学芸大

【国立お受験】知っておきたい他の保護者たちの動き出し

そろそろ小学校お受験に向けた説明会開催の時期で、いつもの年だと、8月後半からは学芸大竹早で学校説明会がスタートしますね。

今年はコロナの影響で、軒並み説明会が中止みたいですが、、、

説明会は中止になったとしても、試験そのものに大きな変更があったわけではなく、出願や抽選、検査などは今年もあるわけです。

ここでは受験される子どもを持つ保護者の行動スピードについて書いてみます。

行動スピードとい

もっとみる

【国立】小学校のお受験前に知っておきたい試験のエグさ

うちの子供(親)は国立小学校専願でした。国立の小学校を4つ受験しました。

ですので、私立は一切受験していません。

ここでは国立の小学校を受験して感じた試験のエグさについてお伝えします。

まず国立の小学校は、志望者が多いと抽選になります。学芸大大泉などは年によって、抽選になることも、抽選にはならないこともあるようです。

文京区にある国立小学校、具体的には筑波、お茶の水、竹早は志望者数が多いの

もっとみる

【お受験】東京学芸大学附属小学校の併願時の失敗談

コロナの影響で、人気小学校は学校説明会を中止したところが多いようですね。

お茶の水、竹早などの文京区の人気国立小学校も例外ではないようです。筑波はもともと学校説明会はないですね。

今年は、これから受験するお子さんは大変そうですし、コロナの影響で、運勢に大きな影響を受ける子もいるはず。

今回は、久々の投稿になるのですが、これから学芸大学附属小学校を併願する方向けの注意点にお伝えします。注意店と

もっとみる

暇つぶし散歩「学芸大の裏路地」No.62

『空間の通訳者』のたかはしです。
使用レンズ:LEICA APO-Summicron-M f2.0/50mm ASPH.

過去の写真ですが
学芸大の裏路地です。

【気づきポイント】
駅前にはの華やかな表通りがあり
その近くに裏路地があります。

そんな、ちょと暗めな裏路地が面白い。

お店の前には照明で照らされた看板
通称のA型看板があります。

その看板に引き寄せられるように
近寄って見てし

もっとみる
サンキュー(^^)
7

2020年 東京学芸大学 二次試験 世界史

かっぱの大学入試に挑戦、16本目は東京学芸大学の世界史。時代は古代・中世・近世・近代。地域はヨーロッパ2題、東アジア2題。問題形式としては用語記述+論述。では、以下私なりの解答と解説。

第1問 古代・中世ヨーロッパ

問1.解答 (1)ケルト (2)ゲルマン (3)ヴァンダル (4)西ゴート (5)クローヴィス (6)フランク (7)領主 (8)不輸不入 (9)直営地 (10)賦役

解説 古代

もっとみる

2020年 東京学芸大学 二次試験 日本史

かっぱの大学入試に挑戦、15本目は東京学芸大学の日本史。時代は古代・中世・近世・近代それぞれ1題の合計4題。形式は用語記述+論述。史料読解も多少あり。では、以下私なりの解答と解説。

第1問 古代の女帝

問1.解答 a:斉明 b:元明 c:孝謙

解説 古代政治史の基本問題。aは「皇極」天皇と=なので、斉明天皇、cは「称徳」天皇と=なので孝謙天皇、bは推古・皇極・持統・元正・孝謙以外の古代の女帝

もっとみる

【受験ノート】東京学芸大学

東京学芸大の最寄り駅は、JR中央線の国分寺駅or武蔵小金井駅です。どちらからも、徒歩で20分くらい。多くの学生が、駅の傍の駐輪場に自転車を置いて、チャリで、通っています。国分寺も武蔵小金井も、それなりに発展している街ですが、そうは言っても、多摩地区ののどかな田舎街です。23 区の都心部の大都会とは、ノリもテンポも違います。

 学芸大の学生は、地味な服装でチャリに乗って学校に通い、授業には真面目に

もっとみる
65歳でも書き続けます。
9

タイ料理の師匠推薦!超穴場間借りタイ料理屋さんが最高だったよ!@学芸大 バーンラック

マッマの笑顔を
ずっと見ていたいから

タイ料理のスペシャリストの方が
ブログで絶賛している
お店があったので
行ってきました。

「バーンラック」は学芸大学の高架下にある
おしゃれ商業長屋「学大横丁」の
居酒屋をランチタイムだけ間借りして
営業しています。

入り口の横にタイ風の店頭幕を
掲げているのが目印。

店に入ると優しそうなマッマが
(と言ってもじょいっこより若そう)
笑顔でお出迎え。

もっとみる
よろこび組~
22

遊具をつくるをExplayする!

6月5日に開催した「第2回 遊具をExplayする ~ すべり台を超える歴史的遊具を開発したい!」に参加してくれた「大ちゃん」こと、宮田大輔さんからの投稿です!

==================

「自分で遊具を創る公園」が欲しいとイベントの途中からつらつら妄想していたのですが吐き出すところがないのでディスカッションで投げてみます。

余白? 自分ルール?

遊具をExplayするということ

もっとみる

野外教育へちょっと変わったアプローチをし続けるエクスプレイヤーがここにいる。

Explaygroundインタビューシリーズ、今回はEXPGメンバーでもある小森先生にインタビューをしました。

〈先生のプロフィール〉
小森 伸一(こもり しんいち)
所属:健康・スポーツ科学講座 体育学分野
専門分野:ホリスティック教育、サステイナビリティ教育(持続可能な社会のための教育)、野外環境教育、レクリエーション、体験学、幸福学

■野外活動は身体的な活動、だけじゃない。
“野外活動

もっとみる