ラストレター

ハムとソーセージとオタク趣味が家族の不穏さを拭う。

ハムとソーセージとオタク趣味が家族の不穏さを拭う。

 5月頃から母親から家族でオンライン会?をしようと提案されていた。去年も一度やって、それなりに盛り上がったのもあって、家族で集まる一つの選択肢にオンラインが追加された感じがあった。  今回は父親の誕生日と家のローンを払い終わったことのお祝いだった。  二つ返事でオッケーし、日付も母親の提案日に合わせた。  ちなみに、オンライン会?としたけれど、オンライで家族が集まることを何と言うのかネットで調べると、「オンライン帰省」とあった。なんとなく、しっくり来ないので家族のオンライン

17
岩井俊二の映画

岩井俊二の映画

岩井俊二信者なのを認める。 ラストレター映画館で観たのは、2020年1月 先日Netflixで配信が始まった。 予定変更ですぐ観る。すぐ観た。 夏なんだよね。この映画、映画館で観た時より しっくりきた。梅雨明けのタイミングで 配信!ナイス!Netflix! 「ラストレター」だいうのに、2回目笑 自然光の使い方、感情の描写。 ノスタルジックな世界観。 そして「こうだったらよかったのに」 という、REALとIFを折り合いをつけていき 再スタートをするという、 作家としての岩

11
Cへ。 2021年6月23日

Cへ。 2021年6月23日

これは、手紙寺のオンライン手紙参りに届いた、 誰かの大切な「あの人」への手紙です。 Cへ。 出会いはもう13年前になるでしょうか? インターネットでの出会いが、まさかこんなに長く続くとは思いもしませんでした。 この13年の間に、私は笑ったり怒ったり泣いたりと色々な感情をあなたに教えてもらいました。そして、「人から大切にされる」という意味を教えてくれたのもあなたです。 いつも電波をキャッチしているかのように、私が辛い時に連絡をくれたのもあなたでした。 後から辛くなるとは

10
想いを送り届ける手紙、手紙参り

想いを送り届ける手紙、手紙参り

手紙寺には千葉県船橋市に「手紙処」という、手紙を書くための場所があります。 そこに、毎月100通ほど、手紙が送られてきます。 届くのは、誰に宛てるでもなく書き連ねた手紙や、直接届けることは出来ないけれど書いてしまった手紙。 手紙寺で手紙をお預かりして、月に一度、お焚き上げをしています。 證大寺の僧侶が手紙のために火をくべて、一通一通想いと共に焚き上げます。 送っていただく手紙の内容に決まりはありません。 誰に宛てて書いてもいい。自分や過去の誰かに宛てた手紙でも構いませ

11
#02 韓国のカフェをめぐった時のこと 前編  【喫茶 手紙寺分室ができるまで】

#02 韓国のカフェをめぐった時のこと 前編  【喫茶 手紙寺分室ができるまで】

こんにちは。手紙寺発起人の井上です。 みなさんは韓国を訪れたことがありますか? 韓国といえば、焼肉や買い物、近年では音楽やファッションが若い人を中心に人気があります。 実は韓国は「カフェ先進国」とも言われていることをご存知でしょうか。 喫茶 手紙寺分室を作る上で、韓国で体験したカフェのあり方は大きな参考になりそうです。 そこで何回かに分けて、韓国のカフェについて私が感じたことを書いてみようと思います。 私が最初に韓国を訪れたのは今から20年ほど前でした。ソウルで働く友

26
ゆるいカフェに人と人とのつながりがある「yurucafe」 【書きたくなる場所 05】

ゆるいカフェに人と人とのつながりがある「yurucafe」 【書きたくなる場所 05】

こんにちは、喫茶手紙寺分室の樋口です。 先日に引き続き、「手紙が書きたくなる場所」を紹介したいと思います。 今回ご紹介するカフェは東京都豊島区雑司ヶ谷にある「yurucafe」です。 JR池袋駅から徒歩約10分のところにあり、地域の幅広い世代に愛されるお店です。 みんなが集まれる、たまり場のようなカフェ。「ゆるく、みんなが集まれる場所・たまり場にしたい」そのようなコンセプトで「yurucafe(ゆるカフェ)」とつけたそうです。 温かみのある木の扉を開けてお店に入ると

63
vol.07 インクで手紙を楽しむ 【手紙の助け舟】

vol.07 インクで手紙を楽しむ 【手紙の助け舟】

こんにちは。 喫茶手紙寺分室の西川侑希です。 みなさま、お元気でお過ごしですか。私は今年、初めて梅酒を漬けました。できあがるのが楽しみで、よく眺めています。 手紙を書く時のインクの色みなさんが手紙を書く時、インクの色は何色でしょうか。 おそらく「黒」と答える方が多いと思いのではないでしょうか。日本では”墨”の文化があり、文字を書くときは黒が基本になっています。 ボールペンもサインペンも黒が多く販売されていますよね。 目上の方に出す手紙やあらたまった手紙、公文書は「黒」や「

23
vol.06  梅雨の季節に優しい気持ちを届けるレターセット【手紙の助け舟】

vol.06 梅雨の季節に優しい気持ちを届けるレターセット【手紙の助け舟】

こんにちは。 喫茶手紙寺分室の田丸有子です。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 梅雨の季節は湿度も気温も高くなり、ジメジメと鬱陶しいことから時候の挨拶もついネガティブな表現を書いてしまいがちです。それが悪いわけではないのですが、この時期だからこそ手紙を開いたときに一瞬でも清らかな空気を感じてもらいたいものだと私はいつも思うのです。 不快な気持ちを一瞬でも忘れさせてくれるものはなんでしょう。手っ取り早いところではやはり美しいもの、あぁ素敵だなと思えるものを目にすることで

20
「手紙処」誕生秘話

「手紙処」誕生秘話

こんにちは。手紙寺発起人の井上です。 手紙寺ができるまでを語るにあたり、現在船橋にある「手紙処」が完成するまでのお話は省くことはできません。 今日から何度かに分けて「手紙処」ができるまでのお話をしようと思います。 「さよならと向き合う場所」を届けたい。 私は手紙寺の発起人であると同時に、承和2年から1200年の歴史を持つ證大寺の二十世住職をしています。 證大寺は埼玉県の森林公園に霊園があり、私たちはその霊園にお墓を作る構想を練っていました。単なる墓石ではなくて、大きく

19
“手紙を書くこと”について、考えていること。

“手紙を書くこと”について、考えていること。

こんにちは。手紙寺 発起人の井上です。 先日は、手紙寺に込めた私の想いについて投稿しました。 その中で、手紙を書く相手は亡くなった方でいい、むしろ、亡くなった人に宛てるほうが素直になれるかもしれない、というお話をしました。 今回は、亡き人へ手紙を書くことについてもう少し考えてみようと思います。 手紙は「さよなら」と向き合う時間になる。私が大切にしている言葉の1つに、こんな言葉があります。 「花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ」 井伏鱒二『厄除け詩集』より

11