写真のこと

撮りたいものと能動感と

私がよく撮る地味めな写真に対して
「誰も見向きもしないような地味なもの」
という表現をする時があります。

でもずっと小さな違和感があって。
(地味という意識が無いのは別として)
本当は「誰も注目しない」かどうかは重要ではなくて、私が能動的に見つけた「美しいもの、惹かれるもの」を撮りたい。それが「誰でも美しいとわかるもの」でなくても。というニュアンス。言葉は難しい。
つまり、誰も見ないかどうかはわ

もっとみる
わーい!ありがとう!
6

インスタントに残したい #カメクラの沼カレ2020

この記事は、毎日日替わりでカメラ大好きなブロガーさんが記事を書いて25日までつなげるイベント【2nd Roll】カメクラが沼へ誘う Advent Calendar 2020への参加記事です。

写真は苦手。でも大好き。
苦手だと思うようになった理由は覚えてないけど、好きになった理由は、いまでもしっかりと思い出せる。

最初に使ったカメラは、学校指定のフイルム一眼。
必要に迫られ、公園でコーンスープ

もっとみる
励みになります♪
13

写真のいろいろ

私の写真が載せてあるものの一覧を載せてみました。

Instagram

Twitter

写真閲覧サイト(GANREF)

SUZURIのサイト(グッズ)

上のサイトやこのnoteサイトの一覧

もっとみる
私もスキです!
2

伝えたいと思うこと — 奥山淳志『庭とエスキース』

「ちょっと、こっちに見せたいものがあるんじゃ」。

読み終えて、一週間ほどしてから再び本を開いて、この最初の一文を目にしたとき、時間が巻き戻されるような、時間を移動するような感覚を覚えた。

この本には目次がない。帯の説明によると24篇から成るのだが、各篇には題も付番もない。弁造さんの伝記ではないので、時系列は整っていない。読んでいると、問わず語りを聞いているような、現在位置がつかめず先の見通せな

もっとみる

言葉を知る前に見た光景 — 千葉桜洋『指先の羅針盤』

タイトルページをめくると、左ページに短い文章、右ページに写真という見開き。

これが何回か続いて、文章と写真で見る人を写真世界に丁寧に導いていく。見る人のいるフロアと千葉桜のいるフロアをなめらかにつなぐスロープのようだ。

千葉桜は聴覚に障害があり、そのため言葉のない世界に長くいた。主要な被写体である千葉桜の息子は知的障害を伴って自閉症スペクトラムのなかにいて、言葉をゆっくりと習得しているところで

もっとみる

写真を撮るとき — 畠山直哉、大竹昭子『出来事と写真』、畠山直哉『話す写真』

こどもの写真で、祖父母が喜ぶような写真とは別に、撮っておきたい写真がある。

でも、その時、その場に、自分がどのような態度でいれば良いのか、今一つわからない。

カメラを持って、ファインダーを覗いて、シャッターを切る等の、写真を撮るための身体の動作が、目の前の出来事にそぐわないというか。写真を撮ることの意味と、その撮るための具体的な行為が結び付かないというか。赤の女王が言う「その場にとどまるために

もっとみる

写真集をめくる、冒険 — 鬼海弘雄『ぺるそな』

写真集をめくる

たとえばグラフや図表など、言葉で表されていないものを「読む」といった場合、その奥や裏に隠れた意味や意図を汲み取るというニュアンスがある。表面から内面を読むには、ある程度の知識、経験、能力が要求される。写真もそうだ。

わたしは写真集を「読む」ことはできない。ただ写真集をめくって、写真をながめるだけだ。

写真集をめくりながら、写真をながめたり、目を逸らしたり、あるいは写真集を閉じ

もっとみる

写真との対話、弱くある写真 — 鬼海弘雄のふたつの肖像(人物と場所)

鬼海弘雄の写真集とエッセイを最近になってやっとまとめて見る・読むことができた。

鬼海は3つの連作に取り組んでいる。

・人物の肖像
・場所の肖像
・海外スナップ

ひとつは、浅草寺の壁を背景に人物を撮影する『PERSONA』シリーズで「人物の肖像」。もう一つは、東京の風景を撮ったシリーズで「場所の肖像」とでもいうべきもの。また、海外でのスナップもある。(これついては、ひとまず措く。)

写真集だ

もっとみる

『明るい部屋』から

ロラン ・バルトの『明るい部屋』を読んだ。

写真と俳句の類似について触れた箇所があり、「俳句という形式」について書かれた次の文章を思い出した。というのは、「写真(という形式による)表現」や「(写真)作品」について、最近考えることがあったからだ。

作句技術の話に入る前に、本章では、俳句という形式について私が考えてきたことを書いておく。それは、ひとことでいえば、「俳句は、自分の言いたいことを言うも

もっとみる