佐藤優×山崎行太郎 バングラテロ事件  なぜエリート層は「大義」に殉じたのか

エリート層が起こしたバングラデシュのテロ

山崎 佐藤さんとはこれまで「人を殺す思想」を巡って対談を重ねてきました。今回は、対談を締めくくるにあたり、7月1日にバングラデシュの首都ダッカで起きたテロ事件から議論を始めたいと思います。

 このテロでは7人もの日本人が犠牲になりました。報道によれば、テロの実行犯たちはコーランを暗唱するよう求め、暗唱できた者には危害を加えなかったそうです。また、治安部

もっとみる

佐藤優×山崎行太郎 沖縄は戦時下の無法地帯だ

沖縄は今でも戦時下の無法地帯だ

山崎 今回の対談は沖縄の問題から始めたいと思います。先日、沖縄で女性強姦殺人事件が起こりました。沖縄ではこの事件に対して激しい怒りの声が上がっています。

佐藤 夜8時頃にウォーキングしていた20才の女性を強姦目的で襲って、ナイフで刺して殺したということです。しかも最初から遺体を運ぶスーツケースを用意していたというんだから、計画性がある。とんでもない話です。

もっとみる

平野貞夫×山崎行太郎 小沢裁判は政治的謀略だ!

東京地裁は四月二十六日、政治資金規正法違反の疑いで起訴された小沢一郎氏に無罪判決を下した。これを受けて民主党は、五月八日の常任幹事会で小沢氏の党員資格停止処分の解除を決定したが、検察官役の指定弁護士は九日に控訴した。小沢氏の最側近、平野貞夫元参議院議員と小沢裁判についてのマスコミ報道に正面から異論を唱える文藝評論家の山崎行太郎氏に、事件の政治性について対談していただいた。

小沢裁判は政治的謀略だ

もっとみる

佐藤優×山崎行太郎 日本を亡ぼす「反知性主義」

今や論壇で「反知性主義」という言葉を目にしない日はない。この言葉は現在の日本を読み解く上で重要なキーワードとなっている。それでは反知性主義とは何を意味し、何が問題なのか。反知性主義という言葉を広めた作家の佐藤優氏と、哲学者の山崎行太郎氏に、反知性主義をめぐる問題について縦横無尽に語っていただいた。

反知性主義とは何か

佐藤 まず私の問題意識からお話ししたいと思います。反知性主義には二重の構造が

もっとみる

佐藤優×山崎行太郎 「保育園落ちた日本死ね」の衝撃

周縁に身を置くことの重要性

山崎 これまでの佐藤さんとの対談では、なぜ思想が力を失ってしまったかという問題を中心に議論してきました。その原因は一つには、哲学者や文学者などの思想家たちが、大学に就職して安定的な収入を得るようになったことにあります。

 かつては「文学者になりたい」などと言えば、家族から猛反対されたものです。文学では飯を食えないですからね。飯を食えないとなると、社会からも疎外されて

もっとみる

佐藤優×山崎行太郎 「人を殺す思想」こそ本物だ

イスラム国によるテロが頻発している。テロの背景には、自らの信念のためには命を捨てることも辞さないという「人を殺す思想」がある。彼らは自らの命を賭けているからこそ、人の命を奪うことも躊躇しないのである。

 戦前の日本にも「人を殺す思想」は存在した。しかし戦後になり、我々はこの思想から目を背けてきたため、この思想を理解することが困難になっている。なぜ「人を殺す思想」は力を持つのか、我々はこの思想とど

もっとみる