力を注ぐ所

おかしいな…(。´・ω・)? 私、殆ど「”ゲリ”しない」と少し前に今までの経験から書いていたのだけども。この間ほど酷くはないけど、軽い腹痛からのゲリ。 昨日は食事をあまり摂っていない(健康体だけど、あまり食べたいと思わなかった)。今朝は軽く、生卵ご飯と大根の漬物、いつものドリップコーヒー…。 なんか、やっぱり出てますね。。。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ んーーと。 『ワン達から解る「氣」』の事に触れていこうと思ったのだけど、先に出す物を書きます。以下

スキ
3

30進数とtenguによる統一理論

「30進数とtenguによる統一理論」  tenguとは認知面である。xとyがあれば基礎面(苔tengu)が構成される。例えばその面に直交するxとz面(朱tengu)があればx²yzとなるため立体が構成される。  つまり認知(xyz)とは、全ての共鳴の1/4となる。そして脳内シナプス基準から30進数で共鳴数値化できる。 統一理論。なんだかものものしいですが、それは現科学が物を視覚👁中心で見るため、マクロな観察で使う単位とミクロな観察で使う単位が、サイズも次元もバラバラだ

⚠️タキオンやグラビトンはここから発生する。⚠️

⚠️タキオンやグラビトンはここから発生する。⚠️ タキオン 重力子(グラビトン) それを上手に共鳴させるのが覚醒。中途段階では癌様化する。 覚醒的な体調変化から、男女共図の箇所に腹水が溜まり易くなる。その部位を☝️入れ、ポリフォニックで揺らす。波長が取れると僅か5分ほどで、水は引いて行く。直腸癌の殆どがコレ。 Twitter20210216

10月(神無月)になりました

武漢コロナウイルスによって、これまでの常態が常態でなくなりましたが、季節は廻り、時間は進んでいきます。 日本中では、神無月ですが、出雲だけは「神有月」になりますね。 あらゆる農作物が実り、収穫の時期を迎え、豊作に対する感謝の祈りを捧げる時空(とき)です。 でも、秋祭りや収穫祭といった「祈りの祭り」が、武漢コロナウイルスの影響で、数多くが中止になっています。 祈りって、とても大事で、「エネルギーの等価交換」になっています。 太陽のエネルギーも、天の恵みも、癒しといったも

スキ
1

命を大切にしよう

私が大好きな女優さんが、亡くなりました。 第一報を見た時、目を疑いました。 「嘘だろ…」 確か、3月にお子さんが生まれていたと思うので、まだ、1歳にもなっていないと思います。 自分も人の子の親ですので、この状況での自死が、どれだけ辛かったのか、想像はできるのですが、分かってあげられるなんて、軽々しく言えない。 当事者、家族でないと分からない事が一杯あるだろうし、外部の人間は、寄り添うくらいしかできない。 でも、今後の活躍を期待していただけに、とても残念だ。 言葉

スキ
1

ニコラ・テスラの理論

カーライルからのインスピレーションで、この記事を書くことにします。 二コラ・テスラは、名前でもいろいろ残っていますし、意図的に使われています。 テスラ・コイル、テスラモーターズ…。 エジソンを超える、科学者にして発明家。 交流発電の発明者。 地震兵器の開発者。 マッド・サイエンティスト。 ネットで調べても、あまり表に情報はないのですが、かなり濃くて深い世界が存在します。 ニコラ・テスラとの出会い私が出会ったのは、映画です。 ディズニー映画の「魔法使いの弟子」です。

スキ
3

「はふりこと」まとめ ─ 2020年8月10日 令和二年・白川学館年祭、直会の結びの言葉

こちらはリアルタイム配信システム「はふりこと」より 令和二年・白川学館年祭、直会の会場での結びの言葉のリアルタイム・ツイートについてまとめた記事となります Paloreにおきましても「はふりこと」と連動し、展開をしてまいります こちらは時系列に過去より並びますので、Twitterとは違った見え方でご覧いただけます 過去・現在・未来を自在に使うということにおいて こちらのまとめ記事をご活用ください ■リアルタイム情報配信システム「はふりこと」へのアクセス 以下より「はふり

スキ
14

人体工学と重力(意識)の関係

未だ描きかけなのですが、この絵↑から人体工学と重力(意識)の関係がわかりましたので発表します。 この絵は単にグレー地に白から黒のグラデーションラインを左右18本づつ描いただけです。 観て解りますが、センターの白が発光しています。 その理由は、脳内のグラデーション認知の階層にあります。 脳内共鳴はさまざまな伝達が起きていますが、視覚の濃淡(二値化)は体液が担当しています。 その伝達は脳内共鳴情報と体細胞、特に筋細胞の三重螺旋細胞に対して働きかけます。 その理由が以下

スキ
3

言霊量子論 その3

執筆:ラボラトリオ研究員 杉山 彰 量子論的「産霊(むすび)」とは?今回の言霊量子論は、「むすび」という霊観についてお話ししてみたいと思います。言うまでもなく神道における「むすび」とは、「霊(ひ)」に結びつく言葉であり、「むすひ」とも呼ばれ、産霊、産巣日、牟須日、牟須霊などの漢字があてられています。宮中八神殿には、産霊五神として古事記に記載されている高牟須霊(たかみむすび)・神牟須霊(かみむすび)の二霊と、記紀には記載されていない生産霊(いくむすび)・足産霊(たるむすび)・

スキ
23

この宇宙はプラズマでできている vol.016

執筆:ラボラトリオ研究員  杉山 彰 3.3.天体に働く力、重力 天体に働く力、重力は、重力子(グラビトン)と呼ばれる素粒子(重力は素粒子模式図には含まれない(※1))を媒質としています。すべての物質に働き、物質と物資を結びつけて天体や銀河をつくる力です。重力は宇宙の果ての無限の彼方まで作用する力です。 ※1. 重力は素粒子模式図には含まれない:重力は粒子の区分としては素粒子に含まれるのですが、素粒子の標準模式には含まれません。理由は、量子力学の領域(ミクロ世界)では、

スキ
28