連珠

わたしから見たスシュコフ

連珠世界チャンピオン経験者のなかで、私から見て異質なプレイヤーなのがスシュコフだ。というのも、他の人達は少なくとも連珠に関しては強烈な個性の塊で、それぞれの特徴を一言で説明するのが容易である。攻めのタイムラ、受けの曹冬、精度の中村など。ところがスシュコフに関してはこれといった特徴が見つけられなかった。どちらかといえば受け寄りだが、そんなに偏っているわけでもない。イージーミスも人並みに見受けられ、連

もっとみる

かざみさん白先追い詰め問題

かざみさんが2020年5月15日に出題された白先追い詰め問題が、解いていて面白かったので、その過程を語ります。

問題は、こちら↓

検討盤(石を並べて検討可能)は、こちら↓

解答は1番下にあります。

↑これが問題図、白先です。

今回は、いつものような(よかったら考えてみて下さい)はナシで、図を挟みながらひたすら、ひとりごとが続きます。予告なくネタバレしますので、自力で考えたい方は読むのを控

もっとみる
これからも書き続けます!
2

メリティーとわたし

メリティーの棋譜を初めて見たのはもう10年以上前の話になる。そのころの私は五目並べはやっていたが、連珠については名称を知って間もないころだった。それまでの自分の常識を打ち破る圧倒的な何かとダイナミックさに魅かれた。このゲームはただの五目並べではないと感じたのを覚えている。私が何かを始めるときはいつもそうで、可能であればその道のトップに最初に触れたがる。連珠はその中でも鮮烈に印象に残った。
それから

もっとみる
ありがとうございます。

上級詰め連珠第240問

(注:前回の出題が第239問でしたので、今回取り扱う問題は、第240問です)

さて今回はどんな問題でしょうか?次々と良問が出てくるので、毎回ワクワクしますよね?私も同じです。

解答は1番下へ。

(よかったら考えてみて下さい)が4回出てきます。気楽に読んで、気になったところで考えてもらえたら嬉しいです。

問題はこちら↓

連珠ポータルで並べた盤面(石を置いて検討可能)は、こちら↓

↑これが

もっとみる
これからも書き続けます!
6

セルフロックダウン7週目

久しぶりの投稿になってしまった。変わらず過ごしてはいるが後になったら忘れてしまうので備忘録として残しておかなきゃ。

続けてること、続かなかったこと、始めたこと、やらなくなったこと、色々ある。

・徒歩出勤
三食きちんと食べるようになって太ってしまった。ので運動不足と気晴らしのために徒歩でいっぷくに向かうようになった。普段歩かないのでめちゃくちゃ疲れる。最初の方は一日で筋肉痛になった。いつまで続く

もっとみる

上級詰め連珠第239問

出題から時間が経ってしまって、すみません。待ちきれずに解いた方がたくさんいるかもしれませんね。仲間が増えて、良かったです!

解答は1番下にあります。

(よかったら考えてみて下さい)が5回出てきます。気楽に読んで、気になったところで考えてもらえたら嬉しいです。

問題はこちら↓

連珠ポータルで並べた盤面(石を置いて検討可能)は、こちら↓

↑これが問題図、黒先です。

初めに、黒の連と剣先に注

もっとみる

五目並べの達人VS6級

対局開始!

よろしくお願いします!(自分黒)

え??

そんなトコ打っちゃうの?💦

えっと…

とりあえず四を作って…

お相手全然守ってこない!?

ドユコト❔

三で攻めてきた

ん?



!?!?!???

三三

負けた…(泣)

もっとみる
ありがとうございます。

一番好きで、一番わからない局面〜PlayFiveトーナメント参戦記〜

2020年5月3日、playfive.netというチェコのサイトのオンライン連珠トーナメントに参加した。連珠界もすっかりcovid-19のせいで内外の大会が中止になり(本来ならこの日はスウェーデンに行ってチーム世界戦に出るはずだったのに!)、オンラインの動きが活発になっている。このトーナメントは気楽に参加でき、初心者からトップクラス(汪清清やエピファノフ、アイボなど去年の世界選手権で活躍した人たち

もっとみる

五目並べ(連珠)のルール

「五目並べ」というゲームを知っているでしょうか。
わりと、一回くらいはやったことがあるという人が多いのでは。
イメージとしては、「囲碁みたいなマルバツゲーム」(全然違うゲームだけど)。
囲碁の盤に似た(正式にはちょっと違う)盤に黒と白の石を並べていくあれです。マルバツゲームの五個並べるバージョンといえばわかりやすいでしょうか。

しかし、この「五目並べ」が囲碁や将棋のように競技として存在していると

もっとみる