日本の伝統工芸

人生一度は見てみたい!精緻な幾何的芸術、箱根『寄木細工』

皆さん、『寄木細工』という伝統工芸をご存じでしょうか。
”見た事ない?” ”何のこと?” ”どうやって作ってるの?”
といったように、私も関東に引っ越すまでは『寄木細工』に関してほぼ知識の無い状態でした。
ただ、一度見たら手に入れたくなってしまうほど、とても奥深く何時間見ていても飽きない伝統工芸品です。
うっとりと惚れ惚れの繰り返し。。

私は、購入するのみではなく、作成体験までして来ちゃいました

もっとみる
ありがとうございます。仏様です。
5

人生一度は見てみたい!綺麗で華麗な『軽井沢彫』

はあー、日常から抜け出したい! 眠い朝に、いつも思う。
そんな憂鬱な日々で疲れきった身体を癒しに、先日軽井沢に向かった。
私と同じような気持ちで、疲れ切った身体を癒しに軽井沢へ足を運ぶ人も多いのではないだろうか。
冷涼な美味しい空気、ハイソでセレブな別荘、大きなショッピングパーク…コンクリートジャンングルという日常を忘れさせてくれる要素が盛だくさんな憧れのエリア、軽井沢。
本記事は、その軽井沢で出

もっとみる
ありがとうございます。喜んで踊っています。
6

113・曾祖母の帯

私が自分で着付けができるようになったのは、2015年の初春でした。その頃はまだ学生で、着付けができることが嬉しくて。毎週のように着物を着てお出かけしていました。

今は8000円くらいで、洗濯機で洗える着物もあり、皺もつかないので町着やお稽古事には便利でおすすめです。

もちろん、大事なお茶会や行事はきちんとした装い。

ハレとケ

の使い分けですね。さて、ヘッダーの写真は私のひいおばあちゃんの持

もっとみる
わたしもスキ🤫💕(笑)Thanks❤
16

111・1カ月

実は、今日で

✨note1カ月記念日✨

なのです。ちょうど111番目。今日はもう1本、書く予定にしています。さて、私はプロフィールに記してある通り、本業が現在は編集者です。編集者をしつつ広報もやってるんですが、明日から休職です(笑)ややこしくて仕方ないですね(笑)

さて、現在トップ記事にもありますがnoteさんが

8月31日の夜に

というお題を出しています。奇しくも、今日は私にとって休職

もっとみる
スキ嬉しい!私もすき🤫💕(笑)
48

台の特徴

角台の特徴・最も簡単な組み台の一つである。鏡(上板)が四角で、中央に鏡孔が有り芯を使用。

丸台の特徴・鏡(上板)が丸く、中心に鏡孔がある。組み上げのものとくみ下げの物がある。主として中央の鏡孔を通してくみ下げることが多い。綾の取り方ではほとんどの紐が組める。又、角台と比較すると組み玉数を多くすれば、より複雑な紐が出来ることが出来る。撚をかけずに組むことが多い。

綾竹台・古くからある手組式のもの

もっとみる

組紐とは

糸を1本以上、数十本を一単位にし、それを三単位以上、一定の組み方にしたがって交互に交差させてできる紐を組紐という。

組紐の特徴は、単位となる繊維が必ず斜めに交差していることである。糸の交り目を締める為にヘラで打ち込むことがあるところから、打紐ともいわれる。組紐は、平たく薄手の平組、丸くした丸組、四角にした角組など形から区別される。

組み方には、最も簡単な組紐をもつ単位が三本の三つ組、四つ組、八

もっとみる

お化け屋敷は日本の文化3

続き、、、。

浅草花屋敷園長の紹介で丸山工芸社の社長と浅草で会って話を聞くことになった。 お化け屋敷を作る人ってどんな人だろう、、、。やっぱり顔色が悪い人なのかな。 あれこれ想像していたけれど実際会ってみると凄く陽気でオープンな社長さんで私はすぐお化け屋敷の話を始める事ができた。 豊島園のそばで育ちずっとお化け屋敷の作りに興味があった話、それからイギリスのロンドンダンジョンで感じたあの恐怖の世界

もっとみる
幸せでありますように、、。
8

「籠・そらいろ」ー小宮商店さんの傘ー

日本の傘って、なんて素敵なのだろう。

傘には、心の曇りを優しく晴らしてくれる力があることを、
日本の伝統工芸品が、初めて教えてくれました。

***

先日の記事にて一目惚れした、小宮商店さんの傘。

職人さんが精魂込めて制作した作品を、私が持って良いのだろうか。

とても悩んだ末に、心のときめきに従うことに決め、購入しました。

給付金を元手に、ネットで注文。

選んだのは、「籠」というシリー

もっとみる
ありがとうございます。今日も穏やかに過ごされますように。
13

きものアルチザン京都の技術「京友禅・工芸染匠成謙」

成謙の京友禅は、伝統的な手描き友禅技法を用いて染められています。
琳派や小袖文様など、伝統を継承した図案から、自然や風景の写生をもとに創作した絵画調まで、幅広い表現を得意とし、色彩豊かに描かれた世界観を特徴としています。
古典柄を中心に様々な題材をデフォルメした構図表現と、「成謙色」言われるブルーや紫を効かせた独特の色表現が、着る人の個性を引き出し、誰もが目を留めるような華やかで豊かな着姿に纏って
もっとみる

ありがとうございます!まだまだnote初心者ですがよろしくお願いします
2