【シドニー通信】親知らず抜きました。

アケオメ〜。というか、それどころではなく、最悪のタイミングでこれまで大人しく寝ていた、親知らずが暴れだしまして、史上最悪の年越しとなりました。

沖縄県浦添市最大のスラム街「屋富祖」のやぶ歯医者には「まだ、大丈夫、次帰ってきたときに入院して一気に抜けばいいさ〜」と呑気なことを言われていたので、余裕ぶっこいてましたが、年末の一番忙しい時期に、、、、合計1000ドルぐらい(レントゲン2回、抜歯、抜糸)

もっとみる
ありがとうございます。
1

嗚呼、親不知。

昨日の夜中、奥歯に激痛が走った。
ドリルでガリガリ歯を削られているような感覚。
とても眠れるものじゃない。嗚呼…これが虫歯か…。
歯は丈夫な方だったので、検診でもめったに引っ掛かる事はなかったが遂にこの時が来てしまった。

結局、あまり眠れることのないまま朝を迎え、すぐに近所の歯科に電話をし、検診してもらう事となった。
そこで判明したことが痛みの原因が「親不知」であるということ。生え方が悪い事はも

もっとみる

親知らずとの戦い 後日談

あの戦いはまだ終わっていなかった。
親知らずは抜けたものの、止血が上手くいってなかったみたいで、抜いた後のところをぐりぐりされました。そうは?と先生は言ってました。帰ってきたけど、麻酔が切れてきて、痛いです…
はやく治って欲しい、切実に!🦷🥺

親知らずとの戦い 決着編

ついに、親知らずを抜いてきました~💫
今回はちょっと手強かったみたいで、抜く時ごりごり、すごい音がした。抜いた後も少し痛い。

抜いた歯を見せてもらって、思ったより大きくてしっかりした歯でした。(*`ω´)フフン
子供は持って帰る子が多いらしいですが、私は今回もお断りさせていただきました🦷

かたいものが食べられないので、今日は、最近はまっているダシ茶漬けを食べよう。ふつうのお茶漬けより好きか

もっとみる

親知らずほど怖いものはない

知らないうちに生えてくる「親知らず」。わたしはそもそも歯医者が嫌い。予防接種を控えた子供のように、歯医者への一歩が踏み出せない。

虫歯はたぶんない。なぜ「たぶん」かと言うと、数年、歯医者に行ってないからだ。歯医者はヤバい。なんて言うんですか、あの「スケーリング」とか言うやつ。前回、親知らずを抜いたときに治療の最後にそれをやったんだけど、知覚過敏も身には恐ろしく辛い。情けないんだけど、最後の最後ま

もっとみる
あなたにもいいこと、ありますように⭐️
4

ハンターバスターまであと少し

今日は歯医者に行ってきた。

10年前から削っては詰め、削っては詰めを繰り返してた前歯に限界が来たらしく、華々しいセラミックデビューをしたのは去年のボーナスあとの話。
華々しいとか言ってないと、社会人5年目のフトコロには痛い出費だった。

さて、社会人5年目ともなると、歳を重ねるごとに自分でなんでも決められるようになり、単調な日々に刺激を求めるなどし始め、全く何も考えずに親知らず抜歯の予約を取り付

もっとみる

親知らずとの戦い

今日は歯医者にいってきた。
初投稿が歯医者の話なのか、と思うけど、気にしない🦷

歯の右上の奥、親知らずが痛み出した。
正確に言うと、まわりの歯ぐきや頬を刺激して傷や口内炎になって腫れてめちゃめちゃ痛い!
関連して頭や喉も痛み出した。
3ヶ月程前、同じ理由で左上の親知らずを抜いた時に一緒に抜いてもらえばよかった…
こんなになるまで放置して…あほや〜

腫れが引いてから親知らずを抜くことになった。

もっとみる

親知らずを抜いた件

真横に埋まってる親知らずのせいで手前の歯が虫歯になってしまって親知らず抜かないと被せものも出来ない状態になってしまったんですよー

なので何ヵ月か待って大病院で抜いてきましたよ

切開して砕いて引っこ抜いて

もういっそのこと殺してくれー!!!ってくらい痛かった

麻酔4回打ったわ

しかも僕人より嗚咽が酷くてちょっとでも舌とか触れるとオエッてなるから更に大変だった

来月は反対側もやるんだけど

もっとみる

下の親知らず抜いてから抜糸までレポ

こんにちは、ビヲです。
ついに下の親知らずが虫歯になってしまったので年末に抜歯しました。
人生で2回しかなさそうな経験だったので、もう一本残した親知らずのことも考え、抜糸までの1週間をnoteにまとめてみます。

1日目(抜歯当日)

16時半から開始で、お会計まで終わったのは17時15分頃。
大体45分位。今回抜いたのは斜めに生えて半分埋まった親知らず。

塗る麻酔(痛くない)をしてから歯茎の感

もっとみる

2019年もおわり。

今年、元号が変わってしまいました。

平成生まれの私としては、令和になってしまい、とても寂しい気持ちです。

そんな令和元年、昨年より多くの親知らずを抜歯しました。

多くのことを勉強し、知識的にも技術的にも成長できたかなと思います。

2020年は、より成長し、読んでいただいている方にも、多くの情報を知っていただけるように頑張っていこうと思います。

2020年もよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!