不動産テック

地味に不動産テックを考える 2

私はブログをアップするのは初めてです。
昨日ブログをアップしたら、なんと「スキ」というものをいただきました。自分の頭の整理になればと書き始めたので、そういった反応をいただけることはうれしくもあり、少し恥ずかしくもありました。
文章は下手ですが、地味に続けたいと思います。

さて、エンジニアでもない自分が不動産テックを考えるにあたっては、なるべく当社のような中小規模の会社が抱える泥臭いリアルな問題を

もっとみる

いえらぶのRPAってどうなの?

こんにちは。松木です。
新宿中央公園にはいつもスケボーやってる人がいますね🐸✨

では、さっそく、はじめにテーマの結論から申し上げます。

【結論】RPAというより、サービスの導入に近い

RPAの導入を検討されている方。どの業務を自動化すべきなのかという課題にあたると思います。いえらぶのRPAは不動産に特化していますが、RPAというより、サービスの導入に近いかもしれません。その理由について3つ

もっとみる
スキありがとうございます。うれしいです。松木
1

地味に不動産テックを考える

私はいわゆる中小企業の総務課長をやっています。業種は不動産管理業です。

課長といっても、課にはもう一人の社員とパートさんが3名だけの小組織であり、仕事の範囲はざっくりいって「営業以外の全部」という寄せ鍋状態です。経理的なことろから労務、人事、資金調達、と幅だけはいっちょまえに広いがスペシャルな部分は正直微妙。。。

さて、本題の不動産テックです。この業界、コロナウィルスの影響で急速にIT化・デジ

もっとみる

都市モビリティの未来

SFの世界で夢見ていた、自動運転車や配達用ドローンのような交通手段は、もうすぐそこに。

本記事は6月17日にMediumで公開した記事の転載です。

はじめに:

都市モビリティは、最も刺激的かつ革新的なテクノロジー分野の一つです。都市モビリティの進化は、すなわち、官民の連携強化、ソフトウェアとハードウェアの統合、あらゆるものの接続など、技術革新を活用して社会を前進させます。
Agya Vent

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしければシェアもよろしくお願いします!
4

オクラホマシティかチューリッヒか?パンデミック後の世界におけるモビリティ

Appleが公開した大量のモビリティデータから、弊社が各国・地域ごとの移動傾向を分析

本記事は5月31日にMediumで掲載した記事の転載です。

公共交通機関は今後停滞するのか?

3月コロナウイルスの影響によってモビリティ(交通量)はグローバルに激減しましたが、車や徒歩による移動は回復傾向にあります。ここで重要になるのは、今後公共交通機関の使用率がコロナ以前の水準に戻るかどうかという点で

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしければシェアもよろしくお願いします!
6

新型コロナウイルスが不動産業界に与える影響

不動産業界がコロナ以前の状態に戻るのが不可能な3つの理由について

本記事は5月27日にMediumで公開した記事の転載です。

世界中の都市が慎重にロックダウンを解除し始め、コロナ以前と比較し、不動産や都市移動の状況が大きく変化したことに気付くでしょう。新型コロナウイルスはドアやボタンなどの表面に何日も付着する可能性がある為、オフィス、バス、電車では公衆衛生上のリスクが高く、地主や地方自治体はコ

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしければシェアもよろしくお願いします!
5

不動産テック活用で「オンライン内見」が盛況に

不動産仲介大手の野村不動産アーバンネットは、2016年からICTを活用した接客サービスに力を入れてきた。コロナ禍ではオンライン内見を通じて成約に至るなど、成果も出ている。

中古物件や新築分譲マンションの仲介・販売事業を行う野村不動産アーバンネット。数千万円から数億円の商品を扱うため対面での接客を基本としつつ、不動産テックを活用してリアルとオンラインを組み合わせたサービスも展開している。

Thank you so much!!
2

blueprint #01 「究極の不動産テック論」超AI時代、私たちの暮らしはポジティブに変化する。

テクノロジーが類を見ないスピードで進化し続ける現代。時代の半歩先を生きる人は、いったい何を見て、何を考え、感じているのか、彼らの頭の中を知りたい―。

2045年には・・・

人工知能(AI)が人間の知性や能力を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が訪れると言われます。「AIが人間の仕事を奪う」など、人々の不安を煽る報道も少なくない。一方で、AIのことをよく知れば、AIが私たちの暮らしをより

もっとみる

不動産業界のRPAニュースまとめ2020年6月分

こんにちは。松木です。
今年も、あと半年ですね🐸✨

【結論】6月のRPAニュースは、3本!

①6月11日 オールハウス株式会社、ジーエルシーと共同で開発した不動産売買事業の事務作業を大幅に削減できる「Prop RPA」を大幅アップデート

売買×RPAということで、営業活動のなかの事務作業の大幅な効率化につながっているようです。売買の事例はまだまだ少ないですが、今後、増えていくことが楽しみで

もっとみる
スキありがとうございます。うれしいです。松木
1

東京都の空き家問題

まず、東京都の空き家問題と全国区での空き家問題は別物と考えて理解していかないといけません

総則

この資料を見ることによって、東京都の空き家問題に関しての背景が見え、今後、どのような課題点があげられるかが導き出される。
結論として、東京都の空き家問題が深刻化していっているのは、人口増加による新築需要が高く、中古需要が低いことと、核家族化、単独世代の増加により、相続によって発生した不動産の管理や、

もっとみる