現代語俳句

生きてこそかずかぎりない草の花

季語:くさのはな( 三秋 )

俳句は余情をたのしむ文芸です
草の花は、秋に咲く草々の花のことです

サポートいただいた皆様へ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句は
ご自身のnote記事や作品のなかで
ご自由にご使用いただけます

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 作者名 ◇
記事内のどこかに
俳句:草笛
などお書き添えください

◇ 著作権 ◇

もっとみる
過去記事もよろしくお願いいたします
23

コンビニへ釣瓶落しよ急ぎ足

季語:釣瓶落し(三秋)

こんびにへつるべおとしよいそぎあし

季語|釣瓶落し

鶴瓶ではありません。釣瓶です。

釣瓶とは井戸の底から水を汲み上げるための容器です。ロープの一方に水を汲むための釣瓶を括り付けられており、井戸の上に作られた滑車を経由した手元のロープを引いたり緩めたりして釣瓶を上下させます。

ロープを緩めれば釣瓶は井戸に落ちてゆき、中に水が入ります。ロープを引けば、釣瓶が上がってき

もっとみる
あなたにも、いいことがありますように…
26

国じゅうがこころやすめよ十三夜

季語:じゅうさんや( 晩秋 )

俳句は余情をたのしむ文芸です
今夜は十三夜、月見をするならわしの夜です

サポートいただいた皆様へ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句は
ご自身のnote記事や作品のなかで
ご自由にご使用いただけます

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 作者名 ◇
記事内のどこかに
俳句:草笛
などお書き添えください

◇ 著作

もっとみる
過去記事もよろしくお願いいたします
49

とびが舞う都市まんなかに大枯野

季語:かれの( 三冬 ) とび ➠鳶

俳句は余情をたのしむ文芸です
枯野は、草の枯れはてた野はらのことです

サポートいただいた皆様へ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句は
ご自身のnote記事や作品のなかで
ご自由にご使用いただけます

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 作者名 ◇
記事内のどこかに
俳句:草笛
などお書き添えください

もっとみる
気分よい1日を✨
37

おおぞらにおおうなばらに秋の虹

季語:あきのにじ( 三秋 )

俳句は余情をたのしむ文芸です
夏の虹は鮮烈でたくましく、秋の虹は儚げです

サポートいただいた皆様へ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句は
ご自身のnote記事や作品のなかで
ご自由にご使用いただけます

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 作者名 ◇
記事内のどこかに
俳句:草笛
などお書き添えください

◇ 著作

もっとみる
詳細プロフィールご覧いただけましたか
42

嶺みねよ摘んでもつんでも菊日和

季語:きくびより( 仲秋 )

俳句は余情をたのしむ文芸です
菊日和は、菊の花が咲くころの良い日和のことです

サポートいただいた皆様へ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句は
ご自身のnote記事や作品のなかで
ご自由にご使用いただけます

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 作者名 ◇
記事内のどこかに
俳句:草笛
などお書き添えください

もっとみる
ご覧いただいてありがとうございます✨
49

スマホ見てさがすバーチャルハロウィンか

季語:ハロウィン:晩秋(掲載されていない歳時記も多い)

すまほみてさがすばーちゃるはろうぃんか

スマホで流行るバーチャルゲーム

「Pokémon GO(ポケモンゴー)」というスマホゲームがある。数年前だがニュースで話題になったので、記憶にある方も少なくないと思う。現実の街中にGPSを利用してポケモンの存在する場所を設定し、ユーザーはスマホ画面を見ながら現実の街中でポケモンを探して捕まえるゲー

もっとみる
嬉しい!!
27

俳句 〜現代語で俳句を詠む活動を通じて何がしたいのか〜

noteでは毎日、現代語を使って詠んだ俳句作品を発表しています。

また現代語俳句についてのエッセイもこれまで多少ですが書いてきました。

『現代語で俳句を詠む活動を通じて何がしたいのか』

現代語で俳句を詠む活動を通じて、結局のところ何がしたいのかについて少し書きます。

まず「俳句の現代語化とは何か」を大まかにというと、「現在から過去に向けて詠まれている俳句」が、「現在から未来に向けて詠まれる

もっとみる
マガジンで句集もお読み頂けます
52

【自由律俳句】四葉の栞

●良かったやっぱり好きだった

●ラッキーカラーのピアスに替える朝

●四つ葉の栞が物語はまだ続くよと知らせてる

よもやスキをいただけるなんて
4

絵を描いてつぎの秋またつぎの秋

季語:秋( 三秋 )

俳句は余情をたのしむ文芸です
四季が100回巡ると人生も終わり、大変短く感じます

サポートいただいた皆様へ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句は
ご自身のnote記事や作品のなかで
ご自由にご使用いただけます

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 作者名 ◇
記事内のどこかに
俳句:草笛
などお書き添えください

◇ 著作

もっとみる
マガジンにも力をいれています📕
48