訂正とお詫び

【ono no note Vol.49】意志薄弱とかではないです、な話

昨日、書くことに迷ったら写真のことについて書こうと決めた。そうです、決めたんです。でも、今日は写真のことについて書くことができません。

皆さん!僕のことを意志薄弱な奴だと思わないでください!!!

弁明させてください。

今日は写真のことについて書こうと思っていたんです。その為に写真を撮って、編集して、僕はこう思っているとか、ここが気に入っているとかそんな話をしようと思っていたんです。

ところ

もっとみる
素晴らしい1日を!
5

南極生活19日目

以前書いた南極生活11日目で、フェルト羊毛生活をさぼり、南極っぽいペットボトルのラベルを石に張り付けた件に関して、お詫びと訂正。

やっぱりこっちにしておきます。すみません。

だって見た瞬間にこれや!って思ったんだもん。

もっとみる
一に南極、二に南極、三四がなくて、五に南極
1

猫だんなの単勝勝ち逃げ・データ再度訂正です。

昨日、今年の5月(必然的に本年度も)の回収率の間違いを訂正しましたが、表記をまたまた間違えてます。本当に恥ずかしいです。重ね重ね申し訳ありません。 5月の訂正後の数値は合ってます(年度数値もあってます)。しかし、、、訂正前の数値を166.67%と書いてます。コレは間違いです。

今年の6月含め、昨年からの他の的中率:回収率はあってます(年度総合含め)。今年の5月だけ以下の様に訂正です。

5月の回

もっとみる
ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。
1

猫だんなの単勝勝ち逃げ・過去データ訂正です。

本年度5月の回収率に計算ミスがありました。

従って年間総合回収率も変わってきます。

訂正し、お詫びします。

参考までに、的中率は合ってます。

以下、訂正部分と、改めて、今年のデータを全部載せます。

昨年分は、前の記事のままですので割愛します。

    2020.06.07 終了時点。
 回収率を以下に訂正

   5月          166.67% → 110.00%
2020

もっとみる
ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

記事の訂正とお詫びについて

日ごろは、拙文をお読みいただき感謝いたします。

さて、昨日の記事「松浦弥太郎『おとなのまんなか』を読んで」の中で、松浦さんのお名前を2カ所間違っていたことに気づきました。

ご本人に対して大変失礼をいたしましたことと、記事をお読みいただいた読者の方々に混乱を招いてしまったこととあわせ深くお詫び申し上げます。

本文の方は訂正させていただきましたが、今後このようなことのないように注意してまいります

もっとみる
嬉しいです!
2

【お詫び】クトゥルフ神話TRPG:肉体は飾り

弊サークル「つゆだく邪神丼」がC97にて頒布しました、
クトゥルフ神話TRPGシナリオ「肉体は飾り」(天珠制作)
に修正1点、文章不足による不備2点がございましたので、
こちらのPDFにて訂正させていただきます。

イベント及びイエローサブマリン様にてご購入された方々には、
この場を借りてお詫び申し上げます。

ネタバレも含まれますので、
シナリオご購入者のみご確認いただけますと幸いです。
大変申

もっとみる

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)関係なく、日本は年々死にやすい国になっていたという統計データ。

どうもナバターです。

何か日本では、緊急事態宣言解除の話題が出ていて、早くも収束ムードが高まってきています。

現実よりムードを優先するのは、国民性かそれとも人間の特徴なのか・・・

そういえば、この間、noteとYouTubeで世界の致死率2.5%程度で10年ほど安定しており、さして新型コロナウイルスは怖くはないと発信したのですが、世界の致死率2.5%というのは間違いで、正確には0.77%(1

もっとみる
他のnoteもよければ、どうぞ~。
1

【訂正情報】以前話した「Fertility rate」の誤訳と勘違いに関して。

誤訳サイトの情報を元に話していたので、訂正情報を出しました。

正確には、Mortality rate や Death rateが致死率という概念に近いと思います。

またこれらに関しては、改めて研究しようと思います。

いつもいいね!ありがとうございます。
3

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)はイメージほど怖くないのではないか。

どうもナバターです。

日本である程度落ち着くまでは、このインチキパンデミックを扱っていこうと思います。

この”インチキパンデミック”という表現は、大丈夫なのか少し心配だったのですが、どうやら削除対象にはならないようです。

いまのところ、ネット情報の規制はそこまで進んでいないということでしょう。

今回の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ですが、当初は致死率の高さと感染力が非常に強いと

もっとみる
noteマガジンの方も購読よろしくお願いします。
1

お詫びと訂正

昨日書いたnote。

鴨ごはん

鴨ではなく、七面鳥だったそう!
七面鳥はクリスマスに食べたことあったけど、わからない味オンチが具合…

お詫びして訂正します。