気持ちに向き合う

無理やり元気出さなくていいんだよ

無理やり元気出さなくていいんだよ

毎日落ち込む日もあるけどでもね。やっぱりポジティブで いた方が落ち込んだとしても復活まで早いのは確か。だから ガーンと落ち込んだとしてもスッキリするまで無理やり 元気じゃなくていい。スイッチ切れてもいいんだよ「大丈夫」ってなるまでね ♡┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈♡ 読んでいただきありがとうございましたm(*_ _)m あなたにとっていい日でありますように 優しさのおすそ分け届きますように💓💓💓💓

スキ
4
会話力を高める3つの対策 ~その2~

会話力を高める3つの対策 ~その2~

●その2「相手の気持ちに向き合う7つのステップ」 こんにちは。キャリアコンサルタントの橋本です。 前回は、コミュニケーションにおける、氷山の海を上手に航行する3つの対策のうち、 ~対策①基本は「聴く力」5つの目標と成果~ についてお話しました。 今回は ~対策②相手の気持ちに向き合う7つのステップ~ についてお話します。 難しい会話になりそうなときは、次に紹介する「7つのステップ」に取り組み、相手から建設的な協力を引き出しましょう。この7つのステップは大脳辺縁系の欲求

スキ
2
モヤモヤループからの脱出

モヤモヤループからの脱出

2019.3.1 カラリア サイトウミカです。 「仕事のことを考えないように、外に出たり自分なりのリフレッシュを心がけているが、結局車の中や風呂の中、ふとした瞬間に考えてしまっていることに気づき、結局ループにはまっていると思う。 このリフレッシュ方法が良いのかどうかがわかりません。」と、相談を受けました。 リフレッシュするためにいろんなことをやっていても、ふとした瞬間に、気になっていることが頭をよぎり考え続けてしまう事ってありますよね。それは、当たり前のことだと思いま

イライラを解決する思考過程

イライラを解決する思考過程

☆写真は公演後にいただいたお花です。お部屋が華やかになっております。 先日、栃木県内の小学校で保護者向けの感情マネジメントの研修をしてきました。いろんな学校に呼んでいただいていますが、PTA講演会はイライラ事例の宝庫です。 日々子供との接する中でイライラやカーッとすることはどんな親でも経験することだと思います。 特に多いのは片付けの問題。今回も実際の困っている事として本音の声があがりました。 あるお母さんは子どもが、ハサミを使った後、何回言っても片付けない!そうです。

スキ
1
グラフィック・ワークショップの宿題なのに、またもや描かない??
ーー”言葉にできない”自分の本音に気づこう④

グラフィック・ワークショップの宿題なのに、またもや描かない?? ーー”言葉にできない”自分の本音に気づこう④

A4の紙を使ったワークや、なっちゃんによるグラフィックで、会って2時間とは思えないくらい、濃厚な話をした3人。 「いやぁ、これからどうなるのかなぁ」と口々に言いながら、帰路につきました。 第2回のワークショップの開催は1ヶ月後。 それまでの間に、なっちゃんから3人に宿題がでました。 今日描いたグラフィックを眺めたうえで、あらためて最初のA4の紙のワークをやってみてほしいんです。「今の自分」と「未来の自分」の2つを、つくってみてください。 カトちゃんが苦悩していた、あのA

スキ
8
読者モニターの語りを、山田夏子さんがグラフィックで描くとどうなるか?
ーー”言葉にできない”自分の本音に気づこう③

読者モニターの語りを、山田夏子さんがグラフィックで描くとどうなるか? ーー”言葉にできない”自分の本音に気づこう③

ワークショップ前半では、A4の紙を使って「今、自分のなかにある感覚」を表現した3人。苦悩しながらも、「言葉にできない」自分の感覚に触れるという体験をしたようです。 後半戦では、いよいよグラフィックを使います。どんな感覚が表にでてくるのでしょうか? なっちゃん いやぁ、おもしろかったですね。 カトちゃん 普段と違う脳みそを使って、だいぶ体力が削られました(笑)。 なっちゃん これからもっと深くいきますよ。今度はみなさんに、ある質問に答えてもらって、私がその語りをグラフィッ

スキ
12
グラフィックのワークショップなのに、絵を描かない?
ーー”言葉にできない”自分の本音に気づこう②

グラフィックのワークショップなのに、絵を描かない? ーー”言葉にできない”自分の本音に気づこう②

グラフィックを使って、「言葉にできない」自分の本音に気づこう。 その「言葉にできない」部分を、「言葉」でお伝えするべく、本連載は、山田夏子さんのワークショップのレポートというかたちでお届けします。 参加するモニター3人の変化をリアルタイムで追うことで、「言葉にできない」感覚が開いていく様子を感じていただければと思います。 11月某日、本連載「“言葉にできない”自分の本音に気づこう」の第1回目ワークショップが開催されました。 昨日の記事でご紹介したモニターの3人とは、この日

スキ
19