逆修塔

奈良県内の石造物⑲:知足院五輪塔(成身院光宣逆修塔)



名称:知足院五輪塔

伝承など:成身院光宣逆修塔

所在地:奈良県奈良市雑司町 知足院裏の興福寺墓地

知足院は東大寺の塔頭で、正倉院を北に進んだ所にある。

この知足院の裏には一乗院など興福寺の塔頭寺院の墓地があり、その中に成身院光宣の逆修塔もあり、興福寺の墓地内にあるものの一般的には知足院五輪塔と通称される。

成身院光宣は大和の筒井氏の出身で、興福寺の僧侶となった人物で、晩年には畠山政長

もっとみる

北関東の石造物㉛:石上寺五輪塔



名称:石上寺五輪塔

伝承など:慶秀の墓

所在地:群馬県高崎市三ツ寺町 石上寺

現在は合併して高崎市の一部になっている旧群馬町の三ツ寺にある石上寺は、元々は箕輪城下にあり、戦国時代の箕輪城主・長野氏ゆかりの寺院である。

後に末寺である宗慶寺と合併し、現在の場所に移った。

境内の墓地内の世代墓地には、宗慶寺の開山である慶秀の墓と、三世住職の逆修塔がある。

向かって左側が慶秀の墓で明徳三

もっとみる

京都府内の石造物⑰:今熊野観音寺層塔、宝塔、五輪塔(伝・藤原忠通、藤原長実、慈円の墓、島津義久逆修塔)



名称:今熊野観音寺層塔、宝塔、五輪塔

伝承など:藤原長家、藤原忠通、慈円(以上宝塔)、島津義久逆修塔(五輪塔)

所在地:京都府京都市東山区泉涌寺山内町 今熊野観音寺

泉涌寺の塔頭の一つである観音寺は、「今熊野観音寺」と通称され、寺伝では弘法大師空海の創建と言う。

本堂に向かって左に建つ寺務所の前に、古様の三重の層塔が建っており、寺伝ではこれを創建当初のものとしている。

平安初期までは

もっとみる

近畿地方の石造物⑫:宝林寺宝篋印塔(赤松則祐逆修塔)



名称:宝林寺宝篋印塔

伝承など:赤松則祐逆修塔

所在地:兵庫県赤穂郡上郡町河野原 宝林寺

上郡町の宝林寺は、南北朝時代に足利方の有力武将として活躍し、室町時代における赤松氏隆盛の基礎を築いた赤松円心が開いた赤松氏の氏寺で、居城の白旗城にも近い場所にある。

境内には、赤松円心の子でその後を継いだ赤松則祐の逆修塔と言う宝篋印塔がある。

二基並ぶ宝篋印塔の向かって右側の塔(二枚目)が則祐の

もっとみる

北関東の石造物⑪:東光寺宝篋印塔(発智為時逆修塔)



名称:東光寺宝篋印塔

伝承など:発智兵部左金吾為時逆修塔

所在地:群馬県沼田市上川田町 東光寺

沼田市上川田の東光寺は上川田城跡の一角にあり、上川田城主発智氏ゆかりの寺院である。

本堂から上った所にある墓地の中に、二メートルを超える大型の宝篋印塔が建っているが、これは上川田城主の発智為時の逆修塔で、南北朝時代の応安二年銘があり、完形の在銘宝篋印塔として貴重である。

発智為時は、桓武平

もっとみる

近畿地方の石造物⑦:高野山奥の院石田三成逆修塔



名称:高野山奥の院石田三成逆修塔

伝承など:石田三成の逆修塔

所在地:和歌山県伊都郡高野町 高野山奥の院

高野山の奥の院に建ち並ぶ大名家や戦国大名の墓石は、大半が五輪塔であるため、例外的に奥の院の石塔だけは通常と異なり、被供養者の名前を名称としたい。

まず最初に紹介するのが、石田三成の墓と称される五輪塔である。

奥の院の標柱には墓所とあるが、厳密には逆修塔と呼ばれるもので、生前供養の

もっとみる

九州・四国地方の石造物②:西安寺五輪塔群(相良氏墓所)



名称:西安寺五輪塔群

伝承など:山北相良氏墓所

所在地:熊本県玉名郡玉東町 西安寺跡

熊本県は通潤橋を始めとする石橋や、熊本城の雄大な石垣など「石文化」が根付いた地であるゆえか、石造物の宝庫でもあり、また古いだけでなく地方色豊かな石塔が多いこともあって、石造物ファンには非情に興味深い場所である。

そうした熊本を代表する五輪塔と言えるのが、玉東町の西安寺跡の五輪塔群であろう。

鎌倉時代

もっとみる