ナレーションを極める

ナレーションを極める22 喉が痛い初期症状の対処法

こんにちは。ナレーターの熊崎友香です。テレビ東京WBSなどでナレーションをしながら、2人の子供を育てています。

なんだか少しだけヒリヒリと、喉が痛い!このままではまずいぞ。という時、私が行っている喉のケアを3つご紹介します。極めて一般的かもしれません。。。

1、「マヌカハニーを舐める」

市販の蜂蜜で代用することもありますが、多少値のはるマヌカハニーを購入し、常備しています。私も、子供も、少し

もっとみる
嬉しいです😆感謝
4

4月のワークショップ開催のお知らせ

こんにちは。ナレーターの熊崎友香です。テレ東WBS(月〜木は22時放送になりました)などのナレーションを担当しながら子育てもしています。

おかげさまで、コロナ禍ではじめたオンラインのワークショップ、細々とnoteとTwitterのみの告知で続け、4月末で丸一年となります。参加してくださった皆様に感謝します。

4月も開催いたします。よろしければご参加ください。

個別レッスン

4月1日(木)2

もっとみる
嬉しいです😆感謝
4

3月のワークショップ ボイスサンプルの基本 開催のお知らせ

こんにちは。ナレーターの熊崎友香です。

3月もオンラインでワークショップを開きます。時期的に、個別ワークショップは、ボイスサンプル作成のご相談が多く、内容の選別や、内容は決まっているが、どう読むかなどじっくりと一緒に考える時間となりました。そこで、ボイスサンプルを作るときに自分が気をつけていること、心がけていること、作る手順など、基本的なお話をさせていただく時間を設けることになりました。

5日

もっとみる
嬉しいです😆感謝
3
感謝😊ありがとうございます✨
2

11月&12月オンラインワークショップ開催のお知らせ

こんにちは。ナレーターの熊崎友香です。

おかげさまで前回のワークショップ、盛り上がりまして、深夜1時過ぎまでお話しました。仕事のこと、プライベートのこと、コロナ渦でのこと、、、同じ目標を持っているからでしょうか。環境は違えど、悩みを共有したり、励ましあったり、笑いあったり、とても良い時間となりました。参加してくださった皆様に感謝します。

11月、12月もオンラインワークショップを開催いたします

もっとみる
嬉しいです😆感謝
5

「ダメ元」には価値がない。実力不足を正しく恥じよう。

どうも初めまして、ナレーターの片岡晟です。
 
日本はもちろん世界各国に日本語ナレーションを輸出していまして
「日本語ナレーションで世界を獲る」をテーマにナレーターをやってます。
 
他にもナレーターのコンサルティングやコーチング、
日本中のナレーターのコミュニティ、ナレーターブランディング会議の運営もしております。
 
今日は「『ダメ元』には価値がない。実力不足を正しく恥じよう」
というお話をし

もっとみる

※この記事は、2020年3月27日に僕がナレーターブランディング会議に投稿した内容を
多少編集して声起こししたものです。

皆さんこんにちは。ナレーターの片岡晟です。

日本はもちろん世界各国に日本語ナレーションを輸出していまして
「日本語ナレーションで世界を獲る」をテーマにナレーターをやってます。

他にもナレーターのコンサルティングやコーチング、
日本中のナレーターのコミュニティ、ナレーターブ

もっとみる

皆さんこんにちは。ナレーターの片岡晟です。

日本はもちろん世界各国に日本語ナレーションを輸出しまくっている
世界を股にかけるナレーターをやってます。

他にもナレーターのコンサルティングやコーチング、
日本中のナレーターのコミュニティ、ナレーターブランディング会議の運営もしております。

今回は「報告や発信は自慢じゃない。人に勇気や希望を与えるためのものだ」
というテーマでお話ししようと思います

もっとみる

皆さんこんにちは。ナレーターの片岡晟です。

日本はもちろん世界各国に日本語ナレーションを輸出しまくっている
世界を股にかけるナレーターをやってます。

他にもナレーターのコンサルティングや、
日本中のナレーターのコミュニティ、ナレーターブランディング会議の運営もしております。

今回は「レッドオーシャンの中で勝ち抜く方法」というテーマでお話ししようと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━

もっとみる

ナレーションを極める10 ひと声で場を作る

ナレーターの熊崎友香です。15年以上前のことです。どうしても忘れられない、ナレーション収録に立ち合わせていただいたことがあります。

当時私は、NHKの千葉局で(千葉出身)リポーターとして働いていました。戦時中の女性の日記を集めている方を取材し、その日記の持ち主(またはご家族)を訪ねて歩くという、40分のラジオドキュメンタリー番組を制作していました。(ありがたいことに文化庁芸術祭 応募作品となった

もっとみる
嬉しいです😆感謝
17