社会投資家

社会投資家という生き方~NPO、社会起業家を応援する「伴走者」として

社会投資家という生き方~NPO、社会起業家を応援する「伴走者」として

こんにちは。パブリックマインドの岩崎です。僕は、自分の職業として「社会投資家」を目指していきたいと思っています。「社会投資家」というのは、すでに色々な方が提唱されている概念かもしれませんが、一般的には聞き慣れない言葉かと思います。 僕が目指す「社会投資家」とは、いったいどういう職業なのか、どのような生き方を目指すのか、ご紹介したいと思います。 ソーシャルセクターの実態 僕は、コロナ禍をきっかけにして、「誰かのためになりたい!」気持ちがフツフツと湧いてきまして、NPO団体

スキ
9
『真・億万長者思考 貧乏・無理心中・無期停学・銃まで向けられた少年が「起きた出来事をすべてプラスに解釈する」と決めたら幸せなお金持ちになった』著者:竹井佑介さん 学んだまとめ

『真・億万長者思考 貧乏・無理心中・無期停学・銃まで向けられた少年が「起きた出来事をすべてプラスに解釈する」と決めたら幸せなお金持ちになった』著者:竹井佑介さん 学んだまとめ

今回のschooの授業は! 投資で稼いで世の中に貢献する「社会投資家」に学ぶこれからの生き方 2021年1月20日 水曜日 21:00 ~ 22:00 竹井佑介先生 ほんとに海外で銃を向けられた! 社会投資家ってなに? 投資は通して得たお金で社会貢献をしている 社会投資家になろうとしたきっかけは? インド旅行をしたときに、インド人に「なにがほしい?」って聞いたら「お金」と答えた お金があればいろいろできると感じた。 生まれたところが・・・ 困ったら、みん

スキ
1
社会起業家を支える、社会「投資家」の本気のあり方(山中礼二)

社会起業家を支える、社会「投資家」の本気のあり方(山中礼二)

2019年に出版10周年を迎えた『国をつくるという仕事』の著者であり、貧困のない世界を夢見て23年間奮闘してきた元世界銀行副総裁・西水美恵子さんとの対話会を、英治出版にて同年11月14日に開催しました。 世界中で貧しい人たちのもとを徹底的に歩き、彼らの盾となって権力者たちと戦い、世界銀行という巨大組織の改革に挑んだ西水さんの言葉や姿勢から、参加者は何を感じたのか──。 参加者の一人であり、社会課題を解決する可能性を持ったベンチャーに対して「社会的インパクト投資」を行う山中

スキ
30