腹を割って話すナイト

わたしの想ひ⑤(つぶやき)


1/18は親友の誕生日でした!
その親友ちゃんは、高校が一緒で、同じくらいに東京に上京した仲で、かれこれずっと仲良くさせて頂きました。
その子はA型で、わたしはO型なので性格のバランスがとれた仲かな、と思っています。^_^
なので今でも二週間に一回は会って遊ばせてもらっています!

その子に対して実はずっとひきずってる事があります。
面白い事なので書かせて頂きます。

ある元旦の日、小

もっとみる

腹を割って話すナイト ~藤村・嬉野と振り返る2019年~

今月もお届けいたします、月刊マガジン『Wednesday Style』。

このマガジンでは、『水曜どうでしょう』ディレクターの藤村・嬉野両氏がお送りするトークイベント『腹を割って話すナイト』をもとにした記事をお届けしています。

12月号では、両D陣がお客さんと一緒にお酒を飲みながら、2019年を振り返るという一足早い忘年会を開催!その模様をお届けします。

第一部の藤村Dパートでは、12月25

もっとみる
なんでそんなにスキ増えたんだよー
37
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(04:43)は購入後に視聴できます。

腹を割って話すラジオ、12月号。
今回はnote振り返り編。

3月から始まった「腹を割って話すナイト」や『Wednesday Style』について、お二人が感想をお話されています。
・「腹を割って話すナイト」の意味
・対談された方々について
などなど。5分程度の短い音声ですので、ぜひ対談記事と併せてお楽しみください。

それでは皆様、良いお年を!

スキいっぱいあんじゃん
19

本筋から逸脱した先にも、面白さや幸せが待っているかもしれない。

どう考えてもテレビとしてはおかしいので、製作陣が笑ってしまう現場。



T木:
では、第二部を始めさせていただこうと思います。『水曜どうでしょう』ディレクターの嬉野雅道さんですー!

会場:(拍手)

嬉野:
はい。なんか、藤村さんパートは、いい話があったじゃないですか。

T木:
いや、面白かったですよね。

嬉野:
「『水曜どうでしょう』において、カメラは荷物でしかない!」っていうね。

もっとみる
こっちから日が差してるから… スキです
44

ディレクターが番組の中に入ったら、画面から嘘がなくなった。

藤村Dが熱弁していたラグビーの面白さ。



T木:
『腹を割って話すナイト』は、これまで1年くらいやってきました。ここのnoteさんの会場でも何度もやらせてもらってますし、大阪でも開催しました。

藤村:
札幌もね。

T木:
そうですね。前回は、ついにHTBの本社でやらせていただきました。

そうやって1年ほどやってきたことにかこつけて、今年を振り返ろうじゃないかというのが、今回の主旨です。

もっとみる

『Wednesday Style』に関するお知らせ。

こんにちは。『Wednesday Style』編集部です。

今年の3月より開始した月刊マガジン『Wednesday Style』、これまで多くの方にご購読、またお読みいただいてきました。
3月のカツセマサヒコさん対談から始まり、「SNS界の巨人」(SHARPさん、たらればさん、ヤンデルさん)の皆さんやヨーロッパ企画の上田誠さんなど、多様な「無」責任編集長と藤村・嬉野両D陣との対談やコラムなどをお

もっとみる
スキでした
35

【11月号対談再掲】SNS時代の不安と分断を埋める「日常」と「笑い声」の力。

皆様こんにちは。『Wednesday Style』編集部です。
今月も、12月よりご購読いただいた方向けに11月号対談を再掲いたします。今月はご購読いただくことでヤンデルさんとの本対談記事に加え、今月公開予定の『Wednesday Style』特別編、藤村・嬉野Dのひとり語りと、音声コンテンツ「腹を割って話すラジオ」をお楽しみいただけます。
※本記事は2019年11月号の記事と同じものです。お買い

もっとみる

【11月号対談再掲】僕らは、みんな死ぬ。だから答えのない旅に「共感」と「生きがい」を持っていく。

皆様こんにちは。『Wednesday Style』編集部です。
今月も、12月よりご購読いただいた方向けに11月号対談を再掲いたします。12月はご購読いただくことでヤンデルさんとの本対談記事に加え、今月公開予定の『Wednesday Style』特別編、藤村D・嬉野Dのひとり語りと、音声コンテンツ「腹を割って話すラジオ」をお楽しみいただけます。
※本記事は2019年11月号の記事と同じものです。お

もっとみる
こっちから日が差してるから… スキです
20

腹を割って話すラジオ11月号

こんばんは。こんな遅くにすみません。
腹を割って話すラジオをお届けします。

思わず熱くなった30分、珈琲やお酒のおともにお楽しみください。

スキいっぱいあんじゃん
24

僕らは、みんな死ぬ。だから答えのない旅に「共感」と「生きがい」を持っていく。

見たものにストーリーを乗せて話すと、聞き手にも情景が伝わっていく。

T木:
お待たせいたしました。第1部がずいぶん押しましたので、休憩というほどの休憩もありませんでしたが、これから第2部を始めさせていただきたいと思います。

もうほとんど見えているので、改めて呼び込む必要もなさそうですが、『水曜どうでしょう』ディレクターの嬉野雅道さんと、ヤンデル先生です!

会場:(拍手)

嬉野:
よろしくお

もっとみる
なんでそんなにスキ増えたんだよー
92