再録記事

【再録】初めて論文の査読が通った時の話【読み出し無料】

(本記事は、『なかみ博士の気になる学術系ニュース』2018年7月 夏号(研究者 の「生態」特集)の巻末書き下ろしを再録したものです) 1.初めの一歩、覚えていますか?  大学院生から、ポスドクや非常勤講師、テニュアを経て大学教員や研究所の職員など、職業研究者が避けて通れないのが、査読論…

100

特別再録「オリンピックの英雄たち」(中編)

 東京五輪まであと500日を迎えた1963年の春。  それまでのオリンピックで活躍した英雄たちが、当時を振り返った。その座談会の中編をお届けする。  競泳5種目の優勝や、バロン西の勇姿が燦然と輝くロス五輪、「前畑ガンバレ」の名実況が記憶に残ったベルリン五輪。オリンピックの栄光がふたたび蘇る…

特別再録「オリンピックの英雄たち」(前編)

 東京五輪まであと500日を迎えた1963年の春。それまでのオリンピックで活躍した輝ける英雄たちが、往時を振り返った。  “消えた日本選手”となった金栗四三、パリ会場までの40日近い船旅、陸上での初の金メダル――座談会は実に朝から深夜に及んだ。『文藝春秋』1963年7月号に掲載されたその座談会…

技術に従いつつ、抗して

〈以下の文章は、2012年5月に山武正弘(やま、)氏により刊行された同人誌『あじーる!創刊号』に収録されたものである。同誌は現在入手困難であるため、ここに収めることにした。今読み返すと昔の己の稚拙さを思い知るが、私の問題意識を構成するエレメントが見出される。そこで、一つの記録としてこ…

100

或る罪深き「機械」の最期

〈以下の文章は、2013年3月に山武正弘(やま、)氏によって刊行された同人誌『あじーる!第2号〜異端〜』に収録されたものである。同誌は現在入手困難であるため、必要最小限の校正を加え、ここに収めることとした。なお本稿は、短編小説である。今読み返すと稚拙な文章ではあるが、こうしたものも書…

100

物語と、形而上学と、

〈以下の文章は、2014年10月に山武正弘(やま、)氏によって刊行された同人誌『あじーる!特別号〜そうかつ〜』に収録されたものである。同誌は現在入手困難であるため、ここに収めることとした。書き殴られた散文詩のような、或いは哲学的なアジ演説のような、何とも言い難いこの稚拙な文章を読み返し…

100