人投資家向けに日本株の長期集中投資ファンドを運用しておられるコモンズ投信の伊井社長という日本を代表する長期投資家2人の対談後半では、長期投資の重要性、そしてアクティブファンドが果たすべき役割について語りまし

もっとみる

骨太ファンドマネージャーが語る長期投資の意義 【イベントレポート】

こんにちは。NVIC note編集チームです。

今回は、6月にSBI証券で開催された個人投資家向けセミナーの模様をお届けします。
弊社CIOの奥野と、2009年から個人投資家向けに日本株の長期集中投資ファンドを運用しておられるコモンズ投信の伊井社長という日本を代表する長期投資家2人が対談形式で、長期投資の意義、アクティブファンドの魅力を存分に語っています。

骨太な長期投資家2人が語る白熱!トー

もっとみる

京大生 VS 奥野 【 京都大学特別講義から】

今回は、奥野の講義の最後に行われた学生との質疑応答をお届けします。

日本企業とアメリカ企業

質問者1:
NVICのホームページで投資パフォーマンスを示されていますが、その中で結構日本株ファンドの方がパフォーマンスが良いように見えたんですが、それはやはりアメリカ企業を分析したり、対話するのが難しくてなかなかいい企業を選ぶことが難しいということなのか、それとも、日本とアメリカのパフォーマンスは分け

もっとみる

テキサス・インスツルメンツはなぜ強いのか 【 京都大学特別講義から】

3回に分けてお送りしてきた奥野講義も今回で最後です。

最終回は、前回お話ししたNVICの投資条件を満たす「構造的に強靭な企業®」の事例、そして最も伝えたい「投資の意味とは?」についてです。

テキサス・インスツルメンツへの投資

アメリカのテキサス・インスツルメンツ(以下、「TI」)という会社、ほとんどの人は聞いたことがないかもしれませんが、必ず皆さんのパソコンだとかテレビだとかスマホだとかに入

もっとみる

売らなくていい会社しか買わない投資 【 京都大学特別講義から】

奥野の講義の第2回です。

前回はキャリアの話、人生の話、広い意味での「投資」の話でした。
今回はより狭い意味での「投資」、講義タイトルでもある「オーナー」としての株式投資について語っています。

「投資」と「投機」の違い

これまで話してきたことが大きな意味での投資なんですけど、狭義でいえば企業の「オーナー」になるっていうのが投資だと思います。

先ほど少し触れましたが、世間で持たれている投資の

もっとみる