猫化

猫化する ~3行短文リライト企画参加中🎵~

やさしい 日だまり まったり おひるね
なまみの からだも とつぜん モフモフ
あなたに あまえて アマガミ だいすき

やすこさんの3行文リライトチャレンジ企画に参加しました😆
私の作った『猫化する』をリライトしてみました✨
初心者並ですが、参加して楽しかったです🎶

マガジン『猫化する』をこちらからご覧いただけます❗

https://note.com/kitaru019ul/m/m6d2

もっとみる
とても嬉しい🎶
32

猫化~番外編④~

ご主人様を
ロシアンブルーに猫化する。

玄関の扉を開けると
いつも出迎えてくれる。
ゆっくり近寄り
『お帰り』のすりすり。

抱き上げると
少し甘えて
私の胸に頭を
グリグリした。

着替えとお風呂を済ませ
部屋に静かに戻ると
私の枕を占領していた。
『ここ俺の定位置』
『誰にも譲れない』

クスッて笑いながら
あご下を撫で撫でした。
ゴロゴロと喉を鳴らして
喜んでくれた。

ずっと一緒に居たい

もっとみる
ありがとう❤
17

猫化⑫

今日は、
少しイライラする私に
マタタビ粉をくれた。

少し気持ちが落ち着き
お気に入りの爪研ぎで
カサカサと音を立てた。

ご主人様は、
私を優しく撫で
そっと抱き締めてくれた。

長い憂鬱なときで
ご主人様は疲弊しているはずなのに。

私に出来ること。
ただ寄り添い
疲れた手を舐め
この温かな重みで
ご主人様を癒すことぐらい。

あなたが
笑顔でいられますように。

いつもスキをありがとう♥
22

猫化⑪

昼間の暑さが
日の傾きによって
薄れ始めた夕暮れ

涼しくなったソファーの上で
沈んでしまった
夕日の淡さを
ただ
ただ
ご主人様とこの眼に焼き付けていた

湯上がりのご主人様の
優しいシャンプーの香りが
私の心を落ち着かせた

薄着のまま
ソファーに横たわるご主人様の背中に
この爪をたてないように
そっと飛び乗る

ただ
ただ
まったりと
ご主人様の背中を占領する
愛のムチではないけれど、
ご機

もっとみる
コメントも気軽にどうぞ😸
13

猫化⑩

開いた窓から
入ってくる生暖かな風
強さを増した日向に
悪戦苦闘中な私

外では
スズメさんが水浴びしている
気持ちよさそうに
チャプチャプと

私は
フローリングの部分に
平べったくなってみた
心地いい

ご主人様はソファーで
ぐっすり昼寝中
添い寝は熱いから
指先に鼻先を乗せてみる

別にかまってほしくないけど
ご主人様の寝顔に
ネコパンチを
ムギューと一発

寝ぼけたご主人様に
抱っこされ

もっとみる
ありがとうございます😆
16

猫化⑨

朝から窓の外が騒がしい
心地よい風と
私の深い眠りを
邪魔してくれた燕たち

巣を作るのか
ああでもない
こうでもないと
話し合って居るみたい

ご主人様は
燕たちのやり取りを
遠くで聴きながら
コーヒーを飲んでいる

私はゆっくりと動くと
ご主人様のあぐらの上に
丸くなる

私には分かっている
ここが一番安らぐ所だと
だって
優しく撫でてくれる
あなたがいるから

コメントも気軽にどうぞ😸
15

猫化⑧

ご主人様が
朝から買い物へ出かけた
何やら
そわそわしながら
あやしい

ひとりぼっちの部屋の中
小さな日だまりを見つけ
前足を伸ばしながら顔を埋めた

玄関の扉が開く音
猫耳だけを立てて
私に近づく
ご主人様の足音を確認した

あまり呼ばない私の名前を
呼ぶご主人
分かりました
私の苦手なお風呂ですね

私を抱くとお風呂場へ
軽くブラッシングし
優しく濡らし毛並みを泡立てた
私はご主人様の手の中

もっとみる
ありがとうございます😆
9

猫化~番外編③~

ご主人様を
赤毛の猫に猫化する

月明かりが
きれいな夜
ちょっと心寂しい

私が布団に入り
ウトウトしていると
布団の上を
足元からゆっくりと
登って来る赤毛の猫さん

胸の上で止まると
ゴロゴロと喉を鳴らした

いつもの合図に
私は腕枕して
布団を少し開けた

布団から降りると
私の頬に体をすり寄せながら
『ここが一番落ち着く』
『一緒に寝よう』と
私の腕枕の中へ

いつまでも続いてほしい

もっとみる
ありがとう❤
5

猫化⑦

ひとり遊び疲れ
ウトウトと
睡魔が押し寄せた頃

ご主人様が
そっと
私を抱き上げた

少し窓を開け
部屋に風を通した
まだ風は冷たく
ご主人様の脇に
頭を埋めた

ため息をついたご主人様
私が
心配そうに見上げると
遠くを見つめるご主人様は
多くを語らないながらも
笑顔が減っていく日々に
疲れているようだった

私は
ただ優しく抱かれ
癒された
ご主人様は
ただ優しく
私を抱き癒された

時を共

もっとみる
ありがとう❤
11

猫化⑥

寝不足気味で
イライラな私
ソファーの上を
うろちょろ

仕事が落ちついたご主人様
遊んでくれるのは
とても嬉しいけど

猫じゃらしや
爪研ぎくらいじゃ
この気持ちが落ちつかない

お気に入りのネズミのオモチャに
甘く噛みつき
後ろ足で何度もキック
やっと落ちついた

あとは
ご主人様の膝の上と
少しのマタタビ粉で
ゆっくり癒されます

そのあとは
ご主人様のお腹の上で
昼寝をご所望いたします

ありがとう❤
10