手づくり結婚式

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep23.もし今日が人生最後の日だとしたら~

Ep23.もし今日が人生最後の日だとしたら

 長い間、お付き合い頂きありがとうございました。2019年は僕の人生の縮図といっても過言ではない1年間でした。入籍・嫁の妊娠・祖母の死・結婚・出産。本当に「山あり谷あり」という言葉がぴったりな1年です。ちなみにですが、内容は全てノンフィクションです。

 なぜこの1年の物語を書こうと思ったかと言うと、普通の人間も努力すれば自分の理想を達成することが出来

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)
4

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep22.娘への手紙~

Ep22.娘への手紙
「 春瑠へ。
 春瑠という名前はお父さんが考えお母さんが決めました。
名前の意味は春のように暖かく、瑠璃色のように美しい心を持った子に育つように願って付けました。

大人になったあなたはどうでしょう。
暖かい心を持っていますか?
色々なことに挑戦していますか?

 もしかしたら今まさに壁にぶつかっているかもしれませんね。
 世の中には理不尽なことが山ほどあります。上手くいかな

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)
7

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep21.旅の続き~

Ep21.旅の続き

 意気消沈している中、朗報はあった。石原の友人から1.5次会を頼みたいと連絡があったのだ。打ち合わせは結婚式が終わった2日後。式が終わっても後処理に追われていた僕が少し疲れた顔で「ねえねえ、打合せの時期早すぎない?」と苦笑いしながら言うと、石原は「いやいや、休ませないよ。」と満面の笑みで答えられた。彼のスパルタ具合には逆らえないようだった。

 1.5次会を依頼してきたクライ

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep20.責任~

Ep20.責任

 終わるときはあっさりとしていた。あれだけ時間をかけて作ったセットも1時間もすればほとんどが解体されていった。僕もみはるも感傷に浸る時間もないままに片づけに追われていた。スタッフも土砂降りの中、総出で作業を進めていた。

 一通り片付けが終わり、帰ろうとした時に事件は起きた。借りていたレンタカーのセレナがいくら待っても会場に到着しなかったのだ。元々、参列者の送迎のために駅まで向か

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)
1

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep19.結婚式2日目~

Ep19.結婚式2日目

 翌朝は残念ながら雨だった。1日目の疲労が少しあったが、2日目は親族を迎えた結婚式だったので緊張感は1日目の比ではなかった。

 テントは絶望的だった。雨を凌ごうとして屋根を張れば水が溜まり骨組みが歪んだ。結果的には式中も少しずつ水を抜くということ以外に手立てがなかった。あいにく、大降りはしていなかったため人力でも何とかなった。

 そうこうしている内に親族が続々と車で到

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)
1

私たちの“てづくり結婚式”の概要

どんなことであれものであれ“てづくり”ってよく言うけど、結局はどこまでどうしてなにしてるの?と思うこと、ないわけじゃないですσ)>ω<*)

なのでざっくり箇条書きにしてみました。それがこの記事の目次です。

★地元の神社で挙式★

小さな、街の片隅にある、「結婚式場と提携なぞ考えたこともない。考える必要もない」、そんな神社。昔の祖父母の家から徒歩30秒、今の実家からも徒歩5分程度のところにある、

もっとみる
わーい❣️ありがとうございます❣️

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep11.「ごめん、前倒しになった。」~

Ep11.「ごめん、前倒しになった。」

 妊娠の安定期には入っていなかったものの、つわりの終了時期とお腹が大きくなり始める時期を考慮して7月あたまには結婚式をしなければならないことを全員に伝えることにした。

 少し強張った表情で僕は切り出した。

「あの、みんなに言わなきゃならないことがあるんだけどちょっといいかな・・・実はさ、みはるが妊娠したんだ。」

 一番に反応したのは知念だった。最初は

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep10.祖母の死、入籍 そして妊娠~

Ep10.祖母の死、入籍 そして妊娠

 2019年2月18日。透き通るような淡い水色の空の下、僕とみはるは入籍した。その日は2人が6年ぶりに上野で再開した日だった。残念だったのが、前日の2月17日に大好きだった母方の祖母が亡くなったことだった。

 98歳の大往生だった。祖母は孫である僕の顔も名前も憶えていたので、生きていれば入籍したことを祖母に伝えたかったがそれは叶わぬ夢となってしまった。

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)
1

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep9.別れ。~

Ep9.別れ。

 2次会が終わって1ヶ月後のことだった。深夜、それは突然の連絡だった。特に成長を期待していた宮岡からだった。僕は眠い目をこすりながらiPhoneのロックを解除してLINEのトーク画面を開いた。

「テツリさん、ごめんなさい。私、チームを抜けさせて頂きます。」

 宮岡への怒りは無かった。あるのは力不足が招いた自分への怒りだった。宮岡とは以前から2人でプライベートのことや今の仕事の

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)

自分たちでゼロから結婚式を創った夫婦の話し。~Ep8.2次会の依頼~

Ep8.2次会の依頼

 いよいよAtelierWeddingが発足して走りだそうとした直後に依頼が来る。ある友人から「友達が結婚するから2次会をAtelier Weddingにやって欲しい。」との話しだった。まだ、方向性も何も決まってはいなかったが経験できるチャンスがあるならと二つ返事で承諾した。依頼をしてくれた夫婦は人の良さそうな旦那さんに、しっかり者のお嫁さん。2人ともコンセプトへの拘りはな

もっとみる
スキありがとうございます(#^^#)
1