知財活用

サービス・ドミナント・ロジックと知的財産

 ムサビの学生生活も2年目を迎えようとしていますが、この一年で特に印象深い学びの一つであるサービス・ドミナント・ロジック(S-Dロジック)と、自分の専門分野である知的財産の関係について、頭の整理をしておきたいと思います。 1. はじめに 意外にマイナーなので初耳という方が少なくないかもしれませんが、2004年に米国のマーケティング学者、Robert F.LushとStephen L.Vergoが提唱した、従来のマーケティングの枠を超えた新しい理論が、「S-Dロジック」です。

スキ
3

知財活用スチューデントアワード

新聞の記事を読んだのですけど、なんだか面白そう。 主催はOpen Patent Innovation Consortium(略称:OPIC)    (西武信用金庫 (一社)さいしんコラボ産学官 静岡県産業振興財団) 富士通さんとイトーキさんが持っている特許を活用し、アイデアを募集して商品化を図るというもの。 ホームページはこちら 開放特許という言葉を初めて知ったよ。 たしかに、色んな企業で活用した方が社会の為になるって技術もあるものね。 その開放特許を、学生た

スキ
3

原稿料気にしてたら原稿料なくても死なない漫画家になってた - [note生活|営業□報]

■トピックス *「“漫画家の原稿料は安い”みたいな話をしていたクセに、なんで1円も原稿料が出ないnoteで連載できるの?」という質問に対する回答です。 《お金は汚くない対価だとハッキリさせたい》(2015/2/18) 《3年前の理想が本当に叶っている》 《一番大きい利益は権利》(2018/7/5) ■このシリーズの概要 もともとは「他人が努力して蓄えた情報を無料で聞くわけには!」「質問に答えさせて時間を取るなら対価を払いたい!」という誠実な主義を持つ同業者の友人たちに

スキ
6
有料
555