棚機

+1

七夕(しちせき)

七夕何をお願いされましたか♪ 先ず「七夕」は「しちせき」と読むのが本来で、当て字で「七夕」を「たなばた」と読ませてます。 七夕は、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日の五節句の一つです。 「たなばた」と何故言うようになったのかは諸説ありますが、これは別の行事の「棚機(たなばた)」と言う、古い日本の禊ぎの行事から来ており、また本来の棚機(たなばた)は、天の川伝説とは関係ありません。

有料
200

ささのはさらさら

7月7日は七夕(たなばた)ですね。 ということで、7月のポスターを作ってみました。 ところで、7月7日なので、漢字で七夕と書くこと自体は、まぁわからなくもないんですが、なんでこれで「たなばた」? って、思ったことありませんかね?? (ちなみに小さい頃はカタカナの「セタ」に見えていたものです。本当に小さい頃ですよ💦) 今日よく知られている織姫と彦星の話は、奈良時代に中国から伝わったそうですが、実はそれ以前の日本に棚機と書いて「たなばた」と読む神事があったのだとか、神に

スキ
66

【イラスト】七夕(ポニーテールの日)

スキ
47

笹の節句

前回記事の笹飾りの笹が残っていたので 白元結で束ね、結ばない水引飾りを作りました。 笹竹に五色の織り糸を掛けたのが七夕飾りの始まりといわれています。 笹の節句 笹竹には神迎えや依りついた災を水に流す役目がありました。 ひと夜のための七夕飾り 🎋 織姫 彦星の星物語✨ 乞巧奠 キッコウデン 乞は 願う 巧は たくみに上達する 奠は 祀る 梶の葉に 和歌をしたためて祀り、星に祈りを捧げる 里芋の葉に溜まった夜露は神から授かった天の水 を集めて墨

スキ
3

過ぎて思う 七夕のこと

昨日7月7日は七夕。 前後に数首七夕絡みの歌を詠んだ。 時節柄ってこともあるから、イッチョ乗っとくか?的な感じもあるし、題材があると有難いというか、気持ちをそっちに持っていきやすいっていうのもある。 そんな明けて今日8日、ここ数日思ったことつらつらと。 七夕が近くなると、今年は晴れるかどうかなんて言うのが、僅かばかりでも話題になったりする。天気予報とか。 それでいつも思う。今の7月ってのはだいたい梅雨真っ最中なんだよなって。 七夕は秋(初秋?)の季語だし。そういう世界(

スキ
18

棚機の祈り

中学校の手芸部の先生から七夕の話を聞いたのは、今日の部活を終えての帰り際のことだった。 七夕と言ったら織姫と彦星、あと笹の葉サラサラの歌と、短冊に願い事を書く、くらいのイメージしか持っていなかった私は、先生に説明されて初めて、なんで「七夕」と書いて「たなばた」と読むのか疑問にも思っていなかったことに気がついた。 「たなばた」は「棚機」。それが「七夕」、つまり「七月七日の夕べ」とくっついて「七夕(たなばた)」となったみたい。なるほど、言われてみれば織姫って、名前からして機織り

スキ
10

コトタマTalk【七夕】

7月7日は七夕。 七つの夕べと書いて「タナバタ」とは読めない。 読めない文字は何かしらの封印がされている可能性が高い。 七夕=タナバタ=棚機。 棚機津女(タナバタツメ)の物語があるそうで、機屋(ハタヤ)にこもって、云々。 機(旗)は、秦にも通じる。 機屋は、旗屋にて旗印。 牽牛星(彦星)=アルタイ ・・・こと座 織女星(織姫星)=ベガ ・・・わし座 「牛」を牽引してると告白してる。 牛は旧約聖書のモーゼの象徴。 機(ハタ)を織るとは、何かが織り込まれ

スキ
4

日本の節句  7月は笹の節句です

笹の節句 笹竹には神迎えや依りついた災を水に流す役目がありました。 ひと夜のための七夕飾り🎋 織姫と彦星の星物語✨はよく知られていますね。 元は中国より伝わった 乞巧奠 キッコウデン が起源 「乞」は 願う 「巧」は たくみに上達する 「奠」は 祀る 梶の葉に 和歌をしたためて祀り、星に祈りを捧げる 里芋の葉に溜まった夜露は神から授かった天の水  その水を集めて墨をすり、その墨で梶の葉や短冊に文字を書いて手習の上達を願ったそう。 五色の短冊は陰陽五行☯️に因ん

スキ
2