オプンラボ

zoom、zoomer、zoomestってくらい使いこなせているつもりでした

ウェブのテレビ会議システムを使うと、どんなに使い込んでいるつもりでいても、こんな仕組みだったのか、こういう流れにしておけばよかったと、終了後何かしらの新たな発見や気づきがあります。

1ヶ月くらい前に、オンラインzoom飲み会をしました。インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)というひとり起業家(IC)が集まるNPOのイベントでした。毎月セミナーを開催して顔を合わせていたのですが、4月以

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
2

マンガ怖い

マンガを勧められると困ります。
マンガの一巻目が無料とかも危険です。

面白かったら読んでしまうじゃないですか。
去年であれば『キングダム』
今年は『鬼滅の刃』

年明け、家人(高1)が「鬼滅の刃が面白いと先生に勧められたから、Kindleで買っても良い?」と聞くので軽く「どうぞ」と答えたんです。そしたら18巻入ってるんです。Kindleに全巻(当時)丸ごと。

私は土曜はだいたい、オフィスで経理

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
8

まずは1回撮っておきましょうか、プロフィール写真

自分の写真は好きですか?

プロフィール写真をみると顕著です。あまり写真を撮られたくない、もしくは頓着しない人は自撮りの写真を使っています。

もったいない。

ある小さな会社のトップも
「スマホで自撮りしたのを使ってるんですよ。あ、でも本当に自撮りじゃないですよスタッフに撮ってもらってます」

いやそういう話でなく...

変人コレクターにつなぎたいと、時々Facebook経由で人を紹介されます

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
6

変人のための「小さな広報」はじめました

変人コレクターの小林です。最近、月額10万円以下の「小さな広報」サービスというのをオプンラボでスタートしました。嬉しいことに「近未来ハイスクール」以来のざわつかせ具合なので、作った背景と周りの様子を少しご紹介します。

小さな広報サービスは、変人(個人)もしくは変人のいる中小企業を対象に、プロフィールの更新、ブログや事例の記事づくり、個人塾のようなイベントやコミュニティの立ち上げをサポートします。

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
4

幼児期の遊びが、自分で考え仲間と一緒に未来をつくる力を育てる〜堀内亮輔

近未来ハイスクールの先生インタビュー、第六弾は保育士であり、プレイリーダーでもある堀内亮輔さんです。保育園の現場だけでなく、大学などで教えたり、子ども番組の監修に関わったりと幅広く活躍しています。

堀内さん登壇のイベント詳細はこちらから!(10/13開催)

遊びの消失~遊びを知らない子どもたち

近未来ハイスクール 小林(以下、近未来 小林) 堀内さんがプレイリーダーとして子どもたちと過ごす様

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
9

一生働ける仕事として選んだ、教師の仕事のおもしろさ〜木村裕美

近未来ハイスクールの先生インタビュー。第五弾は都立駒場高校の木村裕美さんです。リーダーシップを授業に活用するという、一見異色な家庭科の授業を展開する木村さんは、凛々しいという表現がぴったりな先生です。

木村さんが登壇するイベントはコチラ!(10/13開催)

絶対にならないと誓っていた職業、それが教師

近未来ハイスクール 小林 高校の先生のおもしろさはどんなところですか。

木村 生徒の成長を

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
7

ゆっくり学んだ高校時代に学びのおもしろさを知る〜森川大地

近未来ハイスクールの先生インタビュー、第四弾は小学校・中学校、定時制高校を経て、現在埼玉県立浦和高校で国語を教える森川大地さんです。

森川さん登壇のイベント詳細はこちらから!(10/13開催)

近未来ハイスクール 小林(以下、近未来 小林) 森川さんにとって、高校の先生という仕事の醍醐味はなんですか。

森川 高校生という年代の、変化を見ることですね。私は小学校、中学校、高校それぞれで教えた経

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
18

教育を通じて誰もが生きやすい社会を目指す〜大野智久

先生インタビューの第三弾は三田国際高校で生物を教える大野智久さんです。大野さんは都立の新宿山吹高校や国立高校などを経て、今年4月に現在の私立三田国際学園中学校・高等学校へ移りました。国立高校在籍時にはアクティブ・ラーニング形式の授業を公開し、全国の教育関係者が見学に訪れました。

大野さん登壇のイベント詳細はこちらから!(10/13開催)

近未来 小林 大野さんは、なぜ高校の先生になったのですか

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
5

“先生”という、人と人が関わる素敵な仕事〜逸見峻介

近未来ハイスクールの先生インタビュー。第一弾の小学校で教える小島大樹さんに続き、第二弾は高校教員の逸見峻介さんです。社会、歴史の先生であり、ワークショップデザイナーというパラレルワーカーでもある逸見さんに、先生という仕事の魅力について伺いました。

逸見さん登壇のイベント詳細はコチラ!(10/13開催)

教員の心構えで、生徒も大きくかわる

近未来 小林  逸見さんは、いつお会いしても本当に楽し

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
9

生徒の成長に関わる先生として、自らも成長を続けたい〜小島大樹

オプンラボが主催する近未来ハイスクールでは、10月13日(日)に先生と語る近未来ハイスクールを開催します。そこで登場する小学校から高校の先生がたにインタビューをしてみました。

普段は、変人と高校生をつなぐキャリアのプログラムとして展開している近未来ハイスクール(ここでいう変人は、出る杭、変わり続ける人、エッジのたったプロフェッショナル)。今回は、先生の変人にお声がけして、イベントを開催しますが、

もっとみる
スキ、ありがとうございます!嬉しいです!!
5