ドラムとクルマの意外な関係

皆さんこんにちは。ご覧いただきありがとうございます!
ドラムテック・自動車ライターの齊藤優太です。

これまでドラムコーティングやドラムの選び方など、ドラムにフォーカスした内容をお届けしてきました。

今回はちょっと志向を変え、ドラムとクルマの意外な関係についてお話ししていきます。

そもそも全く違う世界のように思えるドラムの世界とクルマの世界。
実は以外な関係性があったり、切っても切り離せない関

もっとみる

【Beat】拍についての考察

最近、Twitterではリズムのことやグルーヴのことが盛んに議論されている印象。僕は別にそれぞれの主義主張を傍観しながら適当なことを「うぇーいw」とつぶやいているスタンスですが、レッスンでは割と真面目に語ってます。その際にまず大事にしているのが拍 Beatやで!とお伝えしています。

拍とは

(Wikipediaより)
”音楽にあって、等しい間隔で打たれる基本的なリズムを、拍節(はくせつ)と言い

もっとみる

本番の面白さは
あの空気感で生まれる独特のグルーヴ。

シミュレーションと違う方向に引っ張られていくのは、
明らかにそっちが面白い力が強いからだ。

想定とは違う展開で終わった。
さて次はどうしよう。

古い構成は捨てて、
この力強い新しい流れに乗るのだ。

曖昧な専門用語に共通理解を

専門用語、使えたらカッコいいですよね。でも何となく使ってるけど、どういう意味?と改めて聞かれると答えられない…そんなことありませんか?

音楽では「グルーヴ」←これ本当に厄介です(笑)。
大抵の人は「ノリ」という意味で使っています。グルーヴの語源は、「レコードの溝」という説が有力です。レコード針が溝を進むと、ゴキゲンな音を奏でてくれる。そこから聴いていて気持ちの良い演奏や、リズムパターン自体をグル

もっとみる
ありがとうございます!
3

【動画レッスン】「ジャズとロックの本質的リズムの違い!?」〜重い8ビートとご機嫌なスイングを両立させる方法〜

ロック出身の人がジャズをやると
「スイングしない!」
ジャズ出身の人がロックをやると
「ビートが軽い!」

この両方の問題を
一気に解決する方法について
動画で解説しました。

スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
3

「ウラ」を意識する

先週、今年初のドラムレッスン。
昨年終盤から課題曲にしているマーカスミラーのナンバーを叩きました。

私の場合、ドラミングがやや不安定。
以前書きましたが、ノリとして前とか後とかありますけど、基本はしっかりと安定して叩くことがまず大事です。
そして安定して叩く為には、オモテと同時にウラも意識することが大事と教わりました。

非常に言葉で表現するのが難しいのですが、歩くことで例えると、脚を一歩一歩

もっとみる
ありがとうございます!
6

このGroove感を出すのが目標!

この拍のウラ側を取る感じが欲しい。昨夜のレッスンで先生から教えてもらった練習パターンで、すこしでもこのノリに近づきたい。

ありがとうございます!
3

【日記】12月9日〜12月15日

12月9日
日常に生きる
寒い。合間に待機時間が出来ると身体が芯から冷える。その結果、帰り道に具合が悪くなる。寒さ対策が必要な季節になった。

12月10日
日常に生きる
福袋450個製作。残り1000個。戦いは続く。

12月11日
日常に生きる
先週と同じく福袋用の重たいコートを二階に上げる作業が入る。人数を増やしても枚数も増えたせいで結局再びヘトヘトになる。

夜、The Broken TV

もっとみる

グルーヴのチカラ

ヒット曲を書いて、誰かに曲を提供して、ドラマのタイアップを取って、印税を貰いてえ。コンペで選ばれたい。どうやったら人に聞いてもらえるんだろう?どうやったらyoutubeの再生回数が伸びるんだろう?なんであの人はろくに楽器もできないし理論も学んでいないのにコネで曲を書いてもらって売れ(おっと失礼)そんなことばっかり考えていて 私は音楽の本質をすっかり忘れてしまった。

安定した正社員を捨ててまでフリ

もっとみる

音と時間、リズム、空間、と心や脳みその感覚、grooveのことを書いてみたいと思っています。