廃材ライフジャケットの次はバリアフリービーチ、山形の力が結集した異色の公益任意団体

(プロフィール) 公益任意団体ドリームやまがた里山プロジェクト 事務局長 高橋雅宣さん 山形県内22のNPO法人や公益団体が一丸となり、県内で社会貢献事業や地域振興、ベンチャー支援事業などを展開するドリームやまがた里山プロジェクトの事務局長。高橋さんご本人は、山形市で広告代理店、株式会社ハイスタッフの代表やNPO法人エコリンクやまがたの理事長を務める。 ドリームやまがた里山プロジェクトは、個々のNPO等が力を合わせ、大きな課題に立ち向かうという独自のスタイルで、さまざまな

スキ
13

バリアフリービーチの全容とこれから・・・

こんにちは。 今回は、8/10に中国地方では初めて開催された“バリアフリービーチ in 三原”について書かせてもらいます。 なぜ、僕がこの企画をしようと思ったのか。これをしたことで何を感じたのか。これからどうしていくのか。そんなことを書いていきます。 来年の活動費にするために、有料にしようか迷ったのですが、幅広く知ってもらうために無料でお届けすることにしました。 なので、シェアしてくれると嬉しいです。 少々長い記事になりますが、どうかお付き合いください。 こちらが、イベ

スキ
11

怖さを興味が凌駕する

これはubdobeの岡さん・野呂さんと一緒に移動していた時のお話 「電動車椅子の人ってあのコントローラー一個で外に出る時、怖くないのかね?」 そう岡さんが呟いた 3人とも「怖いよね」と その時 思い出した感情をそのまま言葉にしたのが 「怖さを興味が凌駕する」口走った自分が言うのもあれだけど 3人でなんか腑に落ちた。 この言葉の感覚を文章にするのは、なんかナンセンスな気もしたけど、まあそこは置いといてとりあえず文章にしてみたくなったからしてみることにしました。笑

スキ
7

三原(広島県)の海がバリアフリーになった日

8月10日、三原の海がバリアフリーになった。この日、中国地方では初めてとなるバリアフリービーチは広島県は三原市で開催された。バリアフリービーチは、障害を持った方々にも海を楽しんでもらおうと鎌倉から始まり今では全国各地で開催されている。 西日本で行われているのは、須磨と沖縄。中国地方ががっぽり抜けていた。 僕は広島でもできないかな?と思い、鎌倉の団体にも全面的に協力をしていただき、昨年の10月あたりから取り組みを進めることにしました。 当初、7月21日に開催を予定していたの

スキ
1

「バリアフリービーチ in 三原」僕が中止にした理由と再開催を決意した2つの理由。

こんにちは。 “バリアフリービーチ in 三原” では 一応、代表という立場で活動させてもらっています。 橋本です。 バリアフリービーチ in 三原 は7月21日に行う予定でした。 しかし、悪天候の予報により前日の段階で中止の判断をさせて頂きました。様々な想いの中、決断を下すことになりました。 僕がバリアフリービーチを中止にした理由 中国地方始め、西日本では、梅雨や台風の影響で天候が不安定な毎日となっていました。 これほどまでに、「三原市 天気」という検索ワードでグーグ

スキ
3