見出し画像

ナレーションを極める9 事務所に入った当初のVP(ビデオパッケージ)のこと

ナレーターの熊崎友香です。テレビ東京ワールドビジネスサテライトや、NHK B S1アジアインサイトなどでナレーションを担当しながら、2歳と5歳の子供を育てています。

9年前、「テレビ番組のナレーションがしたい」「テレビ制作が好き」で、俳協という事務所に入りました。しかし、最初にマネージャーさんに言われたのは、こんなこと。「まずは、VPの仕事が来るだろうから、その仕事を一本一本きちんとこなすことだ。そうして、現場の方や、マネージャーさんの信頼を得ていけば、テレビのチャンスもやってくるだろう」と。

「先は長い、、でもやるしかない!」と話を聞きながら思ったものです。

NHKで10年間、キャスター、リポーターをしていた自分にとって、VPは全く未知の世界でした。

いただいたお仕事は、医療系が多く、歯科医師になるために勉強中の皆さんが見る教材、薬剤関係、新しい医療機器の使い方の説明ビデオ、工事現場の説明、会社のコンプライアンス研修ビデオ、観光庁の新しい制度の説明、株主総会のビデオ、、、などなど、難しい専門用語の羅列、テレビとは違う膨大な量のナレーション、原稿の形式もそれぞれ違い、時には、40ページを5本という、いつ終わるだろうか。(数日スタジオにこもりました)という台本と向き合うことも多く、10年間、NHKでやってきたという自信や自負は一体どこへ?というくらい落ち込んだこともありました。

専門用語が羅列し、意味が理解できず、アクセント辞典やネットを見ても、解決しない!こともよくありました。そんな時、事務所の尊敬する先輩が「誰に向けて読むのかが一番大事なの」と教えてくださいました。今もこの言葉はいつも忘れずにいます。感謝です。

自分が気をつけていることをまとめますと

1、誰に向けた動画か確認(専門知識のある人が見るのか、一般の方が見るのか)

2、見る方はどんな状態で動画を見るか確認(モーターショーのようなイベント会場か、施設か、教習所のようにみんなで見るのか、家か、会社かなど)

3、わからない言葉は、全て事前にチェックし、一つにまとめておき、現場で確認

4、その会社、団体などのホームページをチェック 歴史や最近のニュースなど

5、時間があれば、読んで録音したものを、聞いてみる(速度や間などを研究。真剣に聞いてみたり、ながら視聴してみたりする)

6、量が多い時は、あと何ページで終わりか、ラスト1枚、ラスト2枚など、数字を書き入れる。

7、長丁場の時は、元気が出るお菓子を持ち込む。チョコ。ラムネ。など。

8、好きな香りを持っていく。アロマスプレーなど。

あまりに量が多い原稿と向き合う時、大好きな仕事のはずなのに、しんどくなってきて、声が出なくなることもあるんだそうです。自分で気持ちをコントロールする”工夫”も必要です。

このVPの仕事や、放送ではない声の仕事が、最近増えています。ホームページや、家電、音声ガイドなど、技術が進んで、様々な場面で必要とされています。また宅録需要も多いですよね!今や、VPを続けて行ってテレビという時代でもないのかもしれないと感じます。

媒体とわず、自分の声や読みが、人の役に立っていると思うとうれしいもので、もっともっと伝わるようにと、今日より明日、明日より明後日と、技術を磨きたくなります。元来飽きっぽい私が、唯一飽きないのがナレーション。とても魅力的な仕事です。

ナレーションのワークショプでも、V Pについて学びたい。という声をいただきまして、VPのナレーションについて考えてみようと思います。

7月2日(木)21時から23時 若干名 オンライン ZOOMにて

よろしければこちらからどうぞ。

https://lin.ee/wwIPk2z1


この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝😊ありがとうございます✨
12
テレビ東京WBS  俳協 旅と絵本 専松高野球部 2歳と5歳の子育て HP→https://www.kumazakiyuka.com/ ボイスサンプル→低めhttps://youtu.be/Re3NivCK0Hk  明るめhttps://youtu.be/ljXoY8J9Bf8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。