富山県議会議員

コロナ禍の地方政治は、何が変わって何が変わらなかったのか  ~令和2年度の富山県議会を振り返って~

コロナ禍の地方政治は、何が変わって何が変わらなかったのか ~令和2年度の富山県議会を振り返って~

富山県議会を題材に、コロナ禍の1年を、3つのターニングポイントで振り返ってみる 皆さん、こんにちは。藤井大輔@富山県議会議員です。 気が付いたら、令和3年度が始まっていました。 新型コロナウイルスに翻弄された令和2年度は、まさに失われた1年と言えるでしょう。人との接触もない、夜の懇親会もない、地域のお祭りもなければ、オリンピックもない。 人間とは、人と人のつながりを元に社会を形成し、その生活圏を広げてきたわけですから、それとは真逆の行動をとらざるを得なかったコロナ禍の1年は、

スキ
18
( ・ω・)☘️おい!岡山市議会議員!!!!大森と、その仲間達!!!!!!!(*・ω・)☘️この税金泥棒っ!!!!!!!!

( ・ω・)☘️おい!岡山市議会議員!!!!大森と、その仲間達!!!!!!!(*・ω・)☘️この税金泥棒っ!!!!!!!!

(o・ω・o)☘️お前ら毎日、どんな仕事してんだ!!! (*・ω・)☘️言ってみろ!!!! ( ・ω・)☘️お前ら毎日!!! どれだけ仕事してんのかっ! (o・ω・o)☘️言ってみろ!!!! ( ・∋・)☘️給料に見合った仕事してんだろうな!!! (o・ω・o)☘️開示してみろっっっ!!!! ( ・ω・)☘️能無し野郎!!! (*・ω・)☘️ベラベラ詐欺っっっ!!!! ( ・∋・)☘️脳ミソすかすか野郎!!! (o・ω・o)☘️お前らの宗教言ってみろ!!!

スキ
1
激戦の富山県知事選2020、投票率はどこまで上がる?その影響は? 考察その②

激戦の富山県知事選2020、投票率はどこまで上がる?その影響は? 考察その②

4年前は過去最低の35%。今回は確実に上昇するはずだが……藤井だいすけ@富山県議会議員です。 10月8日に告示された富山県知事選挙も、いよいよ最後の1週間となりました。候補者は、新田八朗氏(62歳)、川渕映子氏(71歳)、石井隆一氏(74歳)の3名(※ポスター番号順)。地元新聞では「横一線」「新田氏ややリード」等の見出しが躍り、現職の石井氏と新人新田氏が激しいデッドヒートを繰り広げており、川渕氏は苦戦との報道。これだけ盛り上がれば、投票率は過去最低だった前回(35.34%

スキ
5
富山県知事選が告示。半世紀ぶりの保守分裂選挙。争点はどこに?投票率は? その①

富山県知事選が告示。半世紀ぶりの保守分裂選挙。争点はどこに?投票率は? その①

富山県知事選挙の争点を、3つのポイントで考えてみた藤井だいすけ@富山県議会議員です。 本日10月8日、富山県知事選の告示日を迎えました。今日から25日の投開票日までの17日間、激しい選挙戦が繰り広げられることになります。 候補者は、新田八朗氏(62歳)、川渕映子氏(71歳)、石井隆一氏(74歳)の3名(※ポスター番号順)。 51年ぶりの保守分裂選挙、かつ72年ぶりの女性候補者が出る選挙ということで、告示前の前哨戦からマスコミには大きく取り上げられていました。9月26日に

スキ
17
誰がやるか、も大事だが、何をやるかはもっと大事。政策提言「反転攻勢への英断を」を1期生議員が提言した理由

誰がやるか、も大事だが、何をやるかはもっと大事。政策提言「反転攻勢への英断を」を1期生議員が提言した理由

10月の富山県知事選で、50年ぶりの保守分裂が確実視 こんにちは。富山県議会議員の藤井だいすけです。現在、富山県では来たる10月の富山県知事選挙に向けて、保守分裂の激しい戦いが繰り広げられています。立候補を表明しているのは、5期目を目指す現職の知事・石井隆一(いしいたかかず)氏(74歳)と、新人で元日本海ガス社長・新田八郎(にったはちろう)氏(61歳)。どちらも自民党富山県連に推薦を求めましたが、結果、現職の石井氏が推薦されることに。推薦を受けられなかった新田氏も立候補を辞

スキ
12
昨年の今日、4月7日の当選から1年。史上初の緊急事態宣言発令へ

昨年の今日、4月7日の当選から1年。史上初の緊急事態宣言発令へ

藤井だいすけです。 昨年の今日、4月7日は、富山県議会議員選挙の開票日でした。日付が変わりそうな午後11時すぎ、人生で初めて当選の万歳を支援者の皆さんと一緒に行ったことを、鮮明に覚えております。皆さんの力強いご支援のおかげで、議員活動に携わることができ、あらためて心より感謝を申し上げます。 あれから1年。まさか、コロナウイルスによる「緊急事態宣言」が発令されるような、未曾有の事態に直面するとは思ってもみませんでした。私自身、議員として何ができるのか、いち県民としてどういう振

スキ
10
昨年の今日、4月7日の当選から1年。史上初の非常事態宣言発令へ

昨年の今日、4月7日の当選から1年。史上初の非常事態宣言発令へ

藤井だいすけです。 昨年の今日、4月7日は、富山県議会議員選挙の開票日でした。日付が変わりそうな午後11時すぎ、人生で初めて当選の万歳を支援者の皆さんと一緒に行ったことを、鮮明に覚えております。皆さんの力強いご支援のおかげで、議員活動に携わることができ、あらためて心より感謝を申し上げます。 あれから1年。まさか、コロナウイルスによる「緊急事態宣言」が発令されるような、未曾有の事態に直面するとは思ってもみませんでした。私自身、議員として何ができるのか、いち県民としてどういう振

冨山和彦さんに「富山」のことを聞いてみたら、100m競争の例えが秀逸だった

冨山和彦さんに「富山」のことを聞いてみたら、100m競争の例えが秀逸だった

こんにちは。藤井だいすけです。 先日、とあるメディアの取材で経営コンサルタントの冨山和彦(とやま・かずひこ)さんにお目にかかることができました。冨山さんといえば、2003年に産業再生機構のCOOとしてカネボウやダイエーなどの再建に尽力され、2007年からは自ら株式会社経営共創基盤を設立し、地方バス会社(みちのりホールディングス)の再生や地方空港民営化(南紀白浜空港)などを手掛けつつ、パナソニックや東京電力の社外取締役も務める、まさにG(グローバル)とL(ローカル)の経営戦略

スキ
25
【福島県】【畠山理仁】改選後も期待できない県議会

【福島県】【畠山理仁】改選後も期待できない県議会

畠山理仁氏(選挙ライター)に聞く  任期満了に伴う福島県議選が10月31日告示、11月10日投開票の日程で行われた。本誌では、以前から県議会の体たらくを指摘してきた経緯があるが、改選後もその傾向に大きな変化はないだろう。  今回の県議選は19選挙区のうち9選挙区が無投票で、選挙になった10選挙区でも、全体の投票率は41・68%と過去最低を更新した。  本誌は9月号に「県議会をダメにする専業議員」という記事を掲載した。同記事では、県議会は市町村議会などと違い住民に身近でな

スキ
3
地方議員になって半年、「みんなのお金だから、みんなで使い途を決める」の超難問にぶち当たる

地方議員になって半年、「みんなのお金だから、みんなで使い途を決める」の超難問にぶち当たる

こんにちは。藤井だいすけです。2019年の4月に初当選してから半年余り、富山県議会議員として活動してきましたが、まずは皆さんにお詫びを申し上げなければなりません。それは、noteを定期的に更新する、と約束しながら、2019年10月を最後に更新できなかったこと。本当に申し訳ありません。 当初は、自分の活動や感じたことをそのまま素直に書けばいい、潜入取材の気分でやればいいんだ、と思っていたのですが、ある時点からピタリと書けなくなってしまいました。それは、税金の仕組みや行財政

スキ
34