現代語俳句の会

二百文字句日記 デュアルコアプロセッサー

どんどん溜まる洗濯物。

どんどん増えていく空のペットボトル

1日が過ぎていくのは早すぎて

休日なんてあっという間

デュアルコアプロセッサーのオイラの脳みそでは

同時に処理できることはせいぜい2つくらいで

明日の仕事と

たくさんのやらなきゃいけない雑用と

それらを2つ並べただけで精一杯だよ

掃除をしないといけないなって思ったり

観葉植物に水をあげないといけないなって思ったり

もっとみる
スキありがとうございます。拡散してくれると嬉しいです
2

低気圧頭痛告げるは冬の雨

季語:冬の雨(三冬)
ていきあつずつうつげるはふゆのあめ

天気と体調

小児喘息だった小学生のころ、雨の降る前々日くらいに必ず喘息発作が起きていました。天気予報は晴れでも、「発作が起きているのだから絶対雨が降る」と断言できるほどの精度でした。

今は喘息発作は起きませんが、天候が崩れる前から身体がだるくなり頭痛が起きます。相変わらずその精度は天気予報より正確です。地震や火山噴火の前ブレに野生動物

もっとみる
サンキューです!
46

ブラックフライデーどこに消えたかプレミアム

季語:ブラックフライデー(初冬?)

ぶらっくふらいでーどこにきえたかぷれみあむ

いろいろなサイトを見て回っていると、「ブラックフライデー」の売り出し広告が目を引きます。その後は「サイバーマンデー」というのも続くらしく、Amazonは連続5日もセールをするそうです。

安くいいものが購入できるのは、魅力的です。元々は何か由来があって始まった習慣らしいのですが、それよりも安売りキャンペーンとして定

もっとみる
\(^-^)/
37

松の木よ菰巻き加減いかがかな

季語:菰巻き(仲冬)

まつのきよこもまきかげんいかがかな

菰巻きの目的

菰巻き(藪巻きともいう)は、幹に藁で編んだむしろを巻きつける、江戸時代から続く松の冬支度です。防寒対策に見えますが、松の木の防寒対策ではありません、松の木に巣食う害虫のための防寒対策です。

寒くなると害虫たちは、地面に降りて枯葉や土の中で冬を越します。地上に向かう途中に菰を巻きつけ、その中で虫に越冬させます。暖かくなり

もっとみる
\(^-^)/
38

大根よ葉つき求めてまた次へ

季語:大根(三冬)

だいこんよはつきもとめてまたつぎへ

スーパーで売っている野菜は、たいてい見栄えよく新鮮に見えるように陳列されています。野菜コーナーにミストを噴霧させ、みずみずしさを強調するような設備も見かけます。調理に便利なカット野菜などもあり、わたしも重宝させてもらっています。

利便性の向上か食生活の変化によるものか、見かけることが少なくなったもののひとつに葉つきの大根があります。八百

もっとみる
サンキューです!
34
ありがとうございます!また遊びに来てくださいね♡♡
18