ヘルシンキ中央図書館

+29

創造と憩いの空間 OODI:ヘルシンキ中央図書館

一体何が出来たんだろう?と思ったら図書館で、中に入ってまたびっくり! 図書館は箱ではなくて機能なのだと、圧倒されました。2018年にオープンして以来、OODIは私などが書くまでもない観光スポットになっていますが、あのときの感動を残しておきたくて、記事にします。どうぞお付き合いくださいね。(2019年8月訪問) OODIは略称ではなく、フィンランド語で頌歌を意味する愛称なのだそうです。フィンランド独立100周年を記念するプロジェクトの設計を担ったのはALA ARCHITECT

スキ
5

個人の夢中を応援している図書館に行ってみた。【夢中観測ツアーinフィンランド】

幸せの国で、くらしの夢中は観測できるか? フィンランドは、世界一幸せな国なんて言われます。 国連の関連組織が発表する2019年の世界幸福度ランキングでも1位を獲得。 しかも2年連続で。 どんな国なんだ?フィンランド。 よく言われるのは、社会保障や教育が充実している生活しやすい国だから、という理由ですよね? でもきっとそれだけじゃない、くらしの中に夢中がたくさんある国なのではないだろうか?とくらしの夢中観測所は仮説を立てました。 ちなみに私たちが掲げる「くらしの夢中」という

スキ
25

10月30日 ヘルシンキ中央図書館

2018年12月にオープンしたばかりのヘルシンキ中央図書館に行ってきました! 外観からしてもそうですが、この図書館は何もかもが新感覚!図書館の概念を超越した図書館なんです! OODI ヘルシンキ中央図書館 デザインを担当したのはフィンランドの建築会社ALA Architects。コンセプトは「人々が交流するリビングルーム」だそうな。 北欧は環境に優しい建築技術でも知られていますが、この図書館も例外ではありません。鉄、木、ガラスを組み合わせた外観は近代技術と伝統技術を

スキ
7

10月29日 ヘルシンキ旅行

今日1日、ヘルシンキ市内を散策してきました! 朝10時の気温はなんと3°c!! 10月後半でこの気温なんて、冬本番にはどれだけ下がるんでしょうか…… なにはともあれ、 今回訪れたヘルシンキの観光名所を一挙公開!! 長めの投稿になりますが、一緒に旅行してる気分で楽しんで頂けたら嬉しいです! シベリウス•モニュメント フィンランドを代表する作曲家、ジャン•シベリウス (Jean Sibelius 1865-1957)に捧げられたモニュメント。 1967年にフィンランド

スキ
7

”居場所”としての図書館 Oodi

Moi! 先日、ラップランド旅の帰りにふらっと立ち寄ったこの図書館で、自分の持っていた図書館のイメージをことごとくぶっ壊されまして笑 今回は、自分がこの施設から受け取った強い想いを伝えたいと思います。 ヘルシンキ中央図書館 Oodiフィンランドの首都、ヘルシンキのヘルシンキ中央駅のすぐそばにある、この美しい流線形をした建物がヘルシンキ中央図書館 Oodiです。 (まず見た目からして、最初は美術館か何かかと思った笑) Oodiは2018年12月にオープンしたばかりの最

スキ
14